いよいよ結婚手続き!!

 

二人でマニラの日本大使館へ…

初めてのフィリピン訪問から約4ヶ月後、

 

ついに、

彼女との結婚のために、再びフィリピンに行く日が来た!

 

 

本来なら、初渡比から2ヶ月後には結婚手続きに入る予定だったのだが、

彼女の体調不良のために、延期していたのだった。

 

満を持しての、日本大使館行きである。

 

 

 

フィリピン人と結婚するには、

まずフィリピン国内で結婚する必要がある。

 

そして、

その結婚証明書を日本の役所に届け出て、

初めて日本でも夫婦として認められるのである。

 

 

その第一関門として、

 

『婚姻要件具備証明書』なるものを、

申請、受け取るために、

マニラにある日本大使館へ、

結婚する2人が一緒に訪れなくてはならない!

 

 

フィリピン人、日本人ともに、

 

申請の為に揃える書類がいくつかあり、

その揃えた書類を提出し、

婚姻要件具備証明書を請求する。

 

http://kawaiitsuma.com/kokusaikekkon/kokusaikekkon-4.html

 

 

日本の役所はしっかりしているから、

面倒くさいと思いながらも、書類はキチンと揃うが、

 

フィリピンの役所は仕事が遅いことで有名らしく、妻の方は大変だったようだ。

 

 

また、

在外の日本大使館というと、

態度が横柄だとか、

仕事が遅いとか、

あまり評判のいい噂を耳にしない。

 

マニラの日本大使館も、

応対は機械的な感じだった覚えはあるが、

そんなに悪い印象ではなかった。

 

ご主人と奧さま?!

申請は無事に終わったが、

翌日に発行される証明書を受け取りに、

明日再び大使館へ来なければならない。

 

 

付き添ってくれた彼女の長兄、長姉とともに、

大使館の前を歩いていると、

 

見るからに日本人とおぼしき男性が、

こちらに近づいてくる…。

 

そして、

 

「こんにちは、

ご主人、今日は婚姻証明書の申請ですか?!

奧さまも、暑い中、お疲れ様です!」

 

などと話しかけてくるではないか!

 

 

えっ?!

 

ご主人?!

奧さま?!

 

 

何ともこそばゆい響きの言葉に、

一瞬、

 

誰のこと?!

 

と考えてしまった…。

 

 

結婚するのだから、

ご主人と奧さまに間違いないのだが。

 

 

話しを聞いてみると、

結婚申請の代行サービス業者だという。

 

確かに、

『婚姻要件具備証明書』を、

大使館で受け取った後、彼女の居住地域の役所にも出向いて、結婚申請をしなければならない。

 

そして役所に掲示され、

10日間のうちに他者からの異議申し立てがなければ、晴れて結婚できる。

(これも、120日以内に結婚しなければならない、という決まりがある…)

 

 

代行業者に頼めば、役所に出向く手間が省け、楽ではある。

 

 

周囲を見ると、

大使館で見かけた何組かのカップルが、

やはり代行業者らしき男性から話しかけられていた…。

 

 

 

フィリピンで、日本人相手の商売が成り立っている、という怪しさ。

 

 

マニラ湾から吹きつける熱風、

海面に反射する、南国の眩しい太陽。

そして、

海沿いの道に植えられたヤシの木…。

 

初めて見るマニラの海辺を眺めながら、

ふと、そんなことを感じていた…。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ