ケバケバしい怪しさが、いい?!

 

国旗、ヤシの木とビーチ

日本にいながらにしてフィリピンを感じる場所と言えば…

 

真っ先にフィリピンパブを連想する人は多いだろう。

 

実際、

ヤシの木とビーチが描かれたイラストや、

フィリピンの国旗が描かれたうえに、

 

『マニラガール』

 

とか、

 

『サンパギータ』、『ピノイ』

  • サンパギータはフィリピンの国花
  • ピノイはタガログ語で、フィリピン人の意味

 

といった感じの店名が書かれた看板の、

そのケバケバしさは、

 

東南アジアの国・フィリピンをこれでもかと怪しく見せつける…。

 

 

 

そんな怪しさに拒否反応を示す人…

反対に

 

興味をそそられる人…

に別れるのではないだろうか?

 

 

普通の人は、拒否反応を示す場合が多いだろう。

 

しかし、

 

その対極にある、興味をそそられる人…

 

というのが、

フィリピン大好き、いや、

フィリピーナ大好きな、いわゆる『ピン中』の人たちだ…。

 

OPMが大好きな自分も、

もちろん″ピン中″の一人に違いない…。

 

 

そういった方々は、

フィリピンパブはもちろん、

お店の看板のデザインからもフィリピンを感じ、心は瞬時に、

南国フィリピンに飛んでしまうのである…。

 

  • 例に挙げた店名については、他意はありません。
サリサリストア

そういったフィリピンパブの近くに必ずあるのが、

フィリピンフードや雑貨、衣料品、シャンプーや石鹸など日用品を扱う、

 

 

″サリサリストア″

 

 

というフィリピン人御用達の雑貨屋だ。

 

 

食べ物、シャンプーや石鹸、衣料品などはフィリピンから輸入され、

″フィリピンの匂い″で店内は充満している。

 

 

 

そんなサリサリストアにはお客さんとして、

フィリピンパブのお姉さんたちの他に、

 

日本人と結婚しているフィリピン人女性や、

 

どこで仕事をしているのか謎?の、

フィリピン人男性など、

 

どこからともなく集まっきて、

情報交換やコミュニケーションの場として、

 

 

文字どおり、『溜まり場』と化している。

 

 

楽しむことが上手なフィリピン人

『普通の日本人』なら、

まず、そんな場所など近付きもしない。

 

が、

 

ピン中ならば、

そんなサリサリストアに抵抗なく入っていけるのである…。

 

 

窓の外から、

缶詰め食品や、ミサンガや数珠ブレスレット(木製で、小さな十字架があしらわれていたりする)などの雑貨品が見えると、

わくわくしてきてしまう。

 

 

基本的に、

オーナーであるママやマスターは、気さくで優しい人達が多い。

 

 

レストランを併設しているサリサリストアもあり、日曜日などはパーティーが催され、多くのフィリピン人で賑わうことが多い。

 

 

 

そんなパーティーに行くと、

 

フィリピン人は本当に陽気な性格で、

気の利いたジョークで人を笑わせたり、

多勢で楽しむことが好きな国民性だということを、見せつけられる…。

 

 

この空間は、まるでフィリピンだ…

と錯覚するほどだ。

 

 

そして、

楽しむことが上手なフィリピン人を、

日本人である自分は、

少し羨ましく思ったりもするのである…。

 

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ