カオスなフィリピン?!

ここは一体…?!

フィリピンパブのスタッフをしていた、

20代後半の時、

 

タレントとして働きに来ていた、

フィリピーナの彼女を好きになり、

 

結婚する為に、

1999年に初めてフィリピンを訪問。

 

危うく、

フィリピンに入国できない?!

 

そんなトラブルもあった、

 

記念すべき初訪問のフィリピンだったが、

 

マニラ空港の外に出た時の、

 

もわっ!とした熱風、

じっとしていても、

汗が吹き出てくる熱気、

そして、

喉の渇きを覚えるくらいの、

 

強い陽射し…。

 

 

しかし…

 

それは序章に過ぎず、

 

 

空港の外に鈴なりになっていた、

 

出迎えに来ている、

フィリピンの人たちを目の前にした時─

 

 

ここは一体?!

 

 

まるで、

 

異次元に来てしまったのか?!

 

 

一瞬、

 

そう錯覚するほどの衝撃だった。

 

 

こちらを見て、

思い思いに何か叫んでいるが、

タガログ語の為、

何を言っているのかわからない。

 

そして、

近くを通る車の、

けたたましいクラクション。

 

それらを誘導する警備員の笛の音と、

車のエンジン音。

 

排気ガスの、むせるような匂い。

 

 

それらが入り交じり、

何事かと思うような喧騒に、

辺りは包まれていた。

 

無事に彼女と再会を果たし、

彼女の実家に向かったが、

 

マニラ市街地の渋滞は、

聞いていた以上だった。

 

 

日本では、

秩序ある道路交通が成立しているが、

 

前の車とぶつかるくらいの車間距離、

渋滞でも少しの隙間があれば、

クラクションを鳴らしながら、

我先にと割り込むのは当たり前、

 

それをジグザグに繰り返しながら、

前に進んでいく。

 

その間を、

 

バナナ売り、お菓子売り、

タバコ売りなどの、

荷物を抱えた行商人が通るなど、

 

日本ではまず見られない、

フィリピン独特の光景があった。

 

さらにカオスに…?!

 

そんな20年近くも前の、

フィリピン初訪問の記憶が、

今も鮮明に残っているのだが、

 

今回、

数年振りに渡比。

 

私がフィリピンに行かない間の、

経済発展振りは耳にしていたが、

 

果たしてどんなものなのか?!

 

そんな興味が頭から離れず、

 

行く前から、

 

まるで、

 

初めてフィリピンに行くかのような、

そんなドキドキ感を覚えた。

 

 

久し振りに味わう、

マニラ空港の外の喧騒振りは、

 

相変わらずだな…

 

という思いと、

 

″やっと帰ってきた!!

 

という、

懐かしい気持ちが入り交じっていた。

 

 

しかし…

 

マニラの渋滞は、

 

予想以上の酷さだった。

 

 

経済発展により、

車の所有率が上がったようで、

しかも、

綺麗な車が多い。

 

フィリピン名物ともいえる、

アルミの車体のジプニーが、

みすぼらしく見えてしまうほどだ。

 

 

また、

 

交通渋滞でも、

″車の隙間を縫うように″

動けることから、

 

バイク(原付)の所有率も高くなり、

5,6台のバイクが連なって走っているのも、

当たり前の光景であった。

 

これなどは

バイクを購入できるほどの、

所得を得る人が以前より増えた…

という、

経済発展の恩恵だろう。

 

 

それにしても…

 

 

少しでも隙あらば、

車はクラクションを鳴らしながら割り込み、

 

そんな車が、

渋滞で動けない横や前を、

 

コマネズミのように、

バイクが動き回りながら進んでいく…

 

 

無秩序ともいえる光景を目の当たりにし、

 

日本人は、

マニラでは車の運転できないな…

 

改めてそう感じた、

フィリピンの道路事情だった。

 


 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ