白いウエディングドレス

結婚式

動画は、

フィリピンで Singing Police woman として一躍有名になった、

Jackyさんの結婚式の様子 。

 

 

 

世の女性ならば、結婚式の白いウエディングドレスに憧れると思う。

 

「ワタシ、大きくなったらお嫁さんになるの!」

 

TVなどで、幼稚園の小さい女の子が将来の夢を聞かれ、

こんな言葉を口にしているのを、皆さんも見たことがあるだろうが、

 

 

”お嫁さん”

というのは、女の子にとっては永遠の夢なのだろう。

 

”白馬に乗った王子様が迎えに来てくれる…”

というのも、これに近いだろう。

 

シンデレラなども、そうかもしれない。

 

 

そして、

男にとっては、それほど結婚式に固執しない向きもあるが、

女性にしてみれば、

裾の長い純白のウエディングドレスを着て、

バージンロードを歩くことは、小さい頃からの憧れなのかもしれない…。

 

 

誰が言ったか忘れたが、

 

人間が主役になるのは、

 

生まれた時、

結婚式、

そして葬式の時。

 

らしい…。

 

生まれた時のことは覚えてないし、

死んだ時のことは、全く想像もつかない。

 

 

人生のうちで一番美しい時に、皆から結婚を祝福されたい!

 

その気持ちは、十分にわかる。

 

 

全ての女性は、ロマンチストなのである。

 

夢見るフィリピーナ

私は国際結婚をしているが、

フィリピンで盛大な結婚式を挙げたわけではない。

 

一応はフィリピンの正装である、バロンタガログを着用し、

妻は、白いドレス(ウエディングドレスではない)を着て、

簡単な式をしただけである。

 

 

「国際結婚だから、派手な式を挙げたんでしょう?」

 

などと聞かれたりするが、

どうも国際結婚というのは、派手なイメージが先行しがちなようである。

 

 

 

さて…。

 

 

結婚当時は何も言わなかった妻だが、

最近になり時々、

 

「アサワコ、

アコ、フィリピンでウエディングドレスを着て、

結婚式をしたい!」

 

とか、

 

「親戚、トモダチ呼んで、結婚パーティーもしたい…」

などと言うようになった。

 

 

”やっぱり、

ウエディングドレスを着て結婚式を挙げたいんだな…”

 

口には出さなくとも、

いろいろ我慢してきたのはわかっていたつもりだった。

 

 

彼女も、

心の中は、夢見る乙女なのである。

 

18年も離れずに付いてきてくれた彼女の願い、

叶えてあげたいが、果たしていつになるやら…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ