大家族がイイ?!

 

子供は5人

「日本人の配偶者等としての在留資格」

を得た妻を、

フィリピンに迎えに行ったその帰り、

つまり二人で日本に入国する日の朝に妻が大泣きしたのと同じ日、

 

マニラ空港に向かう途中か、

飛行機の中だったかの覚えがあやふやなのだが、彼女が突然、

 

 

 

「アサワコ、2人の子供、5人ね!!

アコ、子供大好きダカラ…」

 

といきなり言い出したのである!

 

 

彼女自身、7人兄弟姉の末っ子ということで、

やはり、家族は多いほうが良いということを、

幼い頃から感じていたのだろう…。

 

 

しかし、

 

 

 

 

今の日本で、子供が5人もいる家庭は珍しい。

それこそ、大家族としてTVに出られそうである。

 

「アサワ~、ワカッタ?!ハ!」

 

そう畳み掛けてくる彼女。

 

 

『子供5人もいたら、学校に通うようになったら一体どれくらいお金がかかるんだ?!』

 

 

 

そんな稼ぎが、この俺に出来るのか…。

 

 

今思えば、

この時の弱気が、その後の波乱万丈の結婚生活を招いてしまったのかもしれない。

 

 

「オォ、ワカッタよ!!」

 

そう答えたものの、仕方なしの返事だった…。

 

 

 

3年目に…

当初は、アパートで2人だけの甘い結婚生活が始まった。

いきなり自分の母親、彼女にとっては姑にあたる人との同居生活は無理だろう…と思ったからだ。

 

日本人同士でさえ、嫁姑の間は良いものではないのに、外国人となると全くどうなるのか予測不能状態。

 

 

それでも、そう遠くない場所に住む姑のところに頻繁に行ってるうちに、かなり打ち解けたらしく、

 

「お母サン、1人で住むカワイソウ。

アコ、一緒に住むヨ…」

 

自分からそう言い出し、2人だけのアパート生活は数ヵ月で終わり、

私、私の母親(姑)、彼女、の3人での生活が始まった。

 

 

 

この時、

自分は何となくまだ、アパートで2人で生活していたほうが良いのでは…?!

 

そう感じていた。

 

 

自分の独立心が、親と一緒に住むことで実家に甘えてしまうのではないか?!

そんな不安が絶対に無い!

と言い切れなかったからなのだが…。

 

 

この時の決断が、その後の結婚生活を決める、

最初のターニングポイントだったかもしれない。

 

 

 

人生に、もし…というのはないが、

この時まだアパートに留まっていれば、全く別の結婚生活になっていたに違いない。

 

 

 

そして、それから3年後のある日…

 

18年が過ぎた今…

 

二人は巡り会う運命だった?!

いわゆる″じゃぱゆき″(今はあまり使われなくなった言葉だが)として、日本にフィリピンパブ嬢の出稼ぎに来ていた一人のフィリピーナとの出会いが、二人の始まりだった。

 

出会ってからしばらくして、

なぜか彼女は私のことを、

「アサワコ~」と呼ぶようになった。

 

 

フィリピーナ特有の大きな瞳がカワイイ、

ロングヘアーの似合う彼女のことは、初めは特別な感情もなかった。

 

しかし、

毎日のように「アサワコ~♪」と彼女から呼ばれているうちに、少しずつ、彼女のことが気になりだし、気がつけば好きになっていた…。

 

 

タレントはお店との6ヶ月の契約で来日する。契約が終了しフィリピンに帰国後も、

同じく6ヶ月が過ぎないと再来日ができない。

 

 

彼女もお店との契約期間の6ヶ月が終わり、フィリピンに帰国。

もう、これで彼女に再会する可能性は、

お店からのリクエスト以外あり得ない。

 

売り上げNo.1、No.2とかのタレントでなかったから、その可能性は少ない。

 

 

もう、会うこともないのか…

 

 

そう諦めかけていた時に、同じ県内のお店に来たという、彼女からの電話。

 

 

 

運命の神は、

再び二人を引き合わせてくれた!!

 

そして半年後…

 

彼女の帰国直前にプロポーズした。

 

 

彼女の涙…

彼女は、私との結婚を決意してくれた。

 

帰国した彼女の後を追うようにフィリピンへ。

 

ご両親への挨拶を済まし、

数ヶ月後、現地で結婚手続き。

日本の役所にも書類を提出し、あとは日本人の配偶者としてのビザが許可されるのを待つだけ。

 

数ヶ月後、ビザが許可され、彼女を迎えに再びフィリピンへ。

 

 

いよいよ日本へ二人で入国する日の朝、

住み慣れたフィリピンの我が家、

ご両親、

兄弟姉妹

との別れに、彼女は大粒の涙を流し、大泣きしたのだった…。

 

その涙を見て、

彼女を大事に守っていかなければ…

そう心に誓った。

 

 

いつも一人でフィリピンを往復していたのが、

彼女と二人での日本入国。

結婚できた喜びとともに、これからの生活への期待感と少しの不安を思ったあの日…。

 

 

 

 

あれから18年が過ぎた。

 

 

決して順風満帆な結婚生活ではなかった。

 

あまりにも色々な出来事がありすぎ、

波乱万丈だったと言える。

 

 

いつしか、彼女がいるのは当たり前のようにさえ感じていた。

決して、ぞんざいな態度を彼女に対し取っていたつもりはない。

 

18年の年月は、いつしか二人の間の空気さえも変えてしまったのだろうか?!

 

 

 

今、

私の隣に彼女はいない…。

 

だが、それは巷でよく聞く離婚の為の別居とか、そんな類いではない。

 

 

ここで言うには、まだ時間がほしい。

いずれ、全てをお話し出来ると思います。

 

 

今、ハッキリと言えることは、

彼女を愛している心は、変わっていない!!

フィリピンのご両親に会う!!

 

彼女が信用できない?!

結婚の申し出をOKしてくれた彼女が、

フィリピンへ帰国してから約3ヶ月後…。

 

ご両親に会わずして結婚する訳にはいかないだろう…

 

 

そんな自然な思いから、

結婚の挨拶を兼ねて、彼女のご両親、兄弟姉妹に会うために初めてフィリピンを訪問した。

 

 

 

実はこの時、

 

フィリピンで彼女の家族に会わないことには、結婚していいものかどうか、

まだ判断が、つきかねていた…。

 

 

日本人がフィリピーナに騙される話しは、それこそイヤになるくらい聞いていたし、

結婚の約束をしたフィリピーナを追って渡比したら、現地には夫、子供がいた…

 

そんな話しは日本では有名だ。

 

 

 

だからこそ、

現地に行って自分の目で確かめたい!

という、気持ちが強かった。

 

 

家族に会ってみて、

騙されてるようなら結婚破棄すればいい…

 

 

 

彼女と早く結婚したい!

そう強く思う毎日だったが、

冷静な気持ちは失ってはいなかったようだ。

 

言葉は通じなくても…

そして、いざフィリピンへ!!

 

初めてのフィリピン、

そして、

久し振りに彼女と会える!

 

 

冷静なようでいて、

やはり、どこか舞い上がっていたようだ。

 

マニラ空港では大変な目に遇ったりもしたが、

http://kawaiitsuma.com/philippine/philippine40.html

 

 

無事に彼女と再会することができ、

いよいよ、彼女のご両親と会うことに…。

 

 

 

優しい笑顔のお母さんと、

褐色の肌で、一見すると強面なお父さん…。

 

ご両親は日本語は全くわからず、

こっちもタガログ語は簡単な挨拶、少しの単語しかわからないため、

 

彼女と、

 

タレントとして来日経験がある、

一番上のお姉さんの二人が通訳となっての、

顔合わせとなった。

 

 

 

お父さんは寡黙な雰囲気があり、

こちらのタガログ語の不自由さもあり、

フィリピン滞在中は、

あまり話しかけることはできなかった…。

 

 

それでも、

家族みんなが何かにつけ、

 

タタイ(タガログ語で、お父さんの意味)、

タタイ、

と言って話しかけ、

 

お父さんも楽しそうに話しているのを見て、

皆から慕われている優しい人柄が伝わってきた。

 

 

ご両親には、彼女がうまく話しをしていてくれた為か、

結婚を反対されるとか、そんなこともなく、

 

また、

 

家族ぐるみで、

こちらを騙そうとしている雰囲気、

(どうやってお金を貢がせようか…?!)

というのも感じられなかったので、

 

 

彼女と結婚しても大丈夫だな…

 

そう確信でき、

結婚する最終的な決断ができた。

 

ダメなら結婚しなくてもイイ…

やはり、

現地に行き、結婚相手のご両親、兄弟姉妹、

その子供たちにも会い、

生活ぶりを見ることは大事だ。

 

 

実際に会い、話しをすることで、

言葉は全てわからずとも、

家族の印象や雰囲気から、直感的に危険な匂いのようなものは感じられるはず。

 

 

騙されてるな…

 

 

そう感じたら、

いくら彼女のことが好きで好きで一緒になりたくても、その結婚は諦めたほうがいいかもしれない。

 

 

これからフィリピーナと結婚する方は、

結婚前に必ず現地を訪れ、

彼女のご両親、兄弟姉妹に会うことを忘れないで下さい。

 

 

 

結婚する、しないは、

その後で最終決断すればいいのですから…。

 

 

「じゃぱゆき」になった理由とは…

フィリピーナは働き者

妻と出会ったのは、

当時勤めていたフィリピンパブ。

 

フィリピンは富裕層と貧困層の格差が激しい。

国民の 1/4 は貧困である…とも言われる。

 

妻も、

「ワタシの家、ビンボーだったから、家族のオカズが魚一匹だけとか、

オカズないときは、ゴハンに塩かけて食べてたよ…」

と言っていた。

 

だが、当時としては平均的なほうだったのかもしれない。

 

 

そして、

それに追い打ちをかけるように、

フィリピンでは、仕事になかなか就けない!

 

 

仕事があっても、サラリーが安い。

 

いい歳の男たちが、仕事がないため、

昼間からタムロしてビールを飲んで笑いながら話している光景は、

 

日本人から見れば、

 

 

なんだかなぁ~

 

 

と言う感じだ。

 

 

しかも、彼らに危機感が感じられないのが、

何ともフィリピンらしいというか…。

 

楽天的、南国気質というところなのだろうか?!

 

 

フィリピン人の男がこんか感じだから、

(全てのフィリピン人の男がこんな状態でないのは、彼らの名誉の為にも強調します!!)

 

 

 

女性が仕事に出るしかない!

 

フィリピンは出稼ぎにより外貨を獲得し、発展してきた国。

 

マレーシア、シンガポール、香港などの他、

アメリカやドバイ、アフリカ…世界中に出稼ぎに出る。

 

女性なら、メイド。

男性なら現場作業などが、主なようだ。

 

 

確かに、

人懐っこくユーモアがあり、コミュニケーション能力にも長けているフィリピン人は、

 

どこに行っても順応し、上手く生活していけるようである。

 

ワタシも日本に行きたい!

フィリピーナというと、やはりフィリピンパブを連想してしまうのだが、

 

妻の一番上のお姉さんは、

タレントとして日本に何度か来た経験がある。

 

 

その為、今でも日本語が出来るので、

フィリピンに行った時は、非常に助かる。

 

 

そんなお姉さんが、

日本で仕事をしたお金をフィリピンに送り、

そのお金で段々とフィリピンの家が大きく、

そして、立派になっていった…らしい。

 

 

 

その様子を子供心に見ていた妻は、

 

 

 

ワタシも日本で仕事をして、

いっぱいお金を稼ぎたい!

 

そう思ったそうである。

 

 

勿論、

両親や兄弟、姉たちの生活を助けたい!!

 

そんな純粋な気持ちが、

日本に行く動機になっただろう。

 

 

 

が…

動機は、もうひとつ。

 

 

お姉さんが日本から帰る度に、

ネックレスや指輪などのアクセサリーをお土産に貰っていて、

 

 

 

もっとアクセサリーが欲しい!

 

 

 

そんな乙女チックな思いが、妻にとっては、

 

「じゃぱゆき」

 

になるのに十分な、

1つの理由になったらしい…。

 

 

 

 

夢はフィリピン永住?!

 

 

フィリピンがメジャーになった?!

今から20~30年前の日本人のフィリピンに対するイメージは、

 

  • 日本が第二次大戦で迷惑をかけた
  • 貧富の差が激しく、発展途上の国
  • 治安が悪く物騒な国
  • 日本人男性が買春ツアーでフィリピン女性を買いに行く
  • 日本にホステスの出稼ぎに来て、日本人の男からお金を根こそぎ奪っていく

 

 

とにかく、こんな感じでネガティブなイメージがフィリピンには付いていたものだった。

 

 

しかし、近年は全くイメージが変わってきている!

 

 

それは、

日本人の若年層を中心としてここ数年ブームになっている、フィリピン英語留学である!!

 

留学を経験した大学生の男女や、

または留学生が現地からリアルタイムで発するフィリピンの情報に、

かつてのネガティブイメージはカケラも感じられない。

 

 

また、

近年のフィリピンの目覚ましい経済発展が、

日本人にも広く知られるようになり、

投資関連も、かなり注目されている。

 

かつて日本人が、こんなにフィリピンに注目したことなど、なかったのではないだろうか?!

 

 

そう思われるくらいの近年の注目ぶりだ。

 

 

 

もっとも私も含め、

20年前、30年前からフィリピンに注目していたり、フィリピーナと国際結婚してフィリピンと繋がっている日本人もいたわけだが…

 

フィリピンに住みたい…

妻がフィリピン人ということで、やはりフィリピンに住みたい!という夢は持っている。

 

 

フィリピーナが奥さんの日本人の旦那さんなら、1度は考えたことがあるだろう。

 

例えば、

会社を定年退職し、退職金が二千万円とか三千万円出たから、思いきってフィリピンに移住…はよく聞く話しだ。

 

 

最初は羽振りもいい。

 

が、事業に投資したり、

フィリピン人妻の親族にお金を無心されたりで、財産がなくなってしまう…。

 

なかには、住んでた家からも追い出されてしまい、困窮し日本大使館に助けを求める…

 

そんなことも、あるらしい。

 

もちろん、

田舎でフィリピン人妻やその家族と、

仲良く幸せに生活している例もある。

 

 

 

成功と失敗は紙一重だ。

 

両方の話を聞く度に、

しっかり計画を立てる大事さと、

慎重さを失ってはいけない…

 

そう考えさせられる。

サリサリストア

 

窓に鉄格子?!

初めてフィリピンに行った時、

見るものが全て珍しく、そして、

 

 

「フィリピンって、こんな所なんだ…」

 

 

と、素直に驚きを感じずにはいられなかった。

 

 

日本ではまず見れないような光景が、

常に目の前に広がっていた。

http://kawaiitsuma.com/philippine/phillippine.html

 

さて。

 

彼女の家に4日間ほど泊まったのだが、

近所の家が並ぶ一角に、窓に鉄格子の付いた建物があるのに気がついた。

広さは、四畳半も無いくらいに狭い。

 

 

興味があったので見ていると、

 

子供たちが窓に向かって何か話しかけ、

鉄格子の間からお菓子やら、日用品を受け取っていた。

 

そして窓の向こう側にいる人に、

鉄格子の間からお金を渡しているようだった。

 

 

あれは一体…?!

 

彼女に聞くと、

サリサリストアという、コンビニのようなお店だという。

 

お菓子、ジュースなどの食べ物や、

タバコ、洗剤、石鹸、食用油、塩などの日用品を扱っているという。

 

必要に応じて、小分けで売ってくれるらしい。

 

 

強盗対策のため?!

それにしても、

なぜ、お店の窓に鉄格子が?!

 

聞くところによると、

売上金を盗まれたりしないようにする、

強盗対策のためらしい。

 

 

確かに、窓に鉄格子が有れば、中に入ってこれない。

 

お金どころか、売っている商品を万引きすることも難しいだろう。

 

 

「よく考えてるなぁ…」

 

 

と、思わず感心してしまった。

 

 

このサリサリストア、住宅街にちらほらと建っていて便利である。

 

食用油を切らしてしまった時など、

必要な分量だけ売ってくれるのは、

お金の持ち合わせが無い時は、助かりそうだ。

 

 

昔の日本でも、こういった売り方があったが、フィリピンには現在も、当たり前に存在している。

 

日本人よりも、

人との繋がりを大切にするフィリピン人らしい。

 

 

「古き良き時代の日本を見るようだ…」

 

そう思う日本人も多い。

国際結婚して、やっぱり良かった?!

食わず嫌いだった…

自分が二十歳の時、職場の先輩に連れられ、初めてフィリピンパブに足を踏み入れた。

 

当時は日本人の女の子のお店には毎週のように飲みに出かけていたが、フィリピンパブには興味がわかなかった…。

 

 

それは、フィリピンからの出稼ぎのホステス、片言のよくわからない日本語、そしてフィリピーナに関わるとトコトンお金を搾り取られる…という噂やマイナスイメージから興味が持てなかった。

 

 

フィリピン人は基本的に明るく人懐っこく、ジョークが好き。そして、とても家族思いだ。

特に、両親のことは大切にする。

家族のために出稼ぎで日本に来ることも、厭わない。

 

 

当時はそんなことなど知らないから、

 

日本語が通じないし、化粧も濃いし、つまらない…

 

それだけの理由で、フィリピーナ、フィリピンパブを意識的に避けていた…。

 

 

だが、それは食わず嫌いだった…。

 

 

結婚して気付いた…

ふとしたきっかけで、フィリピンパブで仕事をするようになった。

 

出稼ぎに来ている境遇さえも、まるで楽しむかのように、いつも笑顔を忘れないフィリピーナたちを目の当たりにした時、

 

あぁ、なぜ気付かなかったのか?!

 

と思わずにはいられなかった…。

 

 

明るくジョークが好き。

南国気質と言えばそれまでだが、日本人にはない、太陽のような天性の明るさに触れた時、こちらの気分までが明るくなるのを感じ、その魅力に気付かされた。

 

悪く言えば、フィリピーナの魔力にハマってしまった…。

 

 

そして、まさかフィリピーナと結婚するとは自分でも驚きだ。

 

 

止めたほうがいいよ…

そう忠告してくれる人もいたが、彼女と結婚したい!という勢いに任せて突っ走った…。

 

 

 

世間一般からすれば、あり得ないかもしれない。

信じられない、バカな奴だ、人生終わったな…そう嘲笑し冷ややかに見る者もいる。

 

だが、フィリピーナと結婚したからこそ見えてきたこともある。

 

 

もし日本人女性と結婚していたら、フィリピンとは無関係の人生を送っていたかもしれない。

日本人、日本について今みたいに考えることはなかったかもしれない。

フィリピンの貧困について考えることもなかったかもしれない。

 

だが、やはりフィリピーナと国際結婚して良かったと思っている…。

 

自分に色々な気づきを与えてくれた妻に、感謝したい。

 

 

 

 

>> 続きを読む

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ