フィリピーナは嫌いだった!…ハズが??

 

 

スタッフにはなったが…

水商売の世界に足を踏み入れ、フィリピンパブの厨房スタッフとして働き始めたものの、すでにフィリピーナが大好きという訳ではなかった。

 

 

確かに、彼女たちはいつも陽気で明るく、気さくだ。

 

 

お客さんへの対応を見ていると、よくしゃべり、よく笑い、表情が豊か。

 

 

そして、

 

「お客さん、ナニカ問題アル?! ワタシも問題イッパイアルよ…

ダケド、お店来たら楽しまないとソン! 今だけ問題ワスレル! ネッ?!」

 

 

 

こんな感じの心遣いも決して忘れない…。

 

 

 

そして、スキンシップのためか、お客さんを自分の虜にするためか、どちらなのか真意はわからぬが、いとも自然に体を密着してきたり、手を握ってきたりするのが得意だ。

 

 

とにかく、サービス精神が旺盛なのは確かだ。

 

 

 

お客さんがお手洗いに立てば、おしぼりを持ってお手洗いの出口で待っていたり、

テーブルではグラスの底を拭いたり、

カラオケの時はマイクを渡したり、水商売では当たり前の事を嫌々でなく、

むしろ楽しそうにこなしているようにさえ見える。

 

 

やっぱりフィリピーナ

もちろん仕事だから楽しいことばかりではない。

 

 

酔っぱらったお客さんに絡まれたり、無理やりキスされたとか、体をイヤらしく触られたとか、いろいろな嫌なことだって勿論あったりする。

 

お店の売り上げが悪かったり、本人のリクエストが少なければ、店長や社長から怒られもする。

 

 

 

それでも、彼女たちフィリピーナはいつも陽気で明るく、笑顔を絶やさない。

 

そんな彼女たちを毎日目の当たりにしているうちに、自分の心の中に変化があった。

 

 

 

日本と違い、南国特有の国民性といえばそれまでだが、底抜けの明るさのフィリピーナに感心すると同時に、

『じゃぱゆき』という出稼ぎの境遇さえも、まるで楽しんでるかのような逞しさにも魅力を感じていった…。

 

 

厨房兼ボーイ係をしていたことで、自然とそんな彼女たちと話す機会も増えていき、

フィリピンパブも悪くないな…と思うようになっていた。

 

 

 

 

そんなフィリピーナの中に、まさか後に結婚して妻になる女の子がいることなど、

この時は想像も出来なかった…。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ