ケンカを止めて…二人を止めて…

怒ると怖い妻…

フィリピンでの結婚手続きから7ヶ月余り。

晴れて日本人の配偶者ビザで彼女の在留資格が認められ、

喜んでフィリピンに彼女を迎えに行ったのは以前にも話した。

http://kawaiitsuma.com/tsumahakonnajosei/tsumahakonnajosei-2.html

 

 

両親やお兄さん、お姉さんとの別れに涙する彼女を見て、

 

『この子を、一生大事にしていく!!』

 

そう心に固く誓った…。

 

一緒に住み始めて2~3ヶ月のうちは、”お試し期間”ではないが、

まだどことなくギコチない感じだ。

お互いのリズムを、まだ掴み切れていない状態だと言える。

 

 

しかし、4ヶ月も過ぎた頃だったろうか…

 

夫としての信頼を失いかけてしまいかねない、ある事件を起こしてしまった!

まさか自分が…

 

この一件を境に、

普段は隠れている妻の性格の一端が、徐々に露わになってきたのであった。

 

 

彼女は7人兄弟姉妹の末っ子ということもあり、

甘えん坊でワガママなところがある。

 

そして、変なところで気が強い。

 

 

結婚手続きでフィリピンに行った時にも、それは薄々感じてはいたのだが…

 

Putang ina mo!

そんなある日、

あまりにもワガママ過ぎるので、我慢がならず、つい、

 

「いい加減にしろ!」

と彼女に言ってしまい…。

 

 

 

あ、言わなければよかった…

 

と思ったが、後の祭り。

 

 

『Putang ina mo!』(プッタイナモ⇒馬鹿野郎!)

と怒った口調で、彼女から言葉が返ってきてしまった!!

 

 

フィリピンパブのスタッフをしていたから、それがどんな意味なのか、

自分にはわかる。

 

 

売り言葉に買い言葉、ではないが、

自分もまだ若かったから、イライラした感情を彼女にぶつけてしまった…。

 

 

 

彼女もストレスからか、タガが外れたように、

『Mamatay ka na』死ね

『Sira ulo』馬鹿

『Bobo』アホ

『Papatayin kita』殺すぞ

 

 

 

もう、言ってはいけない危険な言葉が次々に出てくる。

 

 

今なら、

彼女も義理の母との同居生活で、かなりストレスを溜め込んでいて、

そのはけ口を夫である自分に向けていたのだろう…

と理解も出来る。

 

 

しかし、当時はそんなことはわからず、

売られたケンカは買ってやる、とばかりに彼女に応戦している自分がいた。

 

 

かくして、3年目を迎えた頃には

『彼女を一生大事にしていく…』という誓いなど、すっかり忘れてしまったのだった。

忘れられない光景

 

スモーキーマウンテン

自分がまだ学生だった頃、

フィリピンは他の東南アジア諸国と同じく、発展途上国と言われていた。

 

 

マニラ近郊には、かつて、

 

『スモーキーマウンテン』

 

と呼ばれるゴミ山があり、その日その日をやっと暮らしてる貧困層の人達が、

そこに住みつき、金目の物を探している姿が有名だった…。

 

 

マニラ首都圏やその周辺からゴミが集められ、山のようになっていたのでその名がついた。

ゴミ捨て場だから、もちろん悪臭がする。

 

 

ニュースやドキュメンタリー番組で見たことがあるが、

大人に混じり、まだ幼い子供達までがゴミ山を漁っている。

しかも、靴もサンダルも履かず、裸足でだ!

 

生ゴミが発酵してあちこちから煙が立ち上る中、

金目の物を探しあて、それらを売っても1日に200ペソ(1ペソは約2.5円)くらいにしかならない。

 

 

1980年代から、フィリピンの負の象徴とも言えたが、

イメージダウンを理由に、1994年にゴミ捨て場の利用が停止。

1995年に、スモーキーマウンテンに住み着いていた住民は別の場所に住宅をあてがわれ、

強制退去となった。

 

 

悪臭を放つ川…そしてスラム街

結婚するためにフィリピンを訪問した時、既にスモーキーマウンテンは閉鎖されていたが、

マニラの日本大使館へ結婚手続きに行った際、

近くを通った時の鼻をつく、物凄い悪臭は今も忘れられない…。

 

 

かつてのスモーキーマウンテン住民にあてがわれたとおぼしき、

コンクリート造りの3、4階建ての複数の建物には、

住民がまるで這いつくばるようにして生活をしている様子が見られた。

 

 

 

いわゆるスラム街である。

 

近くを流れる川には、プラスチック容器をはじめ、様々な生活ゴミが浮かんでいて、悪臭を放っていた。

生活排水、下水も流されているのだろう。

 

 

フィリピン人は陽気な性格な為、

そんな環境でも、住民の人達はあまり悲惨さを感じさせないようにも見えた。

 

 

だが、実際は過酷で泣きたいに違いない…。

 

 

自分は5万円ほどで飛行機の往復チケットを買って、

その他に20万円近い滞在費を用意して、こうしてフィリピンに自由に来られる。

 

 

しかし、目の前にあるスラム街の人達は、一生海外に行くことはないのだろう…

 

 

好きになったフィリピン人女性と結婚するためとはいえ、

日本から約3000㎞も離れた南国のフィリピンに来ることが出来るのは、何と幸せなことか!

 

生まれた国が違うだけで、

好む好まないにかかわらず、生活レベルさえ決まってしまう。

 

 

結婚の嬉しさと同時に、目の前にある貧困の現実に、複雑な心境を覚えた日だった…。

知り合った経緯書

 

外務省に問い合わせたら…

彼女と結婚の約束を取りつけ、まずは一安心。

 

しかし、

国際結婚って一体どうすればいいのか?

 

書類は何が必要なのか、

 

どんな手順で結婚すればいいのか?

 

全くわからないことだらけじゃないか!!

 

 

 

外国人と結婚するのだから、

とりあえず外務省かな?

 

と思いつき、番号を調べて電話をしてみた…

 

 

市役所とかに電話したことはあっても、

外務省に問い合わせとかしたことはない。

 

 

『すみませんが、フィリピン人女性と結婚するのですが、必要書類や手続きの仕方を教えて頂けますか?』

 

 

そう伝えると、

担当する部署に繋いでくれ、

担当者から簡単な説明を受けた。

そして、

手続きや必要書類を記載した案内書を郵送するとの事。

 

後日、無事に外務省からの手紙が届いたのだが…。

 

知り合った経緯書って何?!

戸籍謄本、住民票は予想できたが、

勤務先からの在職証明書、

給与明細、源泉徴収なども必要との事。

そして、

フィリピン現地での結婚手続きの方法などが記載されていた。

 

 

その中で、んっ?と思うものが…。

 

 

 

二人が知り合った経緯書?

 

 

日本人同士が結婚する場合、

もちろんそんな書類は必要ない。

 

一体、

何の為にこういう書類が必要なのか…

 

 

これは、偽装結婚かどうかを調べる為に、

二人が知り合った経緯が必要なのでは…

 

と思っている。

 

 

日本で仕事がしたいフィリピン人女性に、

手っ取り早く日本に入国させる方法として、

「日本人の配偶者」

のビザを取得させるため、

全く会ったことがない日本人男性に、報酬を払い、偽装結婚させる。

そしてフィリピン人女性を日本に入国させる…

 

そんなプロモーターがいると聞いたことがあるが、おそらくそういったことの防止策ではないだろうか…。

 

ホステスではなく、ダンサー

それはともかくとして、

知り合った経緯書は、特に書式はなく、

手書きでよいというアバウトさだ…。

 

こんなところに、

思わずフィリピンらしさを感じてしまう。

 

 

ただ、

〈フィリピンパブのホステスをしていた彼女に出会って~〉

 

と、いうのは良くない…

と以前読んだ本に書いてあったので、

 

 

〈ダンサーとして興行来日していた彼女に、○年○月に○○というお店で出会い~〉

といった感じで、経緯書には書いた。

 

 

 

フィリピンパブでホステスの仕事とはいえ、

彼女らフィリピーナはそれぞれがシンガー、ダンサーという資格で興行ピザを取り、

来日しているのだから、ホステスをしていた…ではマズいだろう。

 

そう思ったからなのだが…。

 

 

 

 

また、書類のほかに、

二人で一緒に写っている写真が1枚必要なのだが、これも偽装結婚によるビザ取得の防止策では…と思われる。

 

全く会ったことがない外国人と結婚するのはおかしいし、

付き合っていたなら、二人で一緒に写真くらい撮ってあるだろう…

という事らしい。

 

 

 

結婚という初めての体験、

しかも国際結婚…。

バラ色の未来を夢見ている、わくわくした心境で準備は進んでいった。

 

 

 

 

 

 

 

 

好きになるのに理由などない!?

 

日本の女の子は、カワイイ!が…

なぜ、自分はフィリピンの女の子を好きになり、結婚までしたのだろう?!

 

 

時々、そう考えることがある。

 

日本人に生まれ、学生時代は日本人の女の子に恋をした。

それは社会人になり、働くようになってからも同じだった。好きな女の子もいた。

 

付き合ったり、結婚を意識したこともあった。

 

 

外国人女性と比べると、

日本の女の子は幼く見えるためか、カワイイ。そして、日本語で意思疏通できる(当たり前の事だが)。

当時は、

日本人同士で恋愛し、

結婚するのが当然だと思ってたからに他ならない。

 

 

職場の先輩に連れられて、

初めてフィリピンパブに行った時でさえ、

 

『フィリピンの女の子は、やっぱり好きになれない!』

そう思った。

http://kawaiitsuma.com/philippina/philippina32.html

 

 

 

しかし、約10年後…

 

フィリピーナの魅力にハマり、まさか結婚にまで突き進むことになるとは。

 

20歳そこそこだった当時は、

そんな事は想像すら出来なかった。

 

 

南国気質?!

全体的にフィリピンの女の子は、

 

  1. 家族を大寺にする
  2. 愛情表現が豊か
  3. 陽気でジョークが好き

 

というのが当てはまる。

 

確かにフィリピーナは、

日本の女の子に比べると陽気でジョークが好きだ。

これは、南国特有の気質なのだろう。

 

『暑い国だから、ジョークでも言わないとやってられない…』

 

そんな事を聞いたことがあるが、

あながち嘘に聞こえない。

 

 

家族を大切にするのは、フィリピン人として当たり前の事。

日本人も家族を大切にするが、フィリピン人の家族愛には、かなわない。

 

家族の生活のために、

日本に出稼ぎに来る程なのだから、家族愛の深さがわかろうというもの。

 

もっとも、フィリピンは出稼ぎによる外貨獲得で成り立っている面もある。

 

 

好きだから好き!

そして、フィリピン人は男女問わず、

日本人よりも愛情表現が豊か、そして上手。

 

 

異性に対するツボを心得ている…

としか思えないくらいに、心憎いばかりだ。

 

日本人の男は、女性に対する愛情、優しさでは

フィリピン人男性(フィリピーノ)には到底かなわない。

 

 

そして、フィリピーナの愛情表現。

眩しい笑顔、優しさ、場を和ますジョークなどの心配り…堂々、

日本の男を手のひらの上で遊ばせるかのように、簡単に操ってしまう。

 

 

 

周囲から、

フィリピーナに騙されてバカな奴だ…

 

と言われながらも、

初めはそんな声に反発もするが、そのうちに気にならなくなり、我が道を行くかの如く、ピン中の道を突き進むことが快感にすら思えてしまう…。

 

これが、フィリピーナの魅力と魔力にハマった者の宿命か?

 

 

 

以上、簡単な言葉では言えないが、

フィリピンの女の子を好きになったことを後悔していない事だけは、確かだ!

 

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ