南国🌴の楽園?!

 

ここはフィリピン!!

フィリピンパブ、聞いて多くの方は、

どんな想像をするだろうか?

 

男性なら、

ホステスがフィリピン女性なだけ、

とほとんどの人は理解しているだろう。

 

 

なにか、いかがわしいお店なんじゃないの?!

 

 

女性にはそう思われる人がいるかもしれない…。

中国エステ、タイ式マッサージなどで、

一部の店舗がいかがわしいサービスをしていて摘発された…

 

そんなニュースを聞くことがあるからなのだろうが、

フィリピンパブもいかがわしいお店だろう…

そう勘違いしている人が、時にはいるようである。

 

 

 

しかし、いたって普通の時間制パブです。

 

 

女の子がフィリピン女性である、

 

ただそれだけのことで、

 

お客さんにお酒を作ってあげたり、話しをしたり、一緒にカラオケを歌ったりするのは、

日本人の女の子のお店と同じだ。

 

 

が、雰囲気が全く違う。

 

店内は陽気なフィリピーナたちの若いエネルギーが充満した、独特な雰囲気に満ちている。

 

 

そう、まさしくここは、

異国のフィリピンなのである!

 

ハマってしまったら最後?!

俺は外国人なんか嫌だよ、

1回みんなで行ったけど、フィリピン女性は言葉も片言でつまらなかったよ…

 

こんな話をよく聞く。

 

 

しかし、

こんな人こそ、フィリピンパブにハマってしまう可能性が高い。

 

 

かくいう自分も、

 

最初にフィリピンパブに連れていってもらい、

全く面白くなく、2度と行くものか…

そう思っていたのに、ふとしたことでハマってしまったのだから。

 

 

 

フィリピンパブの女の子は陽気で人懐っこく、

ジョークを言ったりして、お客さんを楽しませようと健気なまでだ。

 

日本人にはないエキゾチックな顔立ち、

そしてスタイルがいい。

 

 

いつしか彼女たちの魅力にハマってしまった…

そんな人が多いのも頷ける。

 

 

ハマり過ぎて全財産を失ってしまった…

 

過去には、そんな話も聞いたことがある。

 

 

彼女たちの魅力にハマるのはいいが、

身を持ち崩しては、何にもならない。

 

 

くれぐれも注意すべきだろう。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ