知り合った経緯書

 

外務省に問い合わせたら…

彼女と結婚の約束を取りつけ、まずは一安心。

 

しかし、

国際結婚って一体どうすればいいのか?

 

書類は何が必要なのか、

 

どんな手順で結婚すればいいのか?

 

全くわからないことだらけじゃないか!!

 

 

 

外国人と結婚するのだから、

とりあえず外務省かな?

 

と思いつき、番号を調べて電話をしてみた…

 

 

市役所とかに電話したことはあっても、

外務省に問い合わせとかしたことはない。

 

 

『すみませんが、フィリピン人女性と結婚するのですが、必要書類や手続きの仕方を教えて頂けますか?』

 

 

そう伝えると、

担当する部署に繋いでくれ、

担当者から簡単な説明を受けた。

そして、

手続きや必要書類を記載した案内書を郵送するとの事。

 

後日、無事に外務省からの手紙が届いたのだが…。

 

知り合った経緯書って何?!

戸籍謄本、住民票は予想できたが、

勤務先からの在職証明書、

給与明細、源泉徴収なども必要との事。

そして、

フィリピン現地での結婚手続きの方法などが記載されていた。

 

 

その中で、んっ?と思うものが…。

 

 

 

二人が知り合った経緯書?

 

 

日本人同士が結婚する場合、

もちろんそんな書類は必要ない。

 

一体、

何の為にこういう書類が必要なのか…

 

 

これは、偽装結婚かどうかを調べる為に、

二人が知り合った経緯が必要なのでは…

 

と思っている。

 

 

日本で仕事がしたいフィリピン人女性に、

手っ取り早く日本に入国させる方法として、

「日本人の配偶者」

のビザを取得させるため、

全く会ったことがない日本人男性に、報酬を払い、偽装結婚させる。

そしてフィリピン人女性を日本に入国させる…

 

そんなプロモーターがいると聞いたことがあるが、おそらくそういったことの防止策ではないだろうか…。

 

ホステスではなく、ダンサー

それはともかくとして、

知り合った経緯書は、特に書式はなく、

手書きでよいというアバウトさだ…。

 

こんなところに、

思わずフィリピンらしさを感じてしまう。

 

 

ただ、

〈フィリピンパブのホステスをしていた彼女に出会って~〉

 

と、いうのは良くない…

と以前読んだ本に書いてあったので、

 

 

〈ダンサーとして興行来日していた彼女に、○年○月に○○というお店で出会い~〉

といった感じで、経緯書には書いた。

 

 

 

フィリピンパブでホステスの仕事とはいえ、

彼女らフィリピーナはそれぞれがシンガー、ダンサーという資格で興行ピザを取り、

来日しているのだから、ホステスをしていた…ではマズいだろう。

 

そう思ったからなのだが…。

 

 

 

 

また、書類のほかに、

二人で一緒に写っている写真が1枚必要なのだが、これも偽装結婚によるビザ取得の防止策では…と思われる。

 

全く会ったことがない外国人と結婚するのはおかしいし、

付き合っていたなら、二人で一緒に写真くらい撮ってあるだろう…

という事らしい。

 

 

 

結婚という初めての体験、

しかも国際結婚…。

バラ色の未来を夢見ている、わくわくした心境で準備は進んでいった。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ