俺が社長だ!!

パラダイス?!

20歳の時に、

先輩に連れていってもらった、

フィリピンパブ。

 

 

しかし、

当時の自分の肌には合わず、

 

嫌な思い出だけが残り、

さらにフィリピーナが嫌いになった。

 

 

 

それから約6年後…

 

既に、

水商売の世界に足を踏み入れていたが、

 

そこで出会った、

二人のフィリピーナのお陰で、

 

自分勝手な

「フィリピーナに対する偏見」

が消えていった。

 

 

 

 

いや、

それだけに収まらず、

 

「もっとフィリピーナと仲良くなりたい!」

 

そんな想いから、

 

 

市内でも、

『トップクラス』の人気店でもあり、

 

また、

スタッフには厳しい…

 

 

と評判だったお店に、

決意を固め、移ったのである。

 

 

 

 

当時はまだ、

 

調理師として活躍したい!

 

 

という強い想いから、

調理師学校の夜間部に通っていた。

 

 

 

その為、

正社員ではなく、

 

 

夜10時過ぎから、

朝4時の閉店までの、

 

アルバイトとして働き始めた。

 

誰だ、誰だ、誰だ?!

 

働き始めてしばらくした、

ある日のこと─

 

 

 

閉店時間も近づいてきた、

午前3時ころ、

 

 

お店の入り口の横のカウンターで、

店長と時々笑いながら話している、

男性の姿が目に入った…。

 

 

 

「ワッハハハ…」

豪快な大きい笑い声は、

 

存在感が際立っていた。

 

 

 

また、あの人だ…

 

店長と笑いながら話している様子から、

かなり親しい間柄なのだろう。

 

 

 

しかし、

どうもお客さんではない。

 

 

 

毎日のように見かけるけど、

一体誰なんだ?!

 

 

 

背丈は自分と大して変わらない。

 

しかし、

がっしりとした体格、

緩めのパーマをかけたヘアスタイル、

 

 

 

顔つきは、

 

眉毛が太く、

髭も剃り跡が濃い…

 

 

 

そう、

まるで…

 

 

 

何かのTV番組で見たことがある、

 

長嶋茂雄の選手時代にソックリ!!

 

の顔つきだ。

 

 

 

しかも、

 

物腰や、

醸し出す雰囲気から、

 

 

 

 

ただ者ではないな…

 

 

 

それだけは、

はっきり伝わってきた。

 

 

 

と、その時─

 

「松田~、コッチに来てくれ!」

と、店長から呼ばれた。

 

 

 

一体、何だ?!

 

そう思いながら、

 

 

店長と、

 

『独特の雰囲気』を漂わせている、

その男性の立っているところへ、

 

 

少し緊張しなから、

足早に向かう─

 

南国🌴の楽園?!

 

ここはフィリピン!!

フィリピンパブ、聞いて多くの方は、

どんな想像をするだろうか?

 

男性なら、

ホステスがフィリピン女性なだけ、

とほとんどの人は理解しているだろう。

 

 

なにか、いかがわしいお店なんじゃないの?!

 

 

女性にはそう思われる人がいるかもしれない…。

中国エステ、タイ式マッサージなどで、

一部の店舗がいかがわしいサービスをしていて摘発された…

 

そんなニュースを聞くことがあるからなのだろうが、

フィリピンパブもいかがわしいお店だろう…

そう勘違いしている人が、時にはいるようである。

 

 

 

しかし、いたって普通の時間制パブです。

 

 

女の子がフィリピン女性である、

 

ただそれだけのことで、

 

お客さんにお酒を作ってあげたり、話しをしたり、一緒にカラオケを歌ったりするのは、

日本人の女の子のお店と同じだ。

 

 

が、雰囲気が全く違う。

 

店内は陽気なフィリピーナたちの若いエネルギーが充満した、独特な雰囲気に満ちている。

 

 

そう、まさしくここは、

異国のフィリピンなのである!

 

ハマってしまったら最後?!

俺は外国人なんか嫌だよ、

1回みんなで行ったけど、フィリピン女性は言葉も片言でつまらなかったよ…

 

こんな話をよく聞く。

 

 

しかし、

こんな人こそ、フィリピンパブにハマってしまう可能性が高い。

 

 

かくいう自分も、

 

最初にフィリピンパブに連れていってもらい、

全く面白くなく、2度と行くものか…

そう思っていたのに、ふとしたことでハマってしまったのだから。

 

 

 

フィリピンパブの女の子は陽気で人懐っこく、

ジョークを言ったりして、お客さんを楽しませようと健気なまでだ。

 

日本人にはないエキゾチックな顔立ち、

そしてスタイルがいい。

 

 

いつしか彼女たちの魅力にハマってしまった…

そんな人が多いのも頷ける。

 

 

ハマり過ぎて全財産を失ってしまった…

 

過去には、そんな話も聞いたことがある。

 

 

彼女たちの魅力にハマるのはいいが、

身を持ち崩しては、何にもならない。

 

 

くれぐれも注意すべきだろう。

 

 

 

導かれるように…

フィリピンが好きだから…

フィリピンパブで仕事を始めるようになると、

いつも笑顔の絶えないフィリピーナ達に囲まれ、その魅力にハマっていった…。

 

 

普段は、

 

夕方4時に出勤すると、お店の掃除などの開店準備に始まり、

ミーティング、系列店の日本人の女の子の送迎などに従事。

 

お店の営業時間は夜7時~翌日の午前4時まで。

その間は厨房兼ホール係(ウェイター)として忙しい業務をこなす。

 

 

営業終了後は社長から全スタッフ、女の子全員へのその日の営業に関する一言がある。

売り上げが悪い日は、1時間近くも社長からの喝入れ。

 

そんな日は営業終了後、スタッフもフィリピーナの女の子達も、これから始まるミーティングに皆一同に沈んだ暗い顔で、社長に戦々恐々としたものだった…。

 

 

ちなみに、社長は普段は笑いが絶えない豪快な印象。

 

仕事には厳しいが、それだけに筋が入っている人で、

接客に対しても理論立ててフィリピーナの女の子にもキチンと指導し、

その通りにするとリクエストも確実に増えるので、

女の子からの信頼は抜群だった。

 

 

 

ミーティング終了後は再び女の子の送迎、お店の清掃などがあり、午前6時位に退勤…。

 

基本的にはそんな毎日を送っていた。

 

 

 

1日12時間以上も拘束され、休日は月に2日。

 

まだ20代だったから身体も何とかなったが、

フィリピン、フィリピーナの女の子が好きでなかったら、

とても耐えられない激務なのは確かだ…。

 

愛を贈りたいから…

そんな激務の毎日だが、

フィリピーナの女の子の魅力にハマっていた自分からすれば、

給料を貰いながらフィリピンパブを楽しんでいるような感覚だった。

 

 

覚えたてのタガログ語で女の子と話をしたり、

お客さんの歌うタガログソングに興味を持ったり。

 

時々、スタッフなのかお客さんなのか、

自分でもわからなくなるくらいに感じたのを覚えている…。

 

 

 

 

そんなフィリピンパブで、お客さんがよく歌っていたのが、

山根康広のこの歌だった…。

 

 

まるで、タレントのフィリピーナの女の子とお客さんの恋を歌っているようでもある。

日本中のフィリピンパブで、どれだけ歌われたのだろう…。

 

 

当時はそれ程歌詞が心に刺さらなかったが、

フィリピーナの女の子と結婚した現在は、痛いほどに歌詞が理解できる。

 

イントロのメロディーだけで涙が浮かんできてしまうくらいになってしまった。

 

 

フィリピンパブ時代の心に残る名曲である…。

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ