フィリピンのご両親に会う!!

 

彼女が信用できない?!

結婚の申し出をOKしてくれた彼女が、

フィリピンへ帰国してから約3ヶ月後…。

 

ご両親に会わずして結婚する訳にはいかないだろう…

 

 

そんな自然な思いから、

結婚の挨拶を兼ねて、彼女のご両親、兄弟姉妹に会うために初めてフィリピンを訪問した。

 

 

 

実はこの時、

 

フィリピンで彼女の家族に会わないことには、結婚していいものかどうか、

まだ判断が、つきかねていた…。

 

 

日本人がフィリピーナに騙される話しは、それこそイヤになるくらい聞いていたし、

結婚の約束をしたフィリピーナを追って渡比したら、現地には夫、子供がいた…

 

そんな話しは日本では有名だ。

 

 

 

だからこそ、

現地に行って自分の目で確かめたい!

という、気持ちが強かった。

 

 

家族に会ってみて、

騙されてるようなら結婚破棄すればいい…

 

 

 

彼女と早く結婚したい!

そう強く思う毎日だったが、

冷静な気持ちは失ってはいなかったようだ。

 

言葉は通じなくても…

そして、いざフィリピンへ!!

 

初めてのフィリピン、

そして、

久し振りに彼女と会える!

 

 

冷静なようでいて、

やはり、どこか舞い上がっていたようだ。

 

マニラ空港では大変な目に遇ったりもしたが、

http://kawaiitsuma.com/philippine/philippine40.html

 

 

無事に彼女と再会することができ、

いよいよ、彼女のご両親と会うことに…。

 

 

 

優しい笑顔のお母さんと、

褐色の肌で、一見すると強面なお父さん…。

 

ご両親は日本語は全くわからず、

こっちもタガログ語は簡単な挨拶、少しの単語しかわからないため、

 

彼女と、

 

タレントとして来日経験がある、

一番上のお姉さんの二人が通訳となっての、

顔合わせとなった。

 

 

 

お父さんは寡黙な雰囲気があり、

こちらのタガログ語の不自由さもあり、

フィリピン滞在中は、

あまり話しかけることはできなかった…。

 

 

それでも、

家族みんなが何かにつけ、

 

タタイ(タガログ語で、お父さんの意味)、

タタイ、

と言って話しかけ、

 

お父さんも楽しそうに話しているのを見て、

皆から慕われている優しい人柄が伝わってきた。

 

 

ご両親には、彼女がうまく話しをしていてくれた為か、

結婚を反対されるとか、そんなこともなく、

 

また、

 

家族ぐるみで、

こちらを騙そうとしている雰囲気、

(どうやってお金を貢がせようか…?!)

というのも感じられなかったので、

 

 

彼女と結婚しても大丈夫だな…

 

そう確信でき、

結婚する最終的な決断ができた。

 

ダメなら結婚しなくてもイイ…

やはり、

現地に行き、結婚相手のご両親、兄弟姉妹、

その子供たちにも会い、

生活ぶりを見ることは大事だ。

 

 

実際に会い、話しをすることで、

言葉は全てわからずとも、

家族の印象や雰囲気から、直感的に危険な匂いのようなものは感じられるはず。

 

 

騙されてるな…

 

 

そう感じたら、

いくら彼女のことが好きで好きで一緒になりたくても、その結婚は諦めたほうがいいかもしれない。

 

 

これからフィリピーナと結婚する方は、

結婚前に必ず現地を訪れ、

彼女のご両親、兄弟姉妹に会うことを忘れないで下さい。

 

 

 

結婚する、しないは、

その後で最終決断すればいいのですから…。

 

 

アサワコと呼ばれ…

コヤって…誰のこと?!

毎日フィリピーナの彼女たちと顔を合わせ、段々言葉を交わすようになると、もっと仲良くなりたい!と思うようになった。

 

 

彼女たちはお店でも、スタッフやお客さんに接する以外はタガログ語を話す。

 

タレント同士の会話はタガログ語なので、何を言っているのかわからない。

だから、彼女たちもそれをいい事に、営業中にお客のテーブルについていない時は、ウエイティングシートに座り、仲間のタレントと雑談となったりする…。

 

 

 

厨房兼ホール係だったので、オーダーがない時はホールにいるのだが、タレントの女の子から

「スミマセ~ン、コヤ~(お兄さ~ん)」と呼ばれても、

 

 

 

コヤって誰のこと???

 

というくらいに、タガログ語の知識は全く無かった。

 

 

これではイケナイ…と思い、簡単な単語から覚えよう、とお店の男性フィリピン人スタッフやタレントの女の子たちからタガログ語を教えてもらったりして、

 

 

ありがとう=サラマット  ちょっと待って=サンダリ  私=アコ  あなた=イカウ  愛してます=マハルキタ

元気=マブーテ  元気じゃない=ヒンディマブーテ  綺麗=マガンダ

暑い=マイーニット  寒い=マギナウ  上手(歌とかが)=マガリン

1、2、3…(数字の数え方)=イサ、ダラワ、タトロ…

 

こんな感じで少しずつ覚えていき、使うようにしていった。

 

 

 

簡単なタガログ語でも、それらを話していくうちに、

「あ、この人は少しタガログ語がわかる?…」

と彼女たちが反応してくれて、それが楽しくてどんどん覚えていった。

 

 

同時に、タレントの女の子たちとの距離も近くなっていった…。

 

 

アサワコ~

そんな彼女たちの中に、背が高くてロングヘアー、目がパッチリしていて、少し控えめにしている女の子がいた。

 

 

初めはお店にいる20数名のタレントの1人くらいにしか見ていなかったが、

リクエストでお客さんの席についている時も、

オーダー注文で彼女に呼ばれることが、他の女の子より多い。

 

そんな彼女のことが少し気のなり始めていたある日、

 

 

同じようにオーダー注文でテーブルに呼ばれ、わかりました、と返事をすると彼女が笑いながら一言、

 

「アサワコ~、オネガイシマス…」

と言うではないか!

 

 

アサワコ=私の夫(妻)  結婚したフィリピーナが自分の夫を呼ぶ時によく使う言葉

 

 

その時は、アサワコの意味はもう知っていたので、お客さんと一緒に冗談で少しからかったのかな…

くらいにしか思わなかった。

 

 

しかし、それ以降、お店の営業時間以外でも、なぜか彼女は自分に対し、

「アサワコ~」と呼ぶようになる…。

 

 

 

 

言葉の力は恐ろしい…。

アサワコ、アサワコと当たり前のように呼ばれていくうちに、少しずつ彼女に気持ちが傾いていった。

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ