彼女のいないお店は…

 

写真の中のミキ

ミキたちがフィリピンに帰ったという現実は、なかなか信じられなかった。

 

夕方になれば、

タレント仲間のフィリピーナと楽しくお喋りしながら、

「オハヨウゴザイマ~ス」

と言ってお店に出勤してくるのではないか…

 

そんな感覚に襲われていた。

 

 

だが、それは自分の妄想であり、

ミキのいない悲しみから逃げたい気持ちだったのかもしれない…。

 

 

もう彼女はフィリピンに帰ったんだ、

そう諦めるしかなかった。

 

その日の営業終了後も、

いつものようにタレントのアパートチェックに行ったが、もぬけの殻となったミキたちが寝ていた部屋を見て、寂しさがまた込み上げてきた。

 

 

と!?

 

 

部屋から出ようとドアノブに手を伸ばすと、

一枚の写真がドアに貼ったままになっているのに気がついた。

 

 

「…ミキ!!」

 

 

それは、仲のいいタレント仲間とミキが二人で写っている写真だった!

 

主のいなくなった部屋に、このまま写真を貼っておいても可哀想だ…

そう思い写真を剥がした。

 

 

「もしかしたら、

わざと写真を残してくれたのかもしれない…」

 

そんな都合のいい、

勝手な想いを胸に抱きながらも、写真を見つめた…。

 

そして、日本へ

ミキがフィリピンに帰る前、

教えてくれた自宅の電話番号に初めて電話した時、

彼女は、こちらが誰だかわからなかったようだ。

 

 

それだけの存在だったといえば、それまでなのだが…。

 

 

フィリピンパブのスタッフとタレント。

 

ミキには好きなお客さんもいたから、

当然の反応だろう。

 

 

それでも、

何度も電話をするうちに、

以前より親密になっていくのを感じた。

 

 

 

「アコ(私、のこと)、また日本イクヨ!」

ある時、ミキは嬉しそうに言った。

 

こちらは、

彼女に会える喜びで嬉しくなったが、

 

ミキは、また日本でお金を稼げることの嬉しさだっただろう。

 

 

だが、

 

そんな事は薄々感じながらも、

また同じ県内に六ヶ月間働きに来るという、

「奇跡」

に感謝せずにはいられなかった。

 

 

 

彼女に会えるのだから、それでいい!!

 

 

そして、

 

それから程無くして、

日本に着いたミキから電話が掛かってきた…。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ