結婚は一生に一度だけ

 

結婚して目が覚める?

恋は盲目とも言われるが、

恋人同士の頃は、

まるで世界は二人だけのためにある…

 

そう思ってしまうほど、周囲が見えず、視野が狭くなってしまう。

 

 

二人だけの甘いささやき、

 

そして幸せな気分に心は高揚し、

このまま一生、二人で幸せに暮らしていけるのではないか…

 

そう確信し、お互い結婚に踏み切るのである。

 

 

だが、それは時には錯覚でもあり、

二人は現実の厳しさに目を覚ますことになる…。

 

 

毎日顔を合わせていれば、

恋人時代には目につかなかった、

相手の嫌な一面とも付き合わねばならない。

 

「この人、こんな隠れた顔を持っていたのか!」

 

ここでお互いが歩みより、相手を尊重しあっていければいいのだが、

 

「ここだけは許せない!」

となると、そのうち相手の全てが目につくようになってしまう。

箸の上げ下げ、食べ方までがイヤになってしまったら、黄信号から赤信号だ。

 

もう、そうなると仮面夫婦であり、

いつ離婚しても不思議でない状態である。

 

 

 

そして、

離婚届けを出せば、二人は自由の身となる。

 

日本では、簡単に離婚が成立してしまうが、果たして良いのか悪いのか…。

 

 

えっ、離婚できない?!

日本人同士のカップルなら、

離婚届けという、紙切れ一枚を市役所に提出してしまえば離婚成立だ。

 

フィリピーナとの離婚も同様なのか?

 

 

 

日本国内でなら、離婚は認められる。

離婚届けを出すだけだから。

 

 

ところが、フィリピン国内では離婚が認められていない!

 

つまり、一度結婚してしまうと、

 

例え仲が悪くなって別居し、

他の彼氏彼女と結婚したいので別れたい…

 

ということが出来ないのである。

 

 

日本国内では、離婚は出来る。

しかし、フィリピンには籍が残ったままになってしまう。

 

これは、たぶんキリスト教が関係していると思われる。

それが、あの結婚の誓い、

 

「汝は、富めるときも病めるときも…」にも表れている気がする。

 

 

それから、フィリピンでも日本と同じく、重婚は禁止である。

 

 

どうしても離婚を成立させたい!

となると、裁判所の承認が必要になる。

アナルメントと言われるものだが…。

 

これには時間とお金が必要になり、

日本人がするとなると、

費用を上乗せされて、そのくせ時間がかかる…らしい。

 

認められれば、

結婚は初めから無かったことになり、無効が証明される。

 

だが、こういったことは、

数は少ないようである。

 

 

勢いに任せただけのフィリピーナとの結婚は、

後々を考えると止めるべきだろう…。

 

 

結婚は人生を左右する一大事だから、

よく考えねばならない。

現地での結婚手続きは大変だ!

日本で婚姻届を出すだけでいいのか?

日本人同士が結婚する場合、

極端な話、婚姻届を市役所等に提出するだけでもいい。

 

婚姻は、両性の合意によって成立する…

 

 

例えば、

日本にいるフィリピン人女性と結婚するなら、

女性側の出生証明書があれば、申請はできるかもしれない。

(詳しくはわからないが)

 

 

しかし、ビザや在留資格のことを考えれば、

フィリピンで結婚してから、日本の役所に婚姻届を出すのが一般的だし、

後々のことを考えれば間違いない…。

 

 

フィリピン人女性がオーバーステイ状態で結婚生活(正式な結婚とは言えないから、同棲、事実婚のようなもの)

を続けてもメリットは何もないからだ。

 

 

 

自分の場合は、

彼女はフィリピンにいるし、結婚前にご両親に挨拶するのは当たり前だ、

と思っていたので、

 

フィリピンへ行き、現地で結婚してから日本の役所に婚姻届を出す…

 

という道順を踏んだ。

 

 

 

国際結婚はなんて面倒なんだ!

日本人同士なら、婚姻届という紙切れ一枚でも結婚は成立するのに…

 

 

そう考えてしまいそうな状況だが、

 

好きな彼女と、いよいよ結婚できる!

そんな嬉しさのほうが大きくて、

各種の書類を集めるのも、不思議とあまり面倒には感じなかった。

 

 

フィリピンで結婚

現地での手順は次の通り。

 

①在マニラ日本大使館で『婚姻要件具備証明書』を夫となる日本人が申請

 

以下、それぞれの必要書類

 

日本人

  1. 戸籍謄本(3ヶ月以内のもの)
  2. パスポート
  3. 婚姻同意書

フィリピン人

  1. 出生証明書謄本

(ない場合は、出生記録不在証明書と洗礼証明書)

 

 

②婚姻要件具備証明書が、申請日の翌日午後に交付される

(後にコピーが必要になるので、3通以上作成しておく)

 

 

③3ヶ月以内に、

フィリピン人婚約者が『6ヶ月以上継続して居住している住所地の市町村役場』に2人で出頭し、

婚姻許可書の申請をする

 

 

④『申請日から10日後』に婚姻許可書が発行されるので、

120日以内に判事/牧師の下で結婚式を挙げ、結婚契約書に2人が署名

 

 

⑤婚姻契約書をフィリピン側市町村役所に登録、

その謄本を日本での婚姻届の際に提出(結婚から3ヶ月以内)

 

 

おおまかに記しても、

やはり手間がかかるし、実際に現地での行動は大変だ。

 

 

 

 

しかし、大変な思いをした分、

無事に結婚でき2人で暮らし始めた時の喜びは、例えようがないほどの嬉しさだが、

それはもう少し先のこととなる…。

知り合った経緯書

 

外務省に問い合わせたら…

彼女と結婚の約束を取りつけ、まずは一安心。

 

しかし、

国際結婚って一体どうすればいいのか?

 

書類は何が必要なのか、

 

どんな手順で結婚すればいいのか?

 

全くわからないことだらけじゃないか!!

 

 

 

外国人と結婚するのだから、

とりあえず外務省かな?

 

と思いつき、番号を調べて電話をしてみた…

 

 

市役所とかに電話したことはあっても、

外務省に問い合わせとかしたことはない。

 

 

『すみませんが、フィリピン人女性と結婚するのですが、必要書類や手続きの仕方を教えて頂けますか?』

 

 

そう伝えると、

担当する部署に繋いでくれ、

担当者から簡単な説明を受けた。

そして、

手続きや必要書類を記載した案内書を郵送するとの事。

 

後日、無事に外務省からの手紙が届いたのだが…。

 

知り合った経緯書って何?!

戸籍謄本、住民票は予想できたが、

勤務先からの在職証明書、

給与明細、源泉徴収なども必要との事。

そして、

フィリピン現地での結婚手続きの方法などが記載されていた。

 

 

その中で、んっ?と思うものが…。

 

 

 

二人が知り合った経緯書?

 

 

日本人同士が結婚する場合、

もちろんそんな書類は必要ない。

 

一体、

何の為にこういう書類が必要なのか…

 

 

これは、偽装結婚かどうかを調べる為に、

二人が知り合った経緯が必要なのでは…

 

と思っている。

 

 

日本で仕事がしたいフィリピン人女性に、

手っ取り早く日本に入国させる方法として、

「日本人の配偶者」

のビザを取得させるため、

全く会ったことがない日本人男性に、報酬を払い、偽装結婚させる。

そしてフィリピン人女性を日本に入国させる…

 

そんなプロモーターがいると聞いたことがあるが、おそらくそういったことの防止策ではないだろうか…。

 

ホステスではなく、ダンサー

それはともかくとして、

知り合った経緯書は、特に書式はなく、

手書きでよいというアバウトさだ…。

 

こんなところに、

思わずフィリピンらしさを感じてしまう。

 

 

ただ、

〈フィリピンパブのホステスをしていた彼女に出会って~〉

 

と、いうのは良くない…

と以前読んだ本に書いてあったので、

 

 

〈ダンサーとして興行来日していた彼女に、○年○月に○○というお店で出会い~〉

といった感じで、経緯書には書いた。

 

 

 

フィリピンパブでホステスの仕事とはいえ、

彼女らフィリピーナはそれぞれがシンガー、ダンサーという資格で興行ピザを取り、

来日しているのだから、ホステスをしていた…ではマズいだろう。

 

そう思ったからなのだが…。

 

 

 

 

また、書類のほかに、

二人で一緒に写っている写真が1枚必要なのだが、これも偽装結婚によるビザ取得の防止策では…と思われる。

 

全く会ったことがない外国人と結婚するのはおかしいし、

付き合っていたなら、二人で一緒に写真くらい撮ってあるだろう…

という事らしい。

 

 

 

結婚という初めての体験、

しかも国際結婚…。

バラ色の未来を夢見ている、わくわくした心境で準備は進んでいった。

 

 

 

 

 

 

 

 

国際結婚して、やっぱり良かった?!

食わず嫌いだった…

自分が二十歳の時、職場の先輩に連れられ、初めてフィリピンパブに足を踏み入れた。

 

当時は日本人の女の子のお店には毎週のように飲みに出かけていたが、フィリピンパブには興味がわかなかった…。

 

 

それは、フィリピンからの出稼ぎのホステス、片言のよくわからない日本語、そしてフィリピーナに関わるとトコトンお金を搾り取られる…という噂やマイナスイメージから興味が持てなかった。

 

 

フィリピン人は基本的に明るく人懐っこく、ジョークが好き。そして、とても家族思いだ。

特に、両親のことは大切にする。

家族のために出稼ぎで日本に来ることも、厭わない。

 

 

当時はそんなことなど知らないから、

 

日本語が通じないし、化粧も濃いし、つまらない…

 

それだけの理由で、フィリピーナ、フィリピンパブを意識的に避けていた…。

 

 

だが、それは食わず嫌いだった…。

 

 

結婚して気付いた…

ふとしたきっかけで、フィリピンパブで仕事をするようになった。

 

出稼ぎに来ている境遇さえも、まるで楽しむかのように、いつも笑顔を忘れないフィリピーナたちを目の当たりにした時、

 

あぁ、なぜ気付かなかったのか?!

 

と思わずにはいられなかった…。

 

 

明るくジョークが好き。

南国気質と言えばそれまでだが、日本人にはない、太陽のような天性の明るさに触れた時、こちらの気分までが明るくなるのを感じ、その魅力に気付かされた。

 

悪く言えば、フィリピーナの魔力にハマってしまった…。

 

 

そして、まさかフィリピーナと結婚するとは自分でも驚きだ。

 

 

止めたほうがいいよ…

そう忠告してくれる人もいたが、彼女と結婚したい!という勢いに任せて突っ走った…。

 

 

 

世間一般からすれば、あり得ないかもしれない。

信じられない、バカな奴だ、人生終わったな…そう嘲笑し冷ややかに見る者もいる。

 

だが、フィリピーナと結婚したからこそ見えてきたこともある。

 

 

もし日本人女性と結婚していたら、フィリピンとは無関係の人生を送っていたかもしれない。

日本人、日本について今みたいに考えることはなかったかもしれない。

フィリピンの貧困について考えることもなかったかもしれない。

 

だが、やはりフィリピーナと国際結婚して良かったと思っている…。

 

自分に色々な気づきを与えてくれた妻に、感謝したい。

 

 

 

 

>> 続きを読む

フィリピーナと結婚?!アイツも終わったな…

 

奥さん、フィリピンですか…?!

国際結婚していると言うと、

「すごいですね!」と言われることが多い。

 

 

奥さんどこの国ですか?と聞かれ、

「フィリピンです…」

と答えると、相手も何と言ったらよいのか、困っているのが手に取るようにわかり、こちらも複雑な心境になる…。

 

それほど、フィリピーナとの国際結婚は、はっきり言って印象が悪い…。悪すぎる!!

 

 

 

なぜ、こんなにもフィリピーナとの結婚の

印象が悪いのか?!

 

フィリピーナはお金のことしか考えてないから、関わるとロクなことがない…

結婚したら、全財産を失う!とまで言われる。

 

 

 

彼女らは出稼ぎに来てる!!

 

これは、フィリピンパブの影響がかなり大きいと思える。

 

1970年代(昭和50年代)からフィリピンパブの存在が世に知られるようになり、バブル期の1980年代後半からフィリピンパブの隆盛が始まり、90年代後半にピークを迎える。

 

 

欧米人女性と違い、日本人男性と釣り合いのとれる身長で、プロポーションも良く、陽気ですぐに仲良くなれるフィリピーナは、日本人男性を夢中にさせた!

 

 

 

お気に入りの女の子に会いたくて、毎日フィリピンパブに通う者や、彼女を自分に振り向かせようと何でも買ってあげたり、お金まで渡す者が続出する有り様。

 

彼女らが出稼ぎに来てることなど、すっかり忘れて…。

 

 

 

フィリピーナのほうは、家族のためにお金が欲しくて出稼ぎに来てるのだから、そんなお客からお金をもっと引き出そうとする…。

 

お兄さんが病気になっちゃってタイヘン、助けて?!

 

今月中にお金払わないと、フィリピンの家を売らないといけなくなっちゃうカラ、お願い助けて?!

 

 

 

こんなのはまだ甘い方で、こちらが思いもしない様々な理由でお金を出させようと考える…。

お客に結婚をチラつかせて、お金を貰おうとしたフィリピーナもいたことだろう。

 

 

終わってる…?!

最初の頃は、それらが通用していたのだろうが、全国津々浦々に雨後の竹の子の如く出来たフィリピンパブのお陰で、お客の間でも彼女らの手法が知れ渡ることになる…。

 

そして、

 

彼女に騙された、お金を騙し取られた、結婚の約束をしたがフィリピンに旦那がいた…

 

等々が至るところで起こり、その結果…

 

 

 

フィリピーナ=金の亡者、ウソつき、

というイメージが出来あがった…。

 

 

そんなイメージでコテコテに固められたフィリピーナと結婚していると言えば、一般的には少し引かれてしまうのが普通だ。

 

 

 

それこそ、アイツも終わったな…である。

 

 

このように、フィリピーナとの国際結婚には、周囲の日本人による差別意識が常について回るのが現実である…。

 

 

それでも結婚しますか?!

 

 

愛情だけでは…

 

フィリピーナと結婚して18年の月日が経った。

 

ブログの説明文にも記したが、短いと1年以内、長くても10年以内には離婚してしまう確率が高いフィリピーナとの国際結婚で、

よくぞここまで続いたものだと、自分でも感心している。

 

 

それほどまでに、日本人男性とフィリピーナが結婚生活を続けていくのは難しい…。

 

これは、自分でも経験してきたからこそ、はっきり言える。

 

 

 

 

 

なぜ、フィリピーナとの結婚生活を続けていくのは難しいのか?!

 

 

 

 

理由としては、やはり国籍による考え方の違いが大きいだろう…。

 

 

フィリピーナは一般的に、家族の絆を一番大事にする。

この場合の家族とは、フィリピンの家族(両親、兄弟姉妹)のことであり、日本の家族、旦那さんより、フィリピンの家族のほうがワンランク上の扱いになる。

 

 

対して日本人は、昔ほど家族の絆を大事にしない傾向にある。

両親と同居したがらない若い夫婦が多く、また年老いた両親も気を遣い、同居をためらう。

そのため、核家族化が今や当たり前のようになっている。

 

 

 

 

 

しかし、結婚生活の破綻の最大の原因は、やはり経済問題に尽きる。

 

 

フィリピンの家族を第一に思う彼女たちは、毎月フィリピンへの仕送りを欠かさない。

 

 

 

よく物価が日本の1/3とか1/4とか言われるフィリピンだが、それは我々日本人の生活レベルから見ての話し。

 

ちなみに、コーラ 1.5ℓが50ペソ(約50円)、お米 1㎏が45ペソ(約100円)、たばこ 例えばマルボロ1箱が70ペソ(約155円)という感じになっている。

 

 

大卒の初任給が約1万ペソ(約5000円)、

一般的な家庭の平均月収が約3万ペソ(約6000円)のフィリピン人にとっては、生活は決して楽ではない。

 

そして、一家族に子供が3~4人以上いるのが平均的な彼らにとっては、日本に嫁いでいる姉妹がいれば、やはり頼らざるを得ない。

 

 

 

毎月誰かが病気になる…?!

 

例えば1ヶ月に3万円の仕送りとなると、約6万ペソ近くになり、一般家庭の2ヶ月分の月収を上回る金額に相当する…。

これだけ送れば、2ヶ月は十分暮らせるはず…と日本人なら考えるが、そうはいかないのがフィリピンだ。

 

 

 

「お母さんが病気で、病院行かないとダカラ…」

「お兄さん、今仕事無いからタイヘン!少しお金あげないといけないから…」

 

 

先月は、お父さんが病気じゃなかった?

お兄さん、ペインターの仕事してるって聞いたけど…?

 

 

 

仕送りの理由も、ツッコミどころが満載なのだが…。

 

 

こんな感じで金額を増やされていったら、日本にいるこちらの生活が苦しくなる。

 

 

 

貯金する概念がほとんど無いフィリピン人は、あれば全部お金を使ってしまう…。

 

また、「持つ者が持たない者を助けるのは当然」と考えるフィリピン人は、

お金の無心にあまり抵抗がないようだ。

 

 

 

日本人同士の夫婦でも、家計の問題は悩みの種なのに、これが国際結婚の夫婦となれば尚更…。

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ