ジプニーとトライシケル

 

 

日本人には珍しい乗り物

フィリピンと言うとジプニーが有名だが、

トライシケルも庶民の足として、広く利用されている。

 

フィリピンのサイドカーと言った方が分かりやすいかもしれない。

 

 

ちょっとそこまで買い物に…といった時にも、

タクシー代わりに気軽に利用できる、便利な乗り物だ。

 

 

 

バイクの横に付いている箱みたいな物の中に座席があるが、

大人二人が座れるくらいの広さ。

 

乗り心地は、お世辞にも快適とは言い難い…。

 

 

それでも、

普通の車と違い、風を感じながら街中を走るのは、

 

フィリピンに来たんだなぁ~(^^♪

 

と思うのには十分だ。

 

ジプニーに乗るのは難しい?!

 

ジプニーの座席はこんな感じになっている。

対面式に座るのだが、以外と天井が低く、

腰を屈める感じで乗るようだ。

 

 

庶民の足と言われるだけあり、

きらびやかに外装を施したジプニーは、

大音量で音楽を流しながら、独特のエンジン音を立てて、ひっきりなしに走っている。

 

 

まるでデコトラのように、派手に外装に凝っているジプニーは、見ているだけでも楽しい!

派手な文字が書いてあったり、思い思いにイラストが描かれていたる。

 

ドアにキリストの肖像画や、自分の子供の顔だったりが大きく描かれ、

オーナー(ドライバー)の好みか表れていて、なかなか見応えがある。

 

 

 

広そうで意外と狭い車内は、これでもかとギュウギュウにすし詰め状態になるのは日常茶飯事、

後ろの降り口の手すりに何人もつかまって乗っているのも、よく目にする光景だ。

子供の頃から慣れているフィリピン人だからこそ出来る乗り方で、日本人には真似できないだろう…。

 

 

乗り方、降り方、お金の払い方お釣りの受け取り方など、最初は少し難しそうな感じがする。

慣れるまでには、時間がかかりそうに思えた。

 

 

それでも、フィリピンに行ったらぜひ、一度は乗ってみることをお勧めしたい。

 

フィリピンの庶民の気分を感じられると思う…。

 

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ