タレントはラーメンが大好き?

 

再会した彼女は…

ミキがフィリピンに帰国してから、

六ヶ月が過ぎた頃。

 

 

ある日の夕方少し前、突然携帯が鳴った。

画面には、知らない番号が表示されていた。

 

怪訝そうに電話に出ると、

 

「モシモシ~♪アサワコ~…アコ、もうニホンにいるヨ~」

 

ミキからの、日本到着のお知らせだった。

 

それにしても、名字を呼ぶのでなく、

アサワコ~である。

 

 

お客さんとして繋ぎ止める作戦だとわかっているつもり…。

が、アサワコ~と呼ばれると嬉しくなってしまう自分がいた。

 

 

後日、詳しく聞くと…今度のお店は、

同じ県内だが少し山間部の市にあるらしい。

 

店名と場所を聞き、来店する日を約束。

 

 

 

 

そして、当日…。

 

 

お店に着くと、

 

髪をロングからショートヘアーにし、雰囲気は少し変わったものの、紛れもないミキが待っていた…。

彼女は、満面の笑顔で出迎えてくれた。

 

 

帰国中に電話でコンタクトは取っていたが、

やはり、会って話をするほうが嬉しい。

久し振りの再会に1時間では足らず、

延長して2時間を費やし、ミキと話し込んでしまった。

 

 

 

これからは、ミキの「お客さん」となり、お店に通わねばならない…

 

そんな事は深くは考えず、ただ再会できたことが素直に嬉しかった。

 

日曜日は同伴の日!

その頃、

実は勤めていたフィリピンパブを辞めて、

違うお店に移っていた。

 

日本人の女の子のお店で、日曜日は店休。

 

 

それを知ったミキは、

同伴をお願いするようになった。

 

 

夕方4時半くらいに、

彼女達のアパートの近くで待ち合わせし、

午後8時までに入店する。

 

3時間余りの擬似デートだ。

 

 

買い物したり、食事したりでアッという間に時間は過ぎていく。

 

「何が食べたいの?!」

と聞くと、

「ラーメンがいい!みそラーメン!!」

と答えるミキ。

 

 

「またラーメン?

この前の同伴でもラーメンだったけど?」

 

 

心の中ではそう思いながらも、

決して口に出して言葉にはできない。

 

彼女に限らず、フィリピンパブのタレントの女の子はラーメンが好きなようだ。

 

 

ミキのお気に入りは、味噌ラーメン。

味噌、醤油、塩と試し、豚骨は油でパス。

その結果、味噌が一番美味しい!と。

 

 

 

 

時には焼き肉を食べにも行ったが、

同伴といえば、

ほとんどラーメンばかり食べていた記憶が残っている。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ