ある外国人青年から学んだこと

 

コンビニにて…

普段、まとまった食材は車で程近いスーパーマーケットまで買いに出かけるが、

 

小腹がすいた時や、

ちょっとした飲み物とか、日用品とかが必要な時は、

近所にあるコンビニを利用することが多い。

 

 

 

コンビニの店員さんというと、

学生アルバイトのイメージが強い。

 

朝方や日中は、家庭を持つパート女性が働いていることが多く、

夕方以降は若い男性アルバイト、女子学生アルバイトたちがいるのが、大体のパターンだろう。

 

 

 

そんな中、

最近は外国人店員を見かけることが多くなった。

 

中国人などのアジア系の他、

ベトナム、タイなどの東南アジア系の外国人アルバイトなどなど…。

 

 

彼ら彼女らは日本語も上手に話し、器用にレジを操作し、そつなく仕事をこなしているように見える。

 

 

以前は、日本語もままならないような外国人店員を見かけたが、

最近はどのコンビニに行っても、

日本語の上手な外国人アルバイトが多くなっている気がする。

 

2年で流暢な日本語に?!

今日も弁当を買いに、よく利用するコンビニに出かけたのだが、

そこにはパキスタン、インド系と思われる男性アルバイト店員がいる。

 

 

180㎝近い身長、褐色の肌、口髭を生やした20代と思われる、なかなのイケメンだ。

 

「お弁当はアタタメますか?」

「オハシワは何膳お入れしますか?」

 

何とも流暢な日本語でこちらに尋ねてくるではないか!

 

 

外国人の話す日本語というと、変なアクセントが定番なのが多いが、

彼の日本語は本当に綺麗!

 

 

 

普段、コンビニの店員に話しかけることは滅多にないのだが、

あまりに日本語が綺麗なので、

 

「日本語、上手ですね!もう日本は長いのですか?」

と話しかけずにはいられなかった…。

 

 

 

すると、

「日本に来て2年デス」

という答え。

 

来日した当初は、殆ど日本語を話せなかったらしい。

 

 

 

それが、

わずか2年で、日本人と同じような流暢で綺麗な日本語を話す!

 

 

 

彼の努力もあるだろうが、感心するやら驚くやらで、

 

凄いですね…

 

としか、答えの言葉が見つからなかった。

 

 

 

 

そんな彼と話していたら、

 

”自分も本気で頑張れば、

英語をネイティブスピーカーみたいに話せるようになれるかもしれない!”

 

 

と、勇気を貰えた気がする…。

 

一目惚れではなかった…

 

 

カワイイけど…

いつからか、アサワコ~アサワコ~!と呼ばれるようになり、

それが当たり前にさえ思えるようになり、

彼女のことが気になりだしていた…。

 

 

彼女の源氏名は『ミキ』

 

(自分の名前もミキオなので、今思えば何かの巡り合わせだったのかもしれないが)

 

背が高く(165㎝くらい)、髪は肩よりも長く伸ばし、目が大きくクリクリしていて

愛らしい女の子だ。

 

 

が…

 

 

 

とにかくスレンダー。

 

体重は48㎏くらいしかない。

 

 

自分はどちらかと言えば、ふっくらした女性に魅力を感じていたので、

「細い女の子だなぁ…」

という印象しかなかった…。

 

 

だから、恋愛対象外。

 

ミキは当初は姉妹店の別のお店にいた為、

彼女のことはよくわからなかった、というのもあるが…。

 

 

そんなミキからの、

真意不明ながら毎日のアサワココール…

 

当時まだ22~23歳の、愛らしいフィリピーナの彼女にそう呼ばれ、

悪い気はしない。

 

 

自分もまだ20代後半だったこともあり、

だんだんとその気になってしまった…というのが正直なところだった。

 

好きになってしまった!

当時、

タレントの女の子たちはお店の近くの、

会社が借り上げていたアパートで共同生活をしていた。

 

 

そして自分たちスタッフは、

お店の営業時間が終わった後、朝6時くらいに彼女たちのアパートチェックをする日課になっていたのだが…。

 

 

 

フィリピンパブで仕事をするくらいの男達である。

 

程度の差はあっても、

みなフィリピーナが大好きな”ピン中”に変わりはない。

 

 

スタッフの男達が、

多い時は4~5人でタレントの女の子のところに

「アパートチェック」と称して、毎日なだれ込むのである…。

 

 

 

朝4時まで仕事をしていたフィリピーナ達は、食事をしていたり、

シャワーを浴びていたりと、

束の間の自由なひと時を思い思いに過ごしている。

 

 

そんなところへ我々スタッフが顔を出しても、

彼女たちは笑顔で

 

「Kuya~♡」

 

とか言いながら、嫌な顔一つしないで迎えてくれた。

こういう点は、フィリピーナは凄いなと思う。

 

 

 

一応、タレントの女の子全員の所在を確認した後は、

それぞれがお気に入りの女の子のいる部屋に、長居を決め込むのだった。

 

 

 

自分は、もちろんミキが他の女の子と共同生活する部屋へ…。

 

 

もう立派なピン中?!

スタッフになった当初は、

このアパートチェックが嫌で嫌で仕方なかった。

 

 

が、それも最初だけ。

 

毎日フィリピーナたちと接しているうちに、

彼女たちから話しかけられることも多くなった。

 

自分からも簡単なタガログ語で話しかけたり、冗談を言ったりして

彼女たちとの距離が近くなっていった…。

 

 

 

そうなると、アパートチェックはちょっとしたフィリピンパブ状態。

 

 

お客さんはお金を払ってフィリピーナの彼女たちに会いに来るが、

自分たちスタッフは(仕事の一環としてだが)、

言葉は悪いが、お金を貰って好きなフィリピーナたちと戯れるのである。

 

 

フィリピーナ好きには、何とも言えない至福の時間だろう…。

 

 

 

 

仕事の拘束時間も長く、休日も月2日しかなかったが、

アパートチェックでフィリピーナの彼女たちに癒されていたのかな…

 

と、今は思う。

 

 

 

納豆だってダイジョーブ?!

 

 

絶対、無理?

日本人でさえも、好き嫌いがハッキリ分かれる食べ物が色々ある。

 

ニンジン、トマト、セロリとかの野菜類、

キウイ、はっさくとかのフルーツ類、

キムチ、にんにく料理などの、

刺激臭の強いもの…

 

 

それらの中でも、納豆は一、二を争うほど好みが分かれる代表格。

 

 

あのニオイと、糸を引くネバネバした粘り気…

 

納豆が嫌いな人には、見るのも嫌だろう。

 

 

 

自分は、納豆が大好きである。

 

ネギを刻んで納豆に混ぜ、醤油を入れてかき混ぜたのだけで、御飯を茶碗2杯はいける。

 

卵かけ御飯なら、なおさら美味しい!

 

 

自分にとっては、こんなに大好きなおいしい納豆だが、関西地方は確か納豆を食べないとか…。

 

味噌汁の濃い味、アッサリ味のように、

各地域で食べ物の好みが分かれるのは、

狭いと言われる日本でも、面白い。

 

 

 

フィリピーナと納豆

さて、日本人でも嫌いな人が多い納豆…

 

 

 

結婚当初、

フィリピーナである妻は、

もちろん納豆など食べられない。

 

大豆を発酵させた、あの独特のニオイだけで、もうダメ。

 

 

夫である自分が、

彼女からすれば正体不明な、臭いネバネバした豆を食べるのを

 

″信じられない!″

 

といった顔で見ていた…。

 

 

 

確かに、

フィリピン人には納豆は無理だろう。

 

日本人にいきなり、

バロットを食べろと言うのと同じかもしれない。

 

(自分はバロット大好きだ!)

 

 

妻にとっては、

それほどに毛嫌いしていた納豆だったが…。

 

 

ワタシ、ダイジョーブ!

結婚して2~3年目くらいのある日、

 

一緒に食事をしていた義理のお母さん(私の母親)が、

あまりにも美味しそうに納豆を食べているのを見ているうちに、どんな味なのか、彼女はたまらなく興味が湧いてきた…。

 

「お母さん、ナットウ、オイシイ?」

 

「うん、美味しいよ! 食べてみる?」

 

 

 

そんなやり取りのあと、

恐る恐る納豆を食べてみたら…

 

 

!!!

 

オイシイ!

 

 

彼女の予想に反し、意外にも美味しかったらしい。

 

それからは、平気で納豆を食べられるようになったが、

こうしてフィリピーナ妻は、日本に馴染んでいくんだな…と感心してしまった。

 

 

 

 

それでも、最近は自分の前ではあまり納豆を食べない妻…。

 

 

もしかして嫌いになったか?!

 

 

食事の時、

「納豆、俺の目の前で食べてみて?」

と言っても、

 

 

いいえ、結構デス…

 

と断る妻。

 

 

 

本当に、

いつでも退屈させないフィリピーナ妻である。

 

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ