Anak!!!

 

 

フィリピン人は、凄い…!!

さて…

 

世の中には様々な分野で、他人より能力が抜きん出ていて、その実力をいかんなく発揮する人がいる。

 

いや、

能力は平凡でも、努力でその分野のトップになる…と言ったほうがいいかもしれない。

 

外国語を現地の人のように、流暢に話すなどは、その典型かもしれない。

 

 

 

日本人は、

中学、高校と6年間も英語を勉強するのに、

英語が喋れない…

これは、今や世界では、よく知られているらしい。

 

 

そんな日本人の中にも、

英語をネイティブ並みに流暢に話せる人は、

一定数は存在する。

 

しかも、

海外留学することもなく、独学で英語を身に付けた、

そんな強者の日本人もいる。

 

 

 

 

一方、フィリピン人はというと…

 

 

母国語のタガログ語、

第2言語とも言える英語を話し、

 

さらに、

日本人の旦那さんと結婚して、日本に暮らしているフィリピーナは、日本語も話せる…。

 

いやはや、

フィリピン人の、言語習得能力の高さには、全く驚かされる。

 

 

そんなフィリピン女性と国際結婚した私は、

すっかりフィリピンの魅力の虜になり、

タガログ語にも興味があるが、

 

中でも、

OPMと呼ばれる、タガログソングに非常に興味がそそられるのである。

 

 

哀愁漂うメロディ…?!

初めて聴いたタガログソング(OPM)が、

そんな哀愁を帯びた曲だったのかもしれない…

 

どの曲を一番最初に聴いたのかは、はっきり覚えてはいない。

 

が、Anak という曲が、

私が小学校だった頃に、

加藤登紀子や杉田二郎などが、日本語でカバーして歌っていたと記憶している。

おそらく、

私が最も遠い昔に、初めて聴いたフィリピンの曲に違いない。

 

anakとは、息子という意味である。

 

 

息子を思う両親の気持ちを歌い上げた曲だが、

メロディも歌詞も、

何とも物悲しいのである…。

私が知る限り、

最も物悲しい、涙を誘うOPMだろう。

 

 

 

日本語訳の歌詞にすると、さらに悲しみが増してくる。

 

 

生まれた時は皆から祝福され、

お前の為に、母さんはミルクを嬉しそうに準備したものだ…

 

あんなに可愛かったお前は、

思春期になると、親に反抗し、

自由になりたい!!と言い出し、

私たちを困らせた…

 

 

そして、

お前は家を出ていき、

今はどこで何をしているのか?!

 

私も母さんも、とても心配している…

 

 

 

 

ざっくり言うと、こんな感じになるのだが…

 

 

涙なしでは、聴くことが出来ない曲です。

 

スター気分?!

タガログversion

JPMについては、

以前にも話したことがあると思う。

 

Japan Pilipino Music の略であり、

日本のヒット曲を、タガログ語で歌っているものを指す。

 

有名なのは、

徳永英明の「最後の言い訳」を、

日本人歌手のテッド伊藤がタガログ語でカバーした、

「Ikaw Pa Rin」だろう。

 

1990年代半ば~後半にフィリピンで大ヒットし、

テッド伊藤は一躍スターになった。

 

 

当初は、

″日本とフィリピンのハーフ″という触れ込みだったらしい。

 

初めてテッド伊藤の歌声を聴いたとき、

タガログ語が上手なので、

 

 

 

「この人、一体何者?!」

 

と驚いたものである。

 

日本、フィリピンのハーフなら、タガログ語が上手くて当たり前か…

 

そう納得したのだが、

本当は生粋の日本人。

 

 

「Ikaw Pa Rin」でもテッド伊藤について話しているが、

http://kawaiitsuma.com/tagarogugo/ikawparin.html

 

Ikaw Pa Rin の他にも、JPMを何曲も歌っている。

 

歌ってみた!!

同じ徳永英明の「壊れかけのRadio」

谷村新司の「Far away」

 

そして、

尾崎豊の「I love you」

などもタガログ語でカバーしている。

 

1980~1990年代の日本のヒット曲がJPMに多いのは、日本がバブル全盛期で海外進出に積極的だったからなのでは…?!

 

 

 

というより、

 

 

当時の日本での、フィリピンパブの爆発的な人気が、原因に考えられるだろう。

 

日本に出稼ぎに来るフィリピーナの、

「仕事用」として、

JPMは需要があったと思われる。

 

 

サービス精神旺盛な愛くるしいフィリピーナが、日本のヒット曲をタガログ語で歌う…

 

これだけでも、

日本人のお客さんとフィリピーナの間で話のタネが出来る。

 

 

果たしてテッド伊藤は、そこまて考えてのフィリピン進出だったのか?!

 

それはわからないが、日本のピンパブの功労者であることに間違いないだろう。

 

 

 

 

そんなテッド伊藤のタガログカバーする、

「 I love you 」だが、

カラオケでは、

タガログversionが見つからなかったので、

尾崎豊の「I love you」のカラオケで歌ってみた…。

 

 

 

ちなみに、

 

JPMは、

日本語の歌詞とは、全く意味が異なるタガログ語で歌われていることが多い。

 

また曲の雰囲気が全く変わるのも、一つの魅力かもしれない。

 

 

 

それにしても…

 

 

お耳障りは承知の上、

スター気分で歌ってますね…( ̄▽ ̄;)

 

 

タガログソングの覚え方

 

どこかで聴いたメロディー?!

フィリピンパブで仕事をするようになり、

タガログ語に興味を持った。

 

まずは、

食べ物、体の名称、身の回りのものなどの簡単な単語を覚えていった。

 

 

 

お店では、毎日カラオケをお客さんがよく歌う。

その中に、

タガログソングを歌うお客さんがいた。

 

 

よく歌えるなぁ~と感心していたら、

 

 

 

これって、どこかで聴いたことのあるメロディーだよなあ?!

 

もしかして…

五輪真弓の「恋人よ」じゃないの?!

 

この歌もタガログ語でカバーされてるの?

 

 

そんなことがあってから、

タガログソングに興味が沸いてきてた。

 

調べてみると、

日本のヒット曲が数多くタガログ語でカバーされてることがわかった。

http://kawaiitsuma.com/tagarogugo/ikawparin.html

 

 

 

そして、それは日本のヒット曲のタガログ語訳だとばかり思っていた。

 

しかし、

「全く関係のないタガログ語で歌われている」と後に判明。

 

 

 

少しガッカリした覚えがあるが、

メロディーを微妙にアレンジしたりして、

フィリピンの曲に聞こえてくるから不思議。

 

意味は少ししかわからないが…

以前からカラオケは好きだったので、

タガログソングを歌うことに抵抗はなかった。

 

愛してる、

あなたは私の人生、

君への想いを止められないんだ、

 

 

などなど…

 

とにかく、

想いをストレートに表現するタガログソングの魅力の虜になり、

 

同じ曲を何度も何度も聴き、

目で文字を覚えるのでなく、

耳で歌詞を覚えることを繰り返した。

 

 

 

そして、実際にカラオケで挑戦。

 

ソラでワンコーラス歌えるくらいになっていれば、かなりそれらしく歌えた。

 

 

何曲か歌えるようになれば、

あとは歌詞を見なくても歌えるように、

ひたすら繰り返し歌う。

 

 

 

この間、歌詞の意味は、ほとんど無視。

というか、考えていない!

 

考えるのは、

タガログ語をしっかり発音できているか?

 

これだけ。

 

 

似たようなフレーズが頻繁に出てくるので、

違う曲でも、かなりそれらしく聞こえるようになってくる。

 

 

 

ただ、

 

あまりにタガログソングに夢中になり、

なかなか会話が修得できないのが、最近の悩みでもある…。

 

Miss na Miss kita 

 

外国語の覚え方の一つ

外国語に興味を持ち覚えたいとなると、

歌で覚えようとするのは、一つの方法だ。

 

英語を覚えるのに洋楽を聴くのと同じ様に、

タガログ語を覚える方法として、

やはりタガログソングに興味が出てきたのは、自然な流れだった…。

 

 

 

当初は、

日本のヒット曲をタガログ語でカバーしている、いわゆるJPMを聴き始めた。

 

いきなりOPMは敷居が高く感じたのと、

聞き覚えのあるメロディーのほうが、歌詞を早く覚えられると思ったからだ。

 

 

 

この方法は、

どうやら正解だったようだ。

 

歌詞を見なくても歌える曲が、何曲か出来てきた。

 

少しずつでも、

歌詞の意味を理解しながら歌えるようになってくると、やはり嬉しい。

 

 

 

…が、

 

 

JPMを歌えるようになってくると、

少し物足りなさを感じるようになってきた…。

 

そうなると、OPMにも俄然興味が湧いてくる。

 

original philippine music 、正真正銘のタガログソングだ。

 

 

YoutubeでOPMを検索し、視聴する回数が自然と増えていった。

 

 

あなたにとても逢いたい…

"Miss na Miss kita"は、

タガログ語で、

あなたにとても逢いたい…という意味。

 

 

恋人同士でよく使うフレーズだ。

 

 

 

タガログ語の愛の表現というと、

 

Mahal kita  愛してます

Gusto kita  好きです

Mahal kita mula sa puso  心から愛してる

Ikaw lamang ang mahal ko  あなただけ愛してる

Mahal kita walang iba  あなたの他に愛してる人はいない

 

 

もう恥ずかしくなるくらい、たくさんある。

 

 

 

OPMには、そんな愛の言葉がたくさん入っている。

フィリピン人は、ロマンチストなんですね。

 

 

 

日本人より愛情表現がストレートなので、初めは、

うわっ、恥ずかしい(/ω\)…

 

と思ったのだが、

慣れてしまった今は、逆にそんな直球さがフィリピンらしくていい!!

 

 

 

そう感じている。

 

いとしのエリー

サザンオールスターズ

タガログ語ミュージック、

別名 Original Philippines Music…略して、OPM。

 

 

かつての日本のヒット曲が、

さまざまなフィリピン人アーティストによってタガログ語で歌われているが、

これも、その一つ。

 

 

いわゆる、JPMと呼ばれている曲だが、

 

原曲はサザンオールスターズが歌った、”いとしのエリー”だ。

 

 

 

ある世代以上なら、ほとんどの人が男女問わず知っている、有名な曲。

 

ネット普及した現在なら、10代や20代の若い世代も聴いたことがあるかもしれない…。

日本の音楽界を代表する曲の一つ、とも言えるだろう。

 

 

この曲は、

自分が小学生高学年の頃に大ヒットしたから、記憶に鮮明に残っている。

 

 

 

その頃のサザンは、まだデビューからあまり間がなく、

 

”イロモノシンガーグループ”

といった感じで、世間からは奇異な目で見られていた。
それが、この”いとしのエリー”の大ヒットで、世間に広く認知された…
と記憶している。
一時期は、カラオケのラブソングの定番だったが、
いい曲だから、今も定番中の定番かもしれない。

 

 

April Boy

この”いとしのエリー”をタガログ語で歌っているのが、

April Boyだ。

 

 

April Boyは、フィリピンでは有名なシンガー。

ヒット曲も多く、確か他にもJPMを歌っているはず…。

 

 

自分がタガログ語やOPMに興味を持ち始めた頃、タガログ語ソングを探すと、

必ずと言っていいほど、彼らの歌声があった。

 

 

 

ジャケット写真に写る、帽子を被った2人に、

 

またか!

 

と思ったほど露出ぶりが多く、人気を誇ったシンガー。

 

 

 

フィリピンで買った彼らのCDは、

今も大事な宝物だ。

 

April Boyの曲は、懐かしい…と同時に、

時々聴いては、いろいろな思い出がよみがえってくる。

 

 

 

 

自分にとってのタガログ語、OPMの原点を作ってくれた存在、

かもしれない…。

Bakit Pa Ba

 

http://

 

JayR ″Bakit Pa Ba″

タガログ語Music…俗に言う、OPM。

 

OPMに興味を持ち始めた頃は、

日本のヒット曲のタガログ語バージョン、いわゆるJPMばかり探して聴いていた。

 

 

いきなり知らないメロディーのOPMはちょっと敷居が高く、

馴染みのある日本のヒット曲のメロディーで、タガログ語に触れようと思ったからに他ならないのだが…。

 

 

 

 

徳永英明 ”最後の言い訳” ”壊れかけのRadio”

中西保志 ”最後の雨”

郷ひろみ ”逢いたくて仕方ない”

小林明子 ”恋に落ちて”

安全地帯 ”じれったい”

松田聖子 ”抱いて…”

尾崎 豊 ”I LOVE You”

 

あたりが有名どころ?で、

フィリピン人シンガーによって、タガログ語で歌われている。

 

 

日本語の歌詞と全く意味が違うタガログ語だが、

入門用としては、うってつけかもしれない。

 

 

 

これらのJPMは、今CDを探しても、なかなか見つからないようだ。

 

JPMもいいが、やはりOPM

JPMをかなり聴いていると、

次は本当のタガログMusic、OPMを聴いてみようか?という気になってくる。

 

次へのステップアップ…初心者から中級者になる、そんな感じか?

 

 

今ならインターネットでフィリピンのラジオが聴けるから、

好きなだけタガログMusicに触れ合える。

 

 

フィリピンの最新ヒット曲も聴くことも出来る。

 

OPM好きには、

フィリピンのラジオは必須アイテム。

 

 

 

タガログ語ニュースはAMで、OPMはFM放送で…。

自分は、そんな感じでフィリピンのネットラジオを聴いている。

 

 

 

 

時々ラジオで流れることがある、JayRのこの曲も、

好きな曲の一つだ…。

IKAW PA RIN

 

テッド伊藤

日本のヒット曲がOPMとして逆輸入されたことに対して、この人の存在は外せないだろう…。

 

フィリピンパブの常連さん以外には日本では無名だが、フィリピンでは有名なシンガーだ。

 

 

 

1990年に、徳永英明の『最後の言い訳』をタガログ語でカバーした、

『Ikaw pa  Rin』を歌い、フィリピンの年間最優秀賞を獲得したほど大ヒット。

 

他にも、尾崎豊の『ILove you』、サザンオールスターズの『真夏の果実』

をタガログ語でカバー、アルバムを出している。

 

 

OPMに興味を持ち始めた当時の自分にとっては、伝説のシンガーとも言えた。

 

 

 

なぜ、こんなにタガログ語が上手なんだろう…

 

 

と、流暢なタガログ語で歌う彼に、憧れすら感じたのを覚えている。

 

フィリピンと日本のハーフだと噂に聞き、それならタガログ語が上手なのも当然だ…

と納得したものだ。

 

 

その後、2000年代になりネットが普及すると、

日比のハーフという触れ込みは噓だという話も出たが、真偽のほどは果たして…。

 

 

フィリピンパブの功労者?!

YouTubeを見ると、若い日本人男性シンガーが新たに Ikaw Pa Rinをカバー

しているが、″テッド伊藤世代″の自分からすると、

 

こんな歌い方もあるのか、と新鮮さもある反面、

やはり元祖の方が心には響く。

 

勿論、あくまでも個人的な主観で…。

 

 

 

この Ikaw Pa Rin はフィリピン人シンガーも何人もカバーしているが、

Willie Revillame のバージョンが個人的にはいい。

 

 

 

テッド伊藤の存在がなかったら、果たしてこれほど日本のヒット曲がOPMとして逆輸入されたか?

そして、過去に日本にタレントとして来ていたフィリピーナに、日本の歌が広まっていたか?!

 

 

そう考えると、日本のフィリピンパブの隆盛の功労者の1人なのではないか。

 

 

 

 

『Ikaw Pa Rin』を聴くと、20代の若かった水商売時代の事を思い出す、思い出の曲でもある…。

 

BeautyQueen~♪

 

OPMでフィリピンにハマる!

タガログ語に興味を持つようになると、

タガログミュージック(OPM)にも興味が向いたのは自然な流れでもあり、

いろいろな曲を聴くようになった。

 

 

とは言え、自分がフィリピンパブで仕事を始めた90年代は、

今のようにインターネットもまだ普及しておらず、

OPMのCDやカセットテープで聴くしかなかった。

 

そのため、OPMのCD、カセットテープを持っている人から借りては聴いたりした。

 

 

 

 

松田聖子『抱いて…』、郷ひろみ『逢いたくて仕方ない』、中西保志『最後の雨』、

徳永英明『壊れかけのRadio』、『最後の言い訳』、

尾崎豊『ILove you』…

 

 

日本での多くのヒット曲が、タガログミュージックとして逆輸入され、フィリピンパブで歌われていた。

 

 

 

「え、これもタガログミュージックになってるの?!」

そんな驚きと、新鮮さを感じたのを覚えている…。

 

 

タレントの女の子もよく知っていて、カラオケで歌ったりしていた。

 

お客さんの中には、歌詞を完全に暗記していて、

目をつぶってもフルコーラスで何曲もOPMを歌える、強者の ″ピン中″ も何人かいた。

 

 

 

その時は、このお客さん凄いなぁ~くらいにしか思わなかったが…。

 

 

 

後にフィリピーナと国際結婚して、フィリピンにも何度か行き、

日常会話とまでいかなくてもタガログ語を覚え、

OPMを頻繁に聴くようになった現在の自分も、

フィリピンに興味がない人から見れば、立派なフィリピン中毒、"ピン中"だろう…。

 

それでも、当時のお客さんの足元にも及ばないと、自分では勝手に思っているが…。

 

目をつぶれば、そこはフィリピン?!

さて、この『HAYOP SA GANDA』は、

1:43(ワンフォーティースリー)という男性四人組が歌っていて、

ミュージックビデオもいくつかバージョンがあるのだが、今回のが個人的には一番好きなもの。

 

 

 

容姿の冴えない女性が、プレゼントされた下着を穿くと、美女に変身し、男性からチヤホヤされる…

 

 

そんな内容が、何とも面白く、見ていて楽しめ、そして微笑ましい。

 

 

 

 

内容が似ている別バージョンでは、

 

バクラ(オカマ)の男性が美女に変わったり、

スレンダーな女性が、本当はぽっちゃり女性が好きな彼氏のために、ぽっちゃり女性に変わったり…

と、結構楽しめるかと…。

 

 

 

 

それにしても、フィリピン人シンガーの歌声は、男性女性問わず、透き通っていて綺麗な声が多い。

 

 

目をつぶれば、南国の綺麗な海とヤシの木、常夏の国の陽気なフィリピンの人たち、

喧騒さがまたいいマニラの街並み…それらが頭に浮かんでくる。

 

 

日本で日々に追われる生活をしている身の、疲れを癒してくれるのがOPM…

 

そう言ったら、言い過ぎだろうか…。

タガログ語ミュージック

 

OPM

Original Philippines Music 略して、OPM。

 

歌詞がタガログ語の歌。

 

この歌は、Kim Chiu という、

韓国とフィリピンのハーフの女性シンガーの『Mr.Right』という曲。

韓国女性の美形さが顔立ちに表れている、美女シンガー。

 

自分のタガログ語力では歌詞を理解できないのが残念ですが…

美声なのは間違いないかと。

 

 

 

フィリピンはタガログ語が国語なので、歌もタガログ語なのは、

当たり前といえば当たり前なのだが…。

 

英語が広く使われているフィリピンでは、英語の歌もラジオ、TVでよく流れている。

 

 

だが、やはりフィリピンはタガログ語!

 

 

 

20代で水商売の世界に入り、フィリピンパブで仕事を始めた頃は、

 

「タガログ語って、何かダサい感じだな…」

そう思うことが多かった。

 

 

それが、少しずつタガログ語を覚えるようになってくると、

 

「この言葉はこんな意味なんだ…面白いな!」と、

どんどんタガログ語に興味が湧いてきたから不思議だ…。

 

 

英語には学生時代、全く興味が沸かなかったというのに。

 

外国語を覚えるのにまず簡単なのは、例えば英語なら洋楽を聴き、歌詞を覚えてしまうこと。

 

タガログ語に興味を持ち始めた自分が、OPMに興味が向いたのは自然なことだったろう…。

 

 

日本のヒット曲がタガログ語で?!

そんな時、そのお店の店長から、

 

「タガログ語に興味があるなら、これ聴いてみるか?」

と、一枚のCDを渡された。

 

 

それはタガログ語ミュージック、OPMのCDだった!

 

 

店長もフィリピーナと国際結婚をしていて、タガログ語をよく知っていた。

奥さんは、同じ市内にある他のフィリピンパブでアルバイトをしているらしい…。

 

 

 

 

店長からCDを借り、とりあえず家で聴いてみると…。

 

♪~

 

「何か、聴いたことがあるメロディーだな…?!」

 

なんと、自分の学生時代にヒットした小林明子の『恋に落ちて…』のメロディーではないか!!

 

 

 

曲のタイトルも歌詞もタガログ語、歌っているのは男性シンガーだが、

メロディーは紛れもなく、あの『恋に落ちて…』だった。

 

 

タガログ語でカバー曲にすると、こんな感じになるのか…と新鮮さを感じた。

 

 

 

後に知ったのだが、日本語とタガログ語の歌詞は、全く意味が違うとのこと。

 

日本のヒット曲の完全なカバー曲だと最初は思っていたので、少し拍子抜けしたが、

そんなのはよくあること。

 

OPMへの興味は衰えることなく、それ以来、ますます興味が沸いてきた。

 

 

 

日本の1つのヒット曲がタガログ語ミュージックになり、そして何人もの

フィリピンシンガーが、それぞれに違うタガログ語の歌詞で歌っている…

 

調べれば、挙げるのにキリがない位に日本のヒット曲がOPMになっている。

 

 

 

フィリピンを身近に感じ、タガログ語、そしてフィリピンがますます好きになっていった…。

 

 

※今回、『恋に落ちて…』のタガログ語バージョンは挙げられなかったので、また機会があった時に。

あなたを愛してます…?!

 

英語は興味を持てなかったが…

学生時代、英語は苦手な科目だった。

 

単語を覚えると同時に、これは代名詞、be動詞、疑問詞、助動詞、接続詞…などの種類、現在形、過去形の変化、それらを覚えるのが面倒で、

さらに文法も覚えねばならず、中学の早い段階で英語に興味を失ってしまった…。

 

 

そのため今も英語は苦手意識が抜けないままだ。

 

 

 

そんな外国語音痴ともいうべき自分が、まさか大人になってからタガログ語という外国語に興味を持つとは…。

 

 

 

学生時代の英語は「させられた勉強」だったが、タガログ語は「自発的な勉強」なだけに、難しいが面白いと感じられることも多い。

 

 

 

もっとも、フィリピーナの女の子と仲良くなりたい!!

と、動機はかなり不純だったのだが…。

 

 

 

発音も英語と変わらず、また、ほとんどアルファベット通りに発音していけばいいということもあり、

覚えるのに取り組みやすい気はする。

 

しかし、現地のフィリピン人並みに喋れるようになりたい!となると、やはり文法をいろいろ覚えねばならず、道は険しい…。

 

 

またフィリピンは英語が公用語にもなっているため、いろいろな場面で使われることが多い。

世界共通語ともいうべき英語は、やはり多少なりとも身につけねばならない。

 

 

いきなり、愛してます?!

タガログ語を覚えようとする人は、純粋にフィリピンやタガログ語に興味を持った人を除けば、フィリピンパブなどのフィリピーナを口説くため、というのが大きな理由だと思う。

 

 

そのため、まず覚える言葉は…

アコ(私)、イカウ(あなた)よりも、

 

 

 

マハルキタ=愛しています

(それが高じると、マハル ナ マハルキタ=とても愛しています…)

 

 

という言葉である確率が、非常に高い。

 

 

愛を伝える言葉を真っ先に覚える、というのも面白いというか、いかにもフィリピンという感じがしてくる…。

 

 

もっとも仲良くなると、フィリピーナも挨拶のように「マハルキタ~」と言ってきたりするので、彼女たち得意のジョークなのか本気か、

わからなくなることもある…。

 

 

 

マハルキタ…とフィリピーナに言われて、本気で好きになってお店に通い続けたが、

本命の彼氏が別にいた…というのはよく聞く話。

 

 

 

 

使い方によっては、「マハルキタ」ほど便利なコトバはないのかもしれない…。

 

 

 

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ