アサワ マハル

 

年増?!のフィリピーナと…

20代後半の頃、

以前から興味のあった水商売の世界に、勇気を出して足を踏み入れた。

 

キャバ嬢やホストなどに代表されるように、華やかなイメージがある一方で、

 

 

 

その筋の方々との付き合いや、

様々なトラフルなど、ダークな面と背中合わせな世界だ。

 

 

水商売に入った最初のお店のオーナーもそんな感じであり、

 

 

 

″やはり、この世界は危険が一杯だ…″

 

そう思ったものである。

 

 

 

だが、

 

 

そのオーナーのお店で働いていた、

年増のフィリピーナと出会った事が、私をフィリピンの魅力の虜にさせることになろうとは…。

 

 

そう、

 

そのお店を辞め、同じ市内にあるフィリピンパブで働き出したのである。

 

 

ピン中の世界へようこそ!!

二十歳の時、

先輩に連れられ初めて入ったフィリピンパブ。 

 

 

 

ファーストタイムの女の子が付き、日本語がほとんど通じなかった為、

 

 

全然面白くない!!

 

 

フィリピンパブはつまらん!

 

 

と、それ以降近付くこともなかった。

 

フィリピンそのものにも、良いイメージが持てなかった…

 

 

そう、好きでなかった…

 

 

 

そんなはずだったのが…

 

 

 

 

 

あまりにも陽気なフィリピーナの存在が、

 

フィリピン嫌いだったはずの私を、

フィリピン好きに変えてしまったのである!

 

 

アコ、イカウ、などの簡単なタガログ語を、お店のタレントの女の子との会話にも使うようになり、

 

 

 

そして、

 

タガログソングのカセットテープやCDを聴くようになったり、

 

お店の近くにある、

フィリピンレストランへも行ったり、

 

 

 

 

すっかりピン中の仲間入り…

 

 

 

この世界にハマったら最後、

 

脱け出すのは不可能に近い…だろう。

 

 

 

夢はフィリピン移住!

働いていたフィリピンパブで知り合ったフィリピーナを好きになり、

 

 

望んでいた彼女との結婚も出来た。

 

 

 

二人で何度もフィリピンへ帰り、

その度に、楽しい思い出がたくさん。

 

 

 

タガログ語の上達はイマイチだが、

カラオケでのタガログソングのレパートリーは増えていった。

 

 

 

 

 

 

将来は、妻と二人でフィリピンに住みたい!!

 

 

 

 

フィリピーナと結婚した日本人男性なら、

誰もが一度はそう思うはず。

 

 

さようならフィリピン?!

 

最近は、

フィリピンに行く日本人が多くなった。

 

 

 

フィリピンへの英語留学がブームになっているのがあるだろう。

 

セブをはじめとした、

フィリピンの島々へ芸能人が行く様子がTVで放送されたり、

 

 

 

 

Twitter、Facebookなどでも、

フィリピンの観光地や食べ物の話で賑わっている。

 

 

 

 

 

それはそれでいいのだろうが、

 

 

 

 

 

「何か、オレの求めているフィリピンとは違うんだよねぇ…」

 

 

というのが、

 

最近の日本人のフィリピンブームに対する、

ワタシの正直な心情である。

 

 

 

 

 

 

妻と二人で、仲良くフィリピンで暮らせるだけで幸せ…

 

 

 

そんな気持ちなので、

 

 

 

もし、

 

 

 

 

もし妻と死に別れることがあったり、

 

妻と完全に縁が切れたりしたら…

 

 

 

 

 

私にとっては、

フィリピンは何の意味もない。

 

 

 

興味を無くすかもしれない。

 

 

 

 

私にとってのフィリピンとは、

好きで結婚した妻そのものであり、

 

 

 

妻の存在そのものが、私にとってフィリピンの全てであるから…。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ