アナタは私のフィリピンのお母さん!

 

言葉は通じなくても…

結婚の承諾をもらうために初めてフィリピンを訪問して、そこで彼女の両親と初対面した時のことは、今も鮮明に覚えている…。

 

 

見た目は怖いが、優しさがにじみ出ているお父さん、

笑顔が素敵なお母さん…。

 

なぜか、安心できるご両親…初対面なのに、昔から知っているような不思議な感覚だった。

 

 

大事な末娘の夫になる自分に対し、とても気を遣ってくれた。

食べ物は口に合うかとか、暑くて喉が乾いて飲み物が欲しくないかとか、言葉が通じなくてつまらないんじゃないか…。

 

彼女のご両親は日本語はわからないし、自分はタガログ語は簡単な言葉しかわからない。

 

それでも、優しい気持ちは十分伝わる。

 

 

 

日本で平均的な収入でも、フィリピン人から見ればお金持ち。

フィリピン人はお金目当てだから、娘の夫になる日本人に優しくするのは当たり前…

 

 

そんなうがった見方をする人も、確かにいるだろう。

 

 

 

だが、そう考えられないだけだとしたら、とても悲しいことだ…。

 

 

そんな考えの人は、まずフィリピーナと結婚しようとは思わないだろうが。

 

 

遠く離れていても…

そんな優しいご両親も、数年前にお父さんが病気で亡くなられ、今はお母さんだけになってしまった…。

 

お母さんも、もうすぐ80歳を迎える高齢。

最近は足が不自由になり、歩くのも大変な状態だという。

 

昨年、妻がフィリピンに里帰りした時の写真を見ると、以前より痩せて、おばあちゃんという感じになっていて、少しショックを受けた。

 

自分は仕事の都合もあり何年もフィリピンへ行っていないので、昔のお母さんのイメージが強く残っているだけに、年を取ったお母さんの姿は悲しくも見えた…。

 

 

 

 

アナタは私の日本の息子だよ…

 

 

そう言ってくれた心優しいフィリピンのお母さんには、まだまだ長生きしてほしい…

 

 

そんなに遠くないうちに、妻と二人でフィリピンに必ず行くので、待っていて下さい!

それまで元気でいてほしい…

 

 

毎日そう願わずにはいられない…。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ