新しい綺麗な家がほしい…

 

貧しいゆえに…

フィリピンから日本に、ホステスの出稼ぎに来る女の子たちは、

貧しい家庭の子が多い。

 

貧しい…と言っても、

平均的というか、国民の大多数の生活レベルではあるが…。

 

 

家に車が1台あればいいほう、

兄弟姉妹が多く、一家族が10人とかも珍しくない、

 

フィリピンで仕事があってもサラリーが安い、

 

お兄さんがトライシケルのドライバーしてるが、稼げない、

お金が無いので電気を止められたりする、

 

ご飯のおかずが、兄弟五人で魚1匹だけ、

おかずが無いので、ご飯に塩をかけて食べた、

お金がなく、学校を途中で辞めた、

 

 

 

挙げればキリがないほど、

フィリピンの貧しさは話しによく聞く。

 

 

それでも、これらはまだマシなほうだ。

 

貧困の最下層のスラム街などは、衛生的にも問題があり、

また、治安も決して良いとは言えない。

 

昼間であっても、

タクシー運転手でさえ、スラム街には近付きたくないと言うほどらしい。

 

もっとも、

スラム街の人たちが凶暴だとかではなく、

そこに集まる外部の人間が、悪いことをするのが真実らしい。

 

 

スモーキーマウンテンは無くなったが、

ごみ山から使える物を漁り、

生活の糧にしている人は無くならない。

 

 

家がなく、土管の中で寝泊まりする人もいるほどに、貧しい人々がいると思えば、

 

広い豪邸に住み、

お抱え運転手やメイドを何人も雇っている大富豪もいる。

 

 

日本以上に、フィリピンも格差社会が進んでいるようだ。

 

やっぱり新しい家!!

そんな貧困層の出身が多い出稼ぎフィリピーナだが、

 

フィリピンパブで自分を指名してくれる、

お気に入りにしてくれるお客さんを見つけ、

 

少しでも多くお金を稼ぎたいと思うのは、当然だろう。

 

お金持ちのお客さんがつけば、

多少のウソを使ってでも、お金を貰おうとするかもしれない。

 

 

「お母さんが病気で入院したから、お金が必要だけど足らなくて大変」

 

「フィリピンはあまり仕事ないから、お兄さんトライシケルのドライバー始めたいけど、お金が足らなくて助けてほしい」

 

まあ、こんな感じで親しくなったお客さんから、

お金を助けてもらおうと画策することがある訳です…。

もちろん、

彼女たちが皆、こんなことを言ってる訳ではありません。

念のため。

 

しかも、

彼女たちは毎月の稼ぎのほとんど全てを、家族に仕送りしている!!

 

 

フィリピンでは、

日本円で3万円ほど(約1万5000ペソ)もあれば、

1~2ヶ月は家族が余裕で暮らせる、といわれる。

 

 

 

そして、

1つ屋根の下で、家族と肩を寄せるように暮らしてきた彼女たちにとって、

 

両親に新しい家をプレゼントすることは、ジャパンドリームの象徴でもあるらしい。

 

 

日本なら家一軒建てるのに、最低でも一千万円は下らないが、

 

フィリピンでは日本円で200~300万円もあれば、

小さい庭付きの、平屋の広い家が建てられるようだ。

 

 

 

綺麗な新しい家を建てることは、

自分のプライドや、自慢したいということもあるだろうが、

彼女たちの、小さい頃からの夢でもあるのかもしれない…。

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ