いよいよ結婚手続き!!

 

二人でマニラの日本大使館へ…

初めてのフィリピン訪問から約4ヶ月後、

 

ついに、

彼女との結婚のために、再びフィリピンに行く日が来た!

 

 

本来なら、初渡比から2ヶ月後には結婚手続きに入る予定だったのだが、

彼女の体調不良のために、延期していたのだった。

 

満を持しての、日本大使館行きである。

 

 

 

フィリピン人と結婚するには、

まずフィリピン国内で結婚する必要がある。

 

そして、

その結婚証明書を日本の役所に届け出て、

初めて日本でも夫婦として認められるのである。

 

 

その第一関門として、

 

『婚姻要件具備証明書』なるものを、

申請、受け取るために、

マニラにある日本大使館へ、

結婚する2人が一緒に訪れなくてはならない!

 

 

フィリピン人、日本人ともに、

 

申請の為に揃える書類がいくつかあり、

その揃えた書類を提出し、

婚姻要件具備証明書を請求する。

 

http://kawaiitsuma.com/kokusaikekkon/kokusaikekkon-4.html

 

 

日本の役所はしっかりしているから、

面倒くさいと思いながらも、書類はキチンと揃うが、

 

フィリピンの役所は仕事が遅いことで有名らしく、妻の方は大変だったようだ。

 

 

また、

在外の日本大使館というと、

態度が横柄だとか、

仕事が遅いとか、

あまり評判のいい噂を耳にしない。

 

マニラの日本大使館も、

応対は機械的な感じだった覚えはあるが、

そんなに悪い印象ではなかった。

 

ご主人と奧さま?!

申請は無事に終わったが、

翌日に発行される証明書を受け取りに、

明日再び大使館へ来なければならない。

 

 

付き添ってくれた彼女の長兄、長姉とともに、

大使館の前を歩いていると、

 

見るからに日本人とおぼしき男性が、

こちらに近づいてくる…。

 

そして、

 

「こんにちは、

ご主人、今日は婚姻証明書の申請ですか?!

奧さまも、暑い中、お疲れ様です!」

 

などと話しかけてくるではないか!

 

 

えっ?!

 

ご主人?!

奧さま?!

 

 

何ともこそばゆい響きの言葉に、

一瞬、

 

誰のこと?!

 

と考えてしまった…。

 

 

結婚するのだから、

ご主人と奧さまに間違いないのだが。

 

 

話しを聞いてみると、

結婚申請の代行サービス業者だという。

 

確かに、

『婚姻要件具備証明書』を、

大使館で受け取った後、彼女の居住地域の役所にも出向いて、結婚申請をしなければならない。

 

そして役所に掲示され、

10日間のうちに他者からの異議申し立てがなければ、晴れて結婚できる。

(これも、120日以内に結婚しなければならない、という決まりがある…)

 

 

代行業者に頼めば、役所に出向く手間が省け、楽ではある。

 

 

周囲を見ると、

大使館で見かけた何組かのカップルが、

やはり代行業者らしき男性から話しかけられていた…。

 

 

 

フィリピンで、日本人相手の商売が成り立っている、という怪しさ。

 

 

マニラ湾から吹きつける熱風、

海面に反射する、南国の眩しい太陽。

そして、

海沿いの道に植えられたヤシの木…。

 

初めて見るマニラの海辺を眺めながら、

ふと、そんなことを感じていた…。

 

 

 

 

フィリピンのご両親に会う!!

 

彼女が信用できない?!

結婚の申し出をOKしてくれた彼女が、

フィリピンへ帰国してから約3ヶ月後…。

 

ご両親に会わずして結婚する訳にはいかないだろう…

 

 

そんな自然な思いから、

結婚の挨拶を兼ねて、彼女のご両親、兄弟姉妹に会うために初めてフィリピンを訪問した。

 

 

 

実はこの時、

 

フィリピンで彼女の家族に会わないことには、結婚していいものかどうか、

まだ判断が、つきかねていた…。

 

 

日本人がフィリピーナに騙される話しは、それこそイヤになるくらい聞いていたし、

結婚の約束をしたフィリピーナを追って渡比したら、現地には夫、子供がいた…

 

そんな話しは日本では有名だ。

 

 

 

だからこそ、

現地に行って自分の目で確かめたい!

という、気持ちが強かった。

 

 

家族に会ってみて、

騙されてるようなら結婚破棄すればいい…

 

 

 

彼女と早く結婚したい!

そう強く思う毎日だったが、

冷静な気持ちは失ってはいなかったようだ。

 

言葉は通じなくても…

そして、いざフィリピンへ!!

 

初めてのフィリピン、

そして、

久し振りに彼女と会える!

 

 

冷静なようでいて、

やはり、どこか舞い上がっていたようだ。

 

マニラ空港では大変な目に遇ったりもしたが、

http://kawaiitsuma.com/philippine/philippine40.html

 

 

無事に彼女と再会することができ、

いよいよ、彼女のご両親と会うことに…。

 

 

 

優しい笑顔のお母さんと、

褐色の肌で、一見すると強面なお父さん…。

 

ご両親は日本語は全くわからず、

こっちもタガログ語は簡単な挨拶、少しの単語しかわからないため、

 

彼女と、

 

タレントとして来日経験がある、

一番上のお姉さんの二人が通訳となっての、

顔合わせとなった。

 

 

 

お父さんは寡黙な雰囲気があり、

こちらのタガログ語の不自由さもあり、

フィリピン滞在中は、

あまり話しかけることはできなかった…。

 

 

それでも、

家族みんなが何かにつけ、

 

タタイ(タガログ語で、お父さんの意味)、

タタイ、

と言って話しかけ、

 

お父さんも楽しそうに話しているのを見て、

皆から慕われている優しい人柄が伝わってきた。

 

 

ご両親には、彼女がうまく話しをしていてくれた為か、

結婚を反対されるとか、そんなこともなく、

 

また、

 

家族ぐるみで、

こちらを騙そうとしている雰囲気、

(どうやってお金を貢がせようか…?!)

というのも感じられなかったので、

 

 

彼女と結婚しても大丈夫だな…

 

そう確信でき、

結婚する最終的な決断ができた。

 

ダメなら結婚しなくてもイイ…

やはり、

現地に行き、結婚相手のご両親、兄弟姉妹、

その子供たちにも会い、

生活ぶりを見ることは大事だ。

 

 

実際に会い、話しをすることで、

言葉は全てわからずとも、

家族の印象や雰囲気から、直感的に危険な匂いのようなものは感じられるはず。

 

 

騙されてるな…

 

 

そう感じたら、

いくら彼女のことが好きで好きで一緒になりたくても、その結婚は諦めたほうがいいかもしれない。

 

 

これからフィリピーナと結婚する方は、

結婚前に必ず現地を訪れ、

彼女のご両親、兄弟姉妹に会うことを忘れないで下さい。

 

 

 

結婚する、しないは、

その後で最終決断すればいいのですから…。

 

 

フィリピン人は韓流好き?!

 

 

韓流ドラマが好き!

日本では韓流というと、かなり昔に過ぎ去ったブームだろう。

「冬のソナタ」が日本で大ヒットしたのが、

もう15年くらい前。

 

その後も、

様々な韓流ドラマが日本では放送されたが、知らないうちにブームは終わっていた…そんな感じだ。

 

 

以前ほど日本人は韓流ドラマに夢中になることはなくなったが、

フィリピンでは、相変わらず人気が高い。

 

結婚手続きの時か、

その後の渡比の時か、はっきりとしないが、

 

 

日本で放送する前の「冬のソナタ」が、

「エンドレス・ラブ」なるタイトルでフィリピンではTV放送されていたくらいだから…。

https://youtu.be/0RFHZQqNg3Q

 

 

フィリピン人は韓流が大好きらしい!

 

 

 

奇想天外、予測不能なストーリー、

 

悲劇に見舞われながらも生きていく主人公…

やっと掴んだかに思えた幸せ。

しかし、予想だにしない出来事が、主人公を更なる悲劇へ落としていく…

 

 

韓流ドラマは、こんな感じでストーリーが読めてしまうのだが、

それが面白いというか、なぜかハマってしまう…。

 

 

冬のソナタは、

私も毎週見てしまいましたから…。

 

フィリピン人が韓流ドラマ好きなのも、

理解できます…(^-^;

 

 

K-POPが大好き!

フィリピン人の韓流好きは、ドラマだけに収まりません。

 

もちろん、K-POP も大好き!

 

韓国人は、日本人に比べて英語が話せるため、

英語で歌えます。

美男美女が多く、そして、ダンスも上手い。

 

 

フィリピン人は、男も女もダンスが大好き。

即興でも踊れるほど、これは天性としか思えない。

 

 

その為、

やはり踊れる曲に人気が集まるようだ。

 

 

K-POPの、

軽快で、少し激しい感じの踊りが、

フィリピン人の心を虜にさせてしまうのだろうか…。

 

そして何よりも、

皆で楽しく踊れるのが一番!!

それが、好まれる原因かもしれない。

 

 

 

今なら(2018年)、

女性9人組の、MOMOLANDが一番人気のようだ。

確かに、

彼女たちのダンスは、見ている者を虜にさせてしまう何かがある。

 

 

様々な人が彼女たちのダンスをカバーして、

YouTubeに投稿している。

 

 

 

MOMOLAND人気、恐るべしである。

 

 

 

一番ハマっているのは、

他ならぬ自分かもしれない…( ̄▽ ̄;)

 

 

「じゃぱゆき」になった理由とは…

フィリピーナは働き者

妻と出会ったのは、

当時勤めていたフィリピンパブ。

 

フィリピンは富裕層と貧困層の格差が激しい。

国民の 1/4 は貧困である…とも言われる。

 

妻も、

「ワタシの家、ビンボーだったから、家族のオカズが魚一匹だけとか、

オカズないときは、ゴハンに塩かけて食べてたよ…」

と言っていた。

 

だが、当時としては平均的なほうだったのかもしれない。

 

 

そして、

それに追い打ちをかけるように、

フィリピンでは、仕事になかなか就けない!

 

 

仕事があっても、サラリーが安い。

 

いい歳の男たちが、仕事がないため、

昼間からタムロしてビールを飲んで笑いながら話している光景は、

 

日本人から見れば、

 

 

なんだかなぁ~

 

 

と言う感じだ。

 

 

しかも、彼らに危機感が感じられないのが、

何ともフィリピンらしいというか…。

 

楽天的、南国気質というところなのだろうか?!

 

 

フィリピン人の男がこんか感じだから、

(全てのフィリピン人の男がこんな状態でないのは、彼らの名誉の為にも強調します!!)

 

 

 

女性が仕事に出るしかない!

 

フィリピンは出稼ぎにより外貨を獲得し、発展してきた国。

 

マレーシア、シンガポール、香港などの他、

アメリカやドバイ、アフリカ…世界中に出稼ぎに出る。

 

女性なら、メイド。

男性なら現場作業などが、主なようだ。

 

 

確かに、

人懐っこくユーモアがあり、コミュニケーション能力にも長けているフィリピン人は、

 

どこに行っても順応し、上手く生活していけるようである。

 

ワタシも日本に行きたい!

フィリピーナというと、やはりフィリピンパブを連想してしまうのだが、

 

妻の一番上のお姉さんは、

タレントとして日本に何度か来た経験がある。

 

 

その為、今でも日本語が出来るので、

フィリピンに行った時は、非常に助かる。

 

 

そんなお姉さんが、

日本で仕事をしたお金をフィリピンに送り、

そのお金で段々とフィリピンの家が大きく、

そして、立派になっていった…らしい。

 

 

 

その様子を子供心に見ていた妻は、

 

 

 

ワタシも日本で仕事をして、

いっぱいお金を稼ぎたい!

 

そう思ったそうである。

 

 

勿論、

両親や兄弟、姉たちの生活を助けたい!!

 

そんな純粋な気持ちが、

日本に行く動機になっただろう。

 

 

 

が…

動機は、もうひとつ。

 

 

お姉さんが日本から帰る度に、

ネックレスや指輪などのアクセサリーをお土産に貰っていて、

 

 

 

もっとアクセサリーが欲しい!

 

 

 

そんな乙女チックな思いが、妻にとっては、

 

「じゃぱゆき」

 

になるのに十分な、

1つの理由になったらしい…。

 

 

 

 

彼女と結婚の約束

 

 

好きになったら一直線

日本人の男性と女性が結婚する場合は、何年か交際してみて、お互いが

 

”この人となら一生暮らしていける!”

 

と確信が持ててから、結婚に踏み切るのが普通だろう。

それは、フィリピン人同士でも同じだと思う。

 

 

だが自分の場合は、知り合って2年近くになるとはいえ、

ミキがタレントとして働いてるお店に、

毎週日曜日には必ず同伴で顔を出し、2時間いて帰る…

 

そんな繰り返し。

 

 

とても付き合っているとは言えない状況だった。

 

 

 

それでも、

好きになってしまうとは恐ろしいことだ…。

 

 

彼女のフィリピンの家族のこと、

これまでの生い立ちなど、

大事なことを、ほとんど詳しく知らない。

 

 

また、

夫になろうかという、こちらの生い立ちなど、

 

彼女は全くと言っていいほど知らない!

 

 

 

ただ、

『結婚したい!!』

 

 

 

そんな思いが日に日に強くなり、

彼女の6ヶ月の契約期間が終わる1ヶ月くらい前に、

ついに意を決して、結婚を申し込んでしまった!

 

 

 

フィリピーナと結婚する日本人男性は、

こんな感じで、交際期間の短い人が多いらしい…。

 

結婚してもイイヨ!

実は、

ミキは半年後に再来日して働く次のお店が、ほぼ決まっていた。

 

隣県の某市にあり、距離的には少し遠いが、

無理をすれば行けないこともない…。

 

 

次のお店にも来てくれる?

 

彼女にそう言われ、最初は、

 

うん、行くよ…

 

と答えていたが、彼女に会うためとはいえ、

毎週片道100㎞近くを通うなんて、いつまで続けられるかわからない…。

 

 

 

そのうちにお店に行かなくなり、

彼女には永遠に会えなくなってしまうかもしれない!

 

 

そんな不安に襲われ、ミキに結婚を申し込んだのだった…。

 

 

 

彼女はフィリピンの家族の稼ぎ頭だったから、真剣に考えただろう。

両親、お兄さん、お姉さんは、最初は結婚に反対だったらしい…。

 

 

 

彼女も悩んだに違いない。

 

 

それでも後日、

結婚してもイイヨ…と言ってくれた。

 

 

 

今振り返ると、

当時はとにかく彼女と早く結婚したかった。

フィリピンの家族のことは、あまり深く考えていなかった…。

 

 

 

そんな独りよがりな、

身勝手な結婚の申し込みを受け入れてくれた彼女に、

今は感謝してもしきれない。

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ