俺が社長だ!!

パラダイス?!

20歳の時に、

先輩に連れていってもらった、

フィリピンパブ。

 

 

しかし、

当時の自分の肌には合わず、

 

嫌な思い出だけが残り、

さらにフィリピーナが嫌いになった。

 

 

 

それから約6年後…

 

既に、

水商売の世界に足を踏み入れていたが、

 

そこで出会った、

二人のフィリピーナのお陰で、

 

自分勝手な

「フィリピーナに対する偏見」

が消えていった。

 

 

 

 

いや、

それだけに収まらず、

 

「もっとフィリピーナと仲良くなりたい!」

 

そんな想いから、

 

 

市内でも、

『トップクラス』の人気店でもあり、

 

また、

スタッフには厳しい…

 

 

と評判だったお店に、

決意を固め、移ったのである。

 

 

 

 

当時はまだ、

 

調理師として活躍したい!

 

 

という強い想いから、

調理師学校の夜間部に通っていた。

 

 

 

その為、

正社員ではなく、

 

 

夜10時過ぎから、

朝4時の閉店までの、

 

アルバイトとして働き始めた。

 

誰だ、誰だ、誰だ?!

 

働き始めてしばらくした、

ある日のこと─

 

 

 

閉店時間も近づいてきた、

午前3時ころ、

 

 

お店の入り口の横のカウンターで、

店長と時々笑いながら話している、

男性の姿が目に入った…。

 

 

 

「ワッハハハ…」

豪快な大きい笑い声は、

 

存在感が際立っていた。

 

 

 

また、あの人だ…

 

店長と笑いながら話している様子から、

かなり親しい間柄なのだろう。

 

 

 

しかし、

どうもお客さんではない。

 

 

 

毎日のように見かけるけど、

一体誰なんだ?!

 

 

 

背丈は自分と大して変わらない。

 

しかし、

がっしりとした体格、

緩めのパーマをかけたヘアスタイル、

 

 

 

顔つきは、

 

眉毛が太く、

髭も剃り跡が濃い…

 

 

 

そう、

まるで…

 

 

 

何かのTV番組で見たことがある、

 

長嶋茂雄の選手時代にソックリ!!

 

の顔つきだ。

 

 

 

しかも、

 

物腰や、

醸し出す雰囲気から、

 

 

 

 

ただ者ではないな…

 

 

 

それだけは、

はっきり伝わってきた。

 

 

 

と、その時─

 

「松田~、コッチに来てくれ!」

と、店長から呼ばれた。

 

 

 

一体、何だ?!

 

そう思いながら、

 

 

店長と、

 

『独特の雰囲気』を漂わせている、

その男性の立っているところへ、

 

 

少し緊張しなから、

足早に向かう─

 

スター気分?!

タガログversion

JPMについては、

以前にも話したことがあると思う。

 

Japan Pilipino Music の略であり、

日本のヒット曲を、タガログ語で歌っているものを指す。

 

有名なのは、

徳永英明の「最後の言い訳」を、

日本人歌手のテッド伊藤がタガログ語でカバーした、

「Ikaw Pa Rin」だろう。

 

1990年代半ば~後半にフィリピンで大ヒットし、

テッド伊藤は一躍スターになった。

 

 

当初は、

″日本とフィリピンのハーフ″という触れ込みだったらしい。

 

初めてテッド伊藤の歌声を聴いたとき、

タガログ語が上手なので、

 

 

 

「この人、一体何者?!」

 

と驚いたものである。

 

日本、フィリピンのハーフなら、タガログ語が上手くて当たり前か…

 

そう納得したのだが、

本当は生粋の日本人。

 

 

「Ikaw Pa Rin」でもテッド伊藤について話しているが、

http://kawaiitsuma.com/tagarogugo/ikawparin.html

 

Ikaw Pa Rin の他にも、JPMを何曲も歌っている。

 

歌ってみた!!

同じ徳永英明の「壊れかけのRadio」

谷村新司の「Far away」

 

そして、

尾崎豊の「I love you」

などもタガログ語でカバーしている。

 

1980~1990年代の日本のヒット曲がJPMに多いのは、日本がバブル全盛期で海外進出に積極的だったからなのでは…?!

 

 

 

というより、

 

 

当時の日本での、フィリピンパブの爆発的な人気が、原因に考えられるだろう。

 

日本に出稼ぎに来るフィリピーナの、

「仕事用」として、

JPMは需要があったと思われる。

 

 

サービス精神旺盛な愛くるしいフィリピーナが、日本のヒット曲をタガログ語で歌う…

 

これだけでも、

日本人のお客さんとフィリピーナの間で話のタネが出来る。

 

 

果たしてテッド伊藤は、そこまて考えてのフィリピン進出だったのか?!

 

それはわからないが、日本のピンパブの功労者であることに間違いないだろう。

 

 

 

 

そんなテッド伊藤のタガログカバーする、

「 I love you 」だが、

カラオケでは、

タガログversionが見つからなかったので、

尾崎豊の「I love you」のカラオケで歌ってみた…。

 

 

 

ちなみに、

 

JPMは、

日本語の歌詞とは、全く意味が異なるタガログ語で歌われていることが多い。

 

また曲の雰囲気が全く変わるのも、一つの魅力かもしれない。

 

 

 

それにしても…

 

 

お耳障りは承知の上、

スター気分で歌ってますね…( ̄▽ ̄;)

 

 

18年が過ぎた今…

 

二人は巡り会う運命だった?!

いわゆる″じゃぱゆき″(今はあまり使われなくなった言葉だが)として、日本にフィリピンパブ嬢の出稼ぎに来ていた一人のフィリピーナとの出会いが、二人の始まりだった。

 

出会ってからしばらくして、

なぜか彼女は私のことを、

「アサワコ~」と呼ぶようになった。

 

 

フィリピーナ特有の大きな瞳がカワイイ、

ロングヘアーの似合う彼女のことは、初めは特別な感情もなかった。

 

しかし、

毎日のように「アサワコ~♪」と彼女から呼ばれているうちに、少しずつ、彼女のことが気になりだし、気がつけば好きになっていた…。

 

 

タレントはお店との6ヶ月の契約で来日する。契約が終了しフィリピンに帰国後も、

同じく6ヶ月が過ぎないと再来日ができない。

 

 

彼女もお店との契約期間の6ヶ月が終わり、フィリピンに帰国。

もう、これで彼女に再会する可能性は、

お店からのリクエスト以外あり得ない。

 

売り上げNo.1、No.2とかのタレントでなかったから、その可能性は少ない。

 

 

もう、会うこともないのか…

 

 

そう諦めかけていた時に、同じ県内のお店に来たという、彼女からの電話。

 

 

 

運命の神は、

再び二人を引き合わせてくれた!!

 

そして半年後…

 

彼女の帰国直前にプロポーズした。

 

 

彼女の涙…

彼女は、私との結婚を決意してくれた。

 

帰国した彼女の後を追うようにフィリピンへ。

 

ご両親への挨拶を済まし、

数ヶ月後、現地で結婚手続き。

日本の役所にも書類を提出し、あとは日本人の配偶者としてのビザが許可されるのを待つだけ。

 

数ヶ月後、ビザが許可され、彼女を迎えに再びフィリピンへ。

 

 

いよいよ日本へ二人で入国する日の朝、

住み慣れたフィリピンの我が家、

ご両親、

兄弟姉妹

との別れに、彼女は大粒の涙を流し、大泣きしたのだった…。

 

その涙を見て、

彼女を大事に守っていかなければ…

そう心に誓った。

 

 

いつも一人でフィリピンを往復していたのが、

彼女と二人での日本入国。

結婚できた喜びとともに、これからの生活への期待感と少しの不安を思ったあの日…。

 

 

 

 

あれから18年が過ぎた。

 

 

決して順風満帆な結婚生活ではなかった。

 

あまりにも色々な出来事がありすぎ、

波乱万丈だったと言える。

 

 

いつしか、彼女がいるのは当たり前のようにさえ感じていた。

決して、ぞんざいな態度を彼女に対し取っていたつもりはない。

 

18年の年月は、いつしか二人の間の空気さえも変えてしまったのだろうか?!

 

 

 

今、

私の隣に彼女はいない…。

 

だが、それは巷でよく聞く離婚の為の別居とか、そんな類いではない。

 

 

ここで言うには、まだ時間がほしい。

いずれ、全てをお話し出来ると思います。

 

 

今、ハッキリと言えることは、

彼女を愛している心は、変わっていない!!

新しい綺麗な家がほしい…

 

貧しいゆえに…

フィリピンから日本に、ホステスの出稼ぎに来る女の子たちは、

貧しい家庭の子が多い。

 

貧しい…と言っても、

平均的というか、国民の大多数の生活レベルではあるが…。

 

 

家に車が1台あればいいほう、

兄弟姉妹が多く、一家族が10人とかも珍しくない、

 

フィリピンで仕事があってもサラリーが安い、

 

お兄さんがトライシケルのドライバーしてるが、稼げない、

お金が無いので電気を止められたりする、

 

ご飯のおかずが、兄弟五人で魚1匹だけ、

おかずが無いので、ご飯に塩をかけて食べた、

お金がなく、学校を途中で辞めた、

 

 

 

挙げればキリがないほど、

フィリピンの貧しさは話しによく聞く。

 

 

それでも、これらはまだマシなほうだ。

 

貧困の最下層のスラム街などは、衛生的にも問題があり、

また、治安も決して良いとは言えない。

 

昼間であっても、

タクシー運転手でさえ、スラム街には近付きたくないと言うほどらしい。

 

もっとも、

スラム街の人たちが凶暴だとかではなく、

そこに集まる外部の人間が、悪いことをするのが真実らしい。

 

 

スモーキーマウンテンは無くなったが、

ごみ山から使える物を漁り、

生活の糧にしている人は無くならない。

 

 

家がなく、土管の中で寝泊まりする人もいるほどに、貧しい人々がいると思えば、

 

広い豪邸に住み、

お抱え運転手やメイドを何人も雇っている大富豪もいる。

 

 

日本以上に、フィリピンも格差社会が進んでいるようだ。

 

やっぱり新しい家!!

そんな貧困層の出身が多い出稼ぎフィリピーナだが、

 

フィリピンパブで自分を指名してくれる、

お気に入りにしてくれるお客さんを見つけ、

 

少しでも多くお金を稼ぎたいと思うのは、当然だろう。

 

お金持ちのお客さんがつけば、

多少のウソを使ってでも、お金を貰おうとするかもしれない。

 

 

「お母さんが病気で入院したから、お金が必要だけど足らなくて大変」

 

「フィリピンはあまり仕事ないから、お兄さんトライシケルのドライバー始めたいけど、お金が足らなくて助けてほしい」

 

まあ、こんな感じで親しくなったお客さんから、

お金を助けてもらおうと画策することがある訳です…。

もちろん、

彼女たちが皆、こんなことを言ってる訳ではありません。

念のため。

 

しかも、

彼女たちは毎月の稼ぎのほとんど全てを、家族に仕送りしている!!

 

 

フィリピンでは、

日本円で3万円ほど(約1万5000ペソ)もあれば、

1~2ヶ月は家族が余裕で暮らせる、といわれる。

 

 

 

そして、

1つ屋根の下で、家族と肩を寄せるように暮らしてきた彼女たちにとって、

 

両親に新しい家をプレゼントすることは、ジャパンドリームの象徴でもあるらしい。

 

 

日本なら家一軒建てるのに、最低でも一千万円は下らないが、

 

フィリピンでは日本円で200~300万円もあれば、

小さい庭付きの、平屋の広い家が建てられるようだ。

 

 

 

綺麗な新しい家を建てることは、

自分のプライドや、自慢したいということもあるだろうが、

彼女たちの、小さい頃からの夢でもあるのかもしれない…。

 

 

 

 

 

「じゃぱゆき」になった理由とは…

フィリピーナは働き者

妻と出会ったのは、

当時勤めていたフィリピンパブ。

 

フィリピンは富裕層と貧困層の格差が激しい。

国民の 1/4 は貧困である…とも言われる。

 

妻も、

「ワタシの家、ビンボーだったから、家族のオカズが魚一匹だけとか、

オカズないときは、ゴハンに塩かけて食べてたよ…」

と言っていた。

 

だが、当時としては平均的なほうだったのかもしれない。

 

 

そして、

それに追い打ちをかけるように、

フィリピンでは、仕事になかなか就けない!

 

 

仕事があっても、サラリーが安い。

 

いい歳の男たちが、仕事がないため、

昼間からタムロしてビールを飲んで笑いながら話している光景は、

 

日本人から見れば、

 

 

なんだかなぁ~

 

 

と言う感じだ。

 

 

しかも、彼らに危機感が感じられないのが、

何ともフィリピンらしいというか…。

 

楽天的、南国気質というところなのだろうか?!

 

 

フィリピン人の男がこんか感じだから、

(全てのフィリピン人の男がこんな状態でないのは、彼らの名誉の為にも強調します!!)

 

 

 

女性が仕事に出るしかない!

 

フィリピンは出稼ぎにより外貨を獲得し、発展してきた国。

 

マレーシア、シンガポール、香港などの他、

アメリカやドバイ、アフリカ…世界中に出稼ぎに出る。

 

女性なら、メイド。

男性なら現場作業などが、主なようだ。

 

 

確かに、

人懐っこくユーモアがあり、コミュニケーション能力にも長けているフィリピン人は、

 

どこに行っても順応し、上手く生活していけるようである。

 

ワタシも日本に行きたい!

フィリピーナというと、やはりフィリピンパブを連想してしまうのだが、

 

妻の一番上のお姉さんは、

タレントとして日本に何度か来た経験がある。

 

 

その為、今でも日本語が出来るので、

フィリピンに行った時は、非常に助かる。

 

 

そんなお姉さんが、

日本で仕事をしたお金をフィリピンに送り、

そのお金で段々とフィリピンの家が大きく、

そして、立派になっていった…らしい。

 

 

 

その様子を子供心に見ていた妻は、

 

 

 

ワタシも日本で仕事をして、

いっぱいお金を稼ぎたい!

 

そう思ったそうである。

 

 

勿論、

両親や兄弟、姉たちの生活を助けたい!!

 

そんな純粋な気持ちが、

日本に行く動機になっただろう。

 

 

 

が…

動機は、もうひとつ。

 

 

お姉さんが日本から帰る度に、

ネックレスや指輪などのアクセサリーをお土産に貰っていて、

 

 

 

もっとアクセサリーが欲しい!

 

 

 

そんな乙女チックな思いが、妻にとっては、

 

「じゃぱゆき」

 

になるのに十分な、

1つの理由になったらしい…。

 

 

 

 

南国🌴の楽園?!

 

ここはフィリピン!!

フィリピンパブ、聞いて多くの方は、

どんな想像をするだろうか?

 

男性なら、

ホステスがフィリピン女性なだけ、

とほとんどの人は理解しているだろう。

 

 

なにか、いかがわしいお店なんじゃないの?!

 

 

女性にはそう思われる人がいるかもしれない…。

中国エステ、タイ式マッサージなどで、

一部の店舗がいかがわしいサービスをしていて摘発された…

 

そんなニュースを聞くことがあるからなのだろうが、

フィリピンパブもいかがわしいお店だろう…

そう勘違いしている人が、時にはいるようである。

 

 

 

しかし、いたって普通の時間制パブです。

 

 

女の子がフィリピン女性である、

 

ただそれだけのことで、

 

お客さんにお酒を作ってあげたり、話しをしたり、一緒にカラオケを歌ったりするのは、

日本人の女の子のお店と同じだ。

 

 

が、雰囲気が全く違う。

 

店内は陽気なフィリピーナたちの若いエネルギーが充満した、独特な雰囲気に満ちている。

 

 

そう、まさしくここは、

異国のフィリピンなのである!

 

ハマってしまったら最後?!

俺は外国人なんか嫌だよ、

1回みんなで行ったけど、フィリピン女性は言葉も片言でつまらなかったよ…

 

こんな話をよく聞く。

 

 

しかし、

こんな人こそ、フィリピンパブにハマってしまう可能性が高い。

 

 

かくいう自分も、

 

最初にフィリピンパブに連れていってもらい、

全く面白くなく、2度と行くものか…

そう思っていたのに、ふとしたことでハマってしまったのだから。

 

 

 

フィリピンパブの女の子は陽気で人懐っこく、

ジョークを言ったりして、お客さんを楽しませようと健気なまでだ。

 

日本人にはないエキゾチックな顔立ち、

そしてスタイルがいい。

 

 

いつしか彼女たちの魅力にハマってしまった…

そんな人が多いのも頷ける。

 

 

ハマり過ぎて全財産を失ってしまった…

 

過去には、そんな話も聞いたことがある。

 

 

彼女たちの魅力にハマるのはいいが、

身を持ち崩しては、何にもならない。

 

 

くれぐれも注意すべきだろう。

 

 

 

導かれるように…

フィリピンが好きだから…

フィリピンパブで仕事を始めるようになると、

いつも笑顔の絶えないフィリピーナ達に囲まれ、その魅力にハマっていった…。

 

 

普段は、

 

夕方4時に出勤すると、お店の掃除などの開店準備に始まり、

ミーティング、系列店の日本人の女の子の送迎などに従事。

 

お店の営業時間は夜7時~翌日の午前4時まで。

その間は厨房兼ホール係(ウェイター)として忙しい業務をこなす。

 

 

営業終了後は社長から全スタッフ、女の子全員へのその日の営業に関する一言がある。

売り上げが悪い日は、1時間近くも社長からの喝入れ。

 

そんな日は営業終了後、スタッフもフィリピーナの女の子達も、これから始まるミーティングに皆一同に沈んだ暗い顔で、社長に戦々恐々としたものだった…。

 

 

ちなみに、社長は普段は笑いが絶えない豪快な印象。

 

仕事には厳しいが、それだけに筋が入っている人で、

接客に対しても理論立ててフィリピーナの女の子にもキチンと指導し、

その通りにするとリクエストも確実に増えるので、

女の子からの信頼は抜群だった。

 

 

 

ミーティング終了後は再び女の子の送迎、お店の清掃などがあり、午前6時位に退勤…。

 

基本的にはそんな毎日を送っていた。

 

 

 

1日12時間以上も拘束され、休日は月に2日。

 

まだ20代だったから身体も何とかなったが、

フィリピン、フィリピーナの女の子が好きでなかったら、

とても耐えられない激務なのは確かだ…。

 

愛を贈りたいから…

そんな激務の毎日だが、

フィリピーナの女の子の魅力にハマっていた自分からすれば、

給料を貰いながらフィリピンパブを楽しんでいるような感覚だった。

 

 

覚えたてのタガログ語で女の子と話をしたり、

お客さんの歌うタガログソングに興味を持ったり。

 

時々、スタッフなのかお客さんなのか、

自分でもわからなくなるくらいに感じたのを覚えている…。

 

 

 

 

そんなフィリピンパブで、お客さんがよく歌っていたのが、

山根康広のこの歌だった…。

 

 

まるで、タレントのフィリピーナの女の子とお客さんの恋を歌っているようでもある。

日本中のフィリピンパブで、どれだけ歌われたのだろう…。

 

 

当時はそれ程歌詞が心に刺さらなかったが、

フィリピーナの女の子と結婚した現在は、痛いほどに歌詞が理解できる。

 

イントロのメロディーだけで涙が浮かんできてしまうくらいになってしまった。

 

 

フィリピンパブ時代の心に残る名曲である…。

 

IKAW PA RIN

 

テッド伊藤

日本のヒット曲がOPMとして逆輸入されたことに対して、この人の存在は外せないだろう…。

 

フィリピンパブの常連さん以外には日本では無名だが、フィリピンでは有名なシンガーだ。

 

 

 

1990年に、徳永英明の『最後の言い訳』をタガログ語でカバーした、

『Ikaw pa  Rin』を歌い、フィリピンの年間最優秀賞を獲得したほど大ヒット。

 

他にも、尾崎豊の『ILove you』、サザンオールスターズの『真夏の果実』

をタガログ語でカバー、アルバムを出している。

 

 

OPMに興味を持ち始めた当時の自分にとっては、伝説のシンガーとも言えた。

 

 

 

なぜ、こんなにタガログ語が上手なんだろう…

 

 

と、流暢なタガログ語で歌う彼に、憧れすら感じたのを覚えている。

 

フィリピンと日本のハーフだと噂に聞き、それならタガログ語が上手なのも当然だ…

と納得したものだ。

 

 

その後、2000年代になりネットが普及すると、

日比のハーフという触れ込みは噓だという話も出たが、真偽のほどは果たして…。

 

 

フィリピンパブの功労者?!

YouTubeを見ると、若い日本人男性シンガーが新たに Ikaw Pa Rinをカバー

しているが、″テッド伊藤世代″の自分からすると、

 

こんな歌い方もあるのか、と新鮮さもある反面、

やはり元祖の方が心には響く。

 

勿論、あくまでも個人的な主観で…。

 

 

 

この Ikaw Pa Rin はフィリピン人シンガーも何人もカバーしているが、

Willie Revillame のバージョンが個人的にはいい。

 

 

 

テッド伊藤の存在がなかったら、果たしてこれほど日本のヒット曲がOPMとして逆輸入されたか?

そして、過去に日本にタレントとして来ていたフィリピーナに、日本の歌が広まっていたか?!

 

 

そう考えると、日本のフィリピンパブの隆盛の功労者の1人なのではないか。

 

 

 

 

『Ikaw Pa Rin』を聴くと、20代の若かった水商売時代の事を思い出す、思い出の曲でもある…。

 

フィリピーナは嫌いだった!…ハズが??

 

 

スタッフにはなったが…

水商売の世界に足を踏み入れ、フィリピンパブの厨房スタッフとして働き始めたものの、すでにフィリピーナが大好きという訳ではなかった。

 

 

確かに、彼女たちはいつも陽気で明るく、気さくだ。

 

 

お客さんへの対応を見ていると、よくしゃべり、よく笑い、表情が豊か。

 

 

そして、

 

「お客さん、ナニカ問題アル?! ワタシも問題イッパイアルよ…

ダケド、お店来たら楽しまないとソン! 今だけ問題ワスレル! ネッ?!」

 

 

 

こんな感じの心遣いも決して忘れない…。

 

 

 

そして、スキンシップのためか、お客さんを自分の虜にするためか、どちらなのか真意はわからぬが、いとも自然に体を密着してきたり、手を握ってきたりするのが得意だ。

 

 

とにかく、サービス精神が旺盛なのは確かだ。

 

 

 

お客さんがお手洗いに立てば、おしぼりを持ってお手洗いの出口で待っていたり、

テーブルではグラスの底を拭いたり、

カラオケの時はマイクを渡したり、水商売では当たり前の事を嫌々でなく、

むしろ楽しそうにこなしているようにさえ見える。

 

 

やっぱりフィリピーナ

もちろん仕事だから楽しいことばかりではない。

 

 

酔っぱらったお客さんに絡まれたり、無理やりキスされたとか、体をイヤらしく触られたとか、いろいろな嫌なことだって勿論あったりする。

 

お店の売り上げが悪かったり、本人のリクエストが少なければ、店長や社長から怒られもする。

 

 

 

それでも、彼女たちフィリピーナはいつも陽気で明るく、笑顔を絶やさない。

 

そんな彼女たちを毎日目の当たりにしているうちに、自分の心の中に変化があった。

 

 

 

日本と違い、南国特有の国民性といえばそれまでだが、底抜けの明るさのフィリピーナに感心すると同時に、

『じゃぱゆき』という出稼ぎの境遇さえも、まるで楽しんでるかのような逞しさにも魅力を感じていった…。

 

 

厨房兼ボーイ係をしていたことで、自然とそんな彼女たちと話す機会も増えていき、

フィリピンパブも悪くないな…と思うようになっていた。

 

 

 

 

そんなフィリピーナの中に、まさか後に結婚して妻になる女の子がいることなど、

この時は想像も出来なかった…。

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ