Anak!!!

 

 

フィリピン人は、凄い…!!

さて…

 

世の中には様々な分野で、他人より能力が抜きん出ていて、その実力をいかんなく発揮する人がいる。

 

いや、

能力は平凡でも、努力でその分野のトップになる…と言ったほうがいいかもしれない。

 

外国語を現地の人のように、流暢に話すなどは、その典型かもしれない。

 

 

 

日本人は、

中学、高校と6年間も英語を勉強するのに、

英語が喋れない…

これは、今や世界では、よく知られているらしい。

 

 

そんな日本人の中にも、

英語をネイティブ並みに流暢に話せる人は、

一定数は存在する。

 

しかも、

海外留学することもなく、独学で英語を身に付けた、

そんな強者の日本人もいる。

 

 

 

 

一方、フィリピン人はというと…

 

 

母国語のタガログ語、

第2言語とも言える英語を話し、

 

さらに、

日本人の旦那さんと結婚して、日本に暮らしているフィリピーナは、日本語も話せる…。

 

いやはや、

フィリピン人の、言語習得能力の高さには、全く驚かされる。

 

 

そんなフィリピン女性と国際結婚した私は、

すっかりフィリピンの魅力の虜になり、

タガログ語にも興味があるが、

 

中でも、

OPMと呼ばれる、タガログソングに非常に興味がそそられるのである。

 

 

哀愁漂うメロディ…?!

初めて聴いたタガログソング(OPM)が、

そんな哀愁を帯びた曲だったのかもしれない…

 

どの曲を一番最初に聴いたのかは、はっきり覚えてはいない。

 

が、Anak という曲が、

私が小学校だった頃に、

加藤登紀子や杉田二郎などが、日本語でカバーして歌っていたと記憶している。

おそらく、

私が最も遠い昔に、初めて聴いたフィリピンの曲に違いない。

 

anakとは、息子という意味である。

 

 

息子を思う両親の気持ちを歌い上げた曲だが、

メロディも歌詞も、

何とも物悲しいのである…。

私が知る限り、

最も物悲しい、涙を誘うOPMだろう。

 

 

 

日本語訳の歌詞にすると、さらに悲しみが増してくる。

 

 

生まれた時は皆から祝福され、

お前の為に、母さんはミルクを嬉しそうに準備したものだ…

 

あんなに可愛かったお前は、

思春期になると、親に反抗し、

自由になりたい!!と言い出し、

私たちを困らせた…

 

 

そして、

お前は家を出ていき、

今はどこで何をしているのか?!

 

私も母さんも、とても心配している…

 

 

 

 

ざっくり言うと、こんな感じになるのだが…

 

 

涙なしでは、聴くことが出来ない曲です。

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ