18年が過ぎた今…

 

二人は巡り会う運命だった?!

いわゆる″じゃぱゆき″(今はあまり使われなくなった言葉だが)として、日本にフィリピンパブ嬢の出稼ぎに来ていた一人のフィリピーナとの出会いが、二人の始まりだった。

 

出会ってからしばらくして、

なぜか彼女は私のことを、

「アサワコ~」と呼ぶようになった。

 

 

フィリピーナ特有の大きな瞳がカワイイ、

ロングヘアーの似合う彼女のことは、初めは特別な感情もなかった。

 

しかし、

毎日のように「アサワコ~♪」と彼女から呼ばれているうちに、少しずつ、彼女のことが気になりだし、気がつけば好きになっていた…。

 

 

タレントはお店との6ヶ月の契約で来日する。契約が終了しフィリピンに帰国後も、

同じく6ヶ月が過ぎないと再来日ができない。

 

 

彼女もお店との契約期間の6ヶ月が終わり、フィリピンに帰国。

もう、これで彼女に再会する可能性は、

お店からのリクエスト以外あり得ない。

 

売り上げNo.1、No.2とかのタレントでなかったから、その可能性は少ない。

 

 

もう、会うこともないのか…

 

 

そう諦めかけていた時に、同じ県内のお店に来たという、彼女からの電話。

 

 

 

運命の神は、

再び二人を引き合わせてくれた!!

 

そして半年後…

 

彼女の帰国直前にプロポーズした。

 

 

彼女の涙…

彼女は、私との結婚を決意してくれた。

 

帰国した彼女の後を追うようにフィリピンへ。

 

ご両親への挨拶を済まし、

数ヶ月後、現地で結婚手続き。

日本の役所にも書類を提出し、あとは日本人の配偶者としてのビザが許可されるのを待つだけ。

 

数ヶ月後、ビザが許可され、彼女を迎えに再びフィリピンへ。

 

 

いよいよ日本へ二人で入国する日の朝、

住み慣れたフィリピンの我が家、

ご両親、

兄弟姉妹

との別れに、彼女は大粒の涙を流し、大泣きしたのだった…。

 

その涙を見て、

彼女を大事に守っていかなければ…

そう心に誓った。

 

 

いつも一人でフィリピンを往復していたのが、

彼女と二人での日本入国。

結婚できた喜びとともに、これからの生活への期待感と少しの不安を思ったあの日…。

 

 

 

 

あれから18年が過ぎた。

 

 

決して順風満帆な結婚生活ではなかった。

 

あまりにも色々な出来事がありすぎ、

波乱万丈だったと言える。

 

 

いつしか、彼女がいるのは当たり前のようにさえ感じていた。

決して、ぞんざいな態度を彼女に対し取っていたつもりはない。

 

18年の年月は、いつしか二人の間の空気さえも変えてしまったのだろうか?!

 

 

 

今、

私の隣に彼女はいない…。

 

だが、それは巷でよく聞く離婚の為の別居とか、そんな類いではない。

 

 

ここで言うには、まだ時間がほしい。

いずれ、全てをお話し出来ると思います。

 

 

今、ハッキリと言えることは、

彼女を愛している心は、変わっていない!!

新しい綺麗な家がほしい…

 

貧しいゆえに…

フィリピンから日本に、ホステスの出稼ぎに来る女の子たちは、

貧しい家庭の子が多い。

 

貧しい…と言っても、

平均的というか、国民の大多数の生活レベルではあるが…。

 

 

家に車が1台あればいいほう、

兄弟姉妹が多く、一家族が10人とかも珍しくない、

 

フィリピンで仕事があってもサラリーが安い、

 

お兄さんがトライシケルのドライバーしてるが、稼げない、

お金が無いので電気を止められたりする、

 

ご飯のおかずが、兄弟五人で魚1匹だけ、

おかずが無いので、ご飯に塩をかけて食べた、

お金がなく、学校を途中で辞めた、

 

 

 

挙げればキリがないほど、

フィリピンの貧しさは話しによく聞く。

 

 

それでも、これらはまだマシなほうだ。

 

貧困の最下層のスラム街などは、衛生的にも問題があり、

また、治安も決して良いとは言えない。

 

昼間であっても、

タクシー運転手でさえ、スラム街には近付きたくないと言うほどらしい。

 

もっとも、

スラム街の人たちが凶暴だとかではなく、

そこに集まる外部の人間が、悪いことをするのが真実らしい。

 

 

スモーキーマウンテンは無くなったが、

ごみ山から使える物を漁り、

生活の糧にしている人は無くならない。

 

 

家がなく、土管の中で寝泊まりする人もいるほどに、貧しい人々がいると思えば、

 

広い豪邸に住み、

お抱え運転手やメイドを何人も雇っている大富豪もいる。

 

 

日本以上に、フィリピンも格差社会が進んでいるようだ。

 

やっぱり新しい家!!

そんな貧困層の出身が多い出稼ぎフィリピーナだが、

 

フィリピンパブで自分を指名してくれる、

お気に入りにしてくれるお客さんを見つけ、

 

少しでも多くお金を稼ぎたいと思うのは、当然だろう。

 

お金持ちのお客さんがつけば、

多少のウソを使ってでも、お金を貰おうとするかもしれない。

 

 

「お母さんが病気で入院したから、お金が必要だけど足らなくて大変」

 

「フィリピンはあまり仕事ないから、お兄さんトライシケルのドライバー始めたいけど、お金が足らなくて助けてほしい」

 

まあ、こんな感じで親しくなったお客さんから、

お金を助けてもらおうと画策することがある訳です…。

もちろん、

彼女たちが皆、こんなことを言ってる訳ではありません。

念のため。

 

しかも、

彼女たちは毎月の稼ぎのほとんど全てを、家族に仕送りしている!!

 

 

フィリピンでは、

日本円で3万円ほど(約1万5000ペソ)もあれば、

1~2ヶ月は家族が余裕で暮らせる、といわれる。

 

 

 

そして、

1つ屋根の下で、家族と肩を寄せるように暮らしてきた彼女たちにとって、

 

両親に新しい家をプレゼントすることは、ジャパンドリームの象徴でもあるらしい。

 

 

日本なら家一軒建てるのに、最低でも一千万円は下らないが、

 

フィリピンでは日本円で200~300万円もあれば、

小さい庭付きの、平屋の広い家が建てられるようだ。

 

 

 

綺麗な新しい家を建てることは、

自分のプライドや、自慢したいということもあるだろうが、

彼女たちの、小さい頃からの夢でもあるのかもしれない…。

 

 

 

 

 

そんなフィリピンが大好き!

 

家に入ると、そこには…

近年は、経済発展が著しいフィリピンだが、

国民の1/4は、

貧困層だと言われている。

 

 

例えば、

 

日本なら子供1人に対し、

子供部屋があるのは、ほとんど当たり前。

 

しかし、

フィリピンは日本で言えば2DKに、

家族6人、7人が住んでいるのも不思議ではない。

 

子供部屋など望むべくもないが、フィリピンの子供たちは屈託がない。

 

 

少し裕福な家庭なら、

二階建ての住宅に暮らしていることも多い。

 

それでも、

圧倒的に平屋の住宅に住んでいる人は多い。

 

 

だが、そこはキレイ好きなフィリピン人。

 

部屋は狭くとも、きちんと整頓されている。

(必要なモノ以外ない、と言った方が正解かもしれない…)

 

 

また、

日本みたいに玄関が独立しておらず、

外からドアを開けたら、すぐにリビングルームになっているような造りが多い。

 

 

 

玄関入ったら、いきなりソファー、テレビが置いてあるのである!!

 

その奥が、大体キッチンになっているようだ。

 

 

妻の実家も、似たような家の造りだが、

何度か訪れているうちに、慣れてしまった…

 

と言うより、愛着が湧いてきたのである。

 

 

いつも子供たちの賑やかな声で、

時にはうるさくも感じるが、これがフィリピンなんだ…!

 

 

 

自分には、日本の他に帰る場所があるんだ!!

 

妻の実家に帰る度に、そう思えるようになってきた気がするのである…。

 

 

新しいものが大好き!

そんな住宅事情のフィリピンだが、

フィリピン人は、新しいものが大好きだ。

 

 

特に携帯電話、今ならスマホだが、

日本と同じく、1人一台は必ず持っている!

 

 

日本でもまだガラケー華やかなりし頃、

フィリピン人も必ず持っていたものだ。

 

それも、

最新機種を器用に使いこなし、頻繁にメールのやり取りをしているのである。

 

 

ろくに仕事がないようでも、携帯だけはしっかり持っているのを見て、

お金は何処から出ているのだろう?!

 

そう不思議に思ったものである。

 

 

 

Facebookやインスタグラムに写真をアップしているフィリピン人は多いが、

仕事があっても安いサラリーで、スマホの料金もバカにならないだろうに…

 

他人事ながら、つい心配してしまう。

 

 

ホントは寂しがり?!

フィリピン人は屈託がないように見えるが、

実はさみしがりやで、

人と繋がっていないとダメなのかもしれない…。

 

 

 

日本で結婚しているフィリピーナなら、

なおさらのこと。

 

Facebook、Skype…

 

 

以前なら、国際電話するにもカードを買い、

料金が気になったものだが、

今や無料電話できるようになったのだから、

変われば変わるものである。

 

 

フィリピンの家族と離れていても、

 

昔ほど、

寂しい思いをしなくても良くなった。

 

 

フィリピーナ妻を持つ者として、

喜ぶべきことではある…。

 

いよいよ結婚手続き!!

 

二人でマニラの日本大使館へ…

初めてのフィリピン訪問から約4ヶ月後、

 

ついに、

彼女との結婚のために、再びフィリピンに行く日が来た!

 

 

本来なら、初渡比から2ヶ月後には結婚手続きに入る予定だったのだが、

彼女の体調不良のために、延期していたのだった。

 

満を持しての、日本大使館行きである。

 

 

 

フィリピン人と結婚するには、

まずフィリピン国内で結婚する必要がある。

 

そして、

その結婚証明書を日本の役所に届け出て、

初めて日本でも夫婦として認められるのである。

 

 

その第一関門として、

 

『婚姻要件具備証明書』なるものを、

申請、受け取るために、

マニラにある日本大使館へ、

結婚する2人が一緒に訪れなくてはならない!

 

 

フィリピン人、日本人ともに、

 

申請の為に揃える書類がいくつかあり、

その揃えた書類を提出し、

婚姻要件具備証明書を請求する。

 

http://kawaiitsuma.com/kokusaikekkon/kokusaikekkon-4.html

 

 

日本の役所はしっかりしているから、

面倒くさいと思いながらも、書類はキチンと揃うが、

 

フィリピンの役所は仕事が遅いことで有名らしく、妻の方は大変だったようだ。

 

 

また、

在外の日本大使館というと、

態度が横柄だとか、

仕事が遅いとか、

あまり評判のいい噂を耳にしない。

 

マニラの日本大使館も、

応対は機械的な感じだった覚えはあるが、

そんなに悪い印象ではなかった。

 

ご主人と奧さま?!

申請は無事に終わったが、

翌日に発行される証明書を受け取りに、

明日再び大使館へ来なければならない。

 

 

付き添ってくれた彼女の長兄、長姉とともに、

大使館の前を歩いていると、

 

見るからに日本人とおぼしき男性が、

こちらに近づいてくる…。

 

そして、

 

「こんにちは、

ご主人、今日は婚姻証明書の申請ですか?!

奧さまも、暑い中、お疲れ様です!」

 

などと話しかけてくるではないか!

 

 

えっ?!

 

ご主人?!

奧さま?!

 

 

何ともこそばゆい響きの言葉に、

一瞬、

 

誰のこと?!

 

と考えてしまった…。

 

 

結婚するのだから、

ご主人と奧さまに間違いないのだが。

 

 

話しを聞いてみると、

結婚申請の代行サービス業者だという。

 

確かに、

『婚姻要件具備証明書』を、

大使館で受け取った後、彼女の居住地域の役所にも出向いて、結婚申請をしなければならない。

 

そして役所に掲示され、

10日間のうちに他者からの異議申し立てがなければ、晴れて結婚できる。

(これも、120日以内に結婚しなければならない、という決まりがある…)

 

 

代行業者に頼めば、役所に出向く手間が省け、楽ではある。

 

 

周囲を見ると、

大使館で見かけた何組かのカップルが、

やはり代行業者らしき男性から話しかけられていた…。

 

 

 

フィリピンで、日本人相手の商売が成り立っている、という怪しさ。

 

 

マニラ湾から吹きつける熱風、

海面に反射する、南国の眩しい太陽。

そして、

海沿いの道に植えられたヤシの木…。

 

初めて見るマニラの海辺を眺めながら、

ふと、そんなことを感じていた…。

 

 

 

 

フィリピンのご両親に会う!!

 

彼女が信用できない?!

結婚の申し出をOKしてくれた彼女が、

フィリピンへ帰国してから約3ヶ月後…。

 

ご両親に会わずして結婚する訳にはいかないだろう…

 

 

そんな自然な思いから、

結婚の挨拶を兼ねて、彼女のご両親、兄弟姉妹に会うために初めてフィリピンを訪問した。

 

 

 

実はこの時、

 

フィリピンで彼女の家族に会わないことには、結婚していいものかどうか、

まだ判断が、つきかねていた…。

 

 

日本人がフィリピーナに騙される話しは、それこそイヤになるくらい聞いていたし、

結婚の約束をしたフィリピーナを追って渡比したら、現地には夫、子供がいた…

 

そんな話しは日本では有名だ。

 

 

 

だからこそ、

現地に行って自分の目で確かめたい!

という、気持ちが強かった。

 

 

家族に会ってみて、

騙されてるようなら結婚破棄すればいい…

 

 

 

彼女と早く結婚したい!

そう強く思う毎日だったが、

冷静な気持ちは失ってはいなかったようだ。

 

言葉は通じなくても…

そして、いざフィリピンへ!!

 

初めてのフィリピン、

そして、

久し振りに彼女と会える!

 

 

冷静なようでいて、

やはり、どこか舞い上がっていたようだ。

 

マニラ空港では大変な目に遇ったりもしたが、

http://kawaiitsuma.com/philippine/philippine40.html

 

 

無事に彼女と再会することができ、

いよいよ、彼女のご両親と会うことに…。

 

 

 

優しい笑顔のお母さんと、

褐色の肌で、一見すると強面なお父さん…。

 

ご両親は日本語は全くわからず、

こっちもタガログ語は簡単な挨拶、少しの単語しかわからないため、

 

彼女と、

 

タレントとして来日経験がある、

一番上のお姉さんの二人が通訳となっての、

顔合わせとなった。

 

 

 

お父さんは寡黙な雰囲気があり、

こちらのタガログ語の不自由さもあり、

フィリピン滞在中は、

あまり話しかけることはできなかった…。

 

 

それでも、

家族みんなが何かにつけ、

 

タタイ(タガログ語で、お父さんの意味)、

タタイ、

と言って話しかけ、

 

お父さんも楽しそうに話しているのを見て、

皆から慕われている優しい人柄が伝わってきた。

 

 

ご両親には、彼女がうまく話しをしていてくれた為か、

結婚を反対されるとか、そんなこともなく、

 

また、

 

家族ぐるみで、

こちらを騙そうとしている雰囲気、

(どうやってお金を貢がせようか…?!)

というのも感じられなかったので、

 

 

彼女と結婚しても大丈夫だな…

 

そう確信でき、

結婚する最終的な決断ができた。

 

ダメなら結婚しなくてもイイ…

やはり、

現地に行き、結婚相手のご両親、兄弟姉妹、

その子供たちにも会い、

生活ぶりを見ることは大事だ。

 

 

実際に会い、話しをすることで、

言葉は全てわからずとも、

家族の印象や雰囲気から、直感的に危険な匂いのようなものは感じられるはず。

 

 

騙されてるな…

 

 

そう感じたら、

いくら彼女のことが好きで好きで一緒になりたくても、その結婚は諦めたほうがいいかもしれない。

 

 

これからフィリピーナと結婚する方は、

結婚前に必ず現地を訪れ、

彼女のご両親、兄弟姉妹に会うことを忘れないで下さい。

 

 

 

結婚する、しないは、

その後で最終決断すればいいのですから…。

 

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ