結婚は一生に一度だけ

 

結婚して目が覚める?

恋は盲目とも言われるが、

恋人同士の頃は、

まるで世界は二人だけのためにある…

 

そう思ってしまうほど、周囲が見えず、視野が狭くなってしまう。

 

 

二人だけの甘いささやき、

 

そして幸せな気分に心は高揚し、

このまま一生、二人で幸せに暮らしていけるのではないか…

 

そう確信し、お互い結婚に踏み切るのである。

 

 

だが、それは時には錯覚でもあり、

二人は現実の厳しさに目を覚ますことになる…。

 

 

毎日顔を合わせていれば、

恋人時代には目につかなかった、

相手の嫌な一面とも付き合わねばならない。

 

「この人、こんな隠れた顔を持っていたのか!」

 

ここでお互いが歩みより、相手を尊重しあっていければいいのだが、

 

「ここだけは許せない!」

となると、そのうち相手の全てが目につくようになってしまう。

箸の上げ下げ、食べ方までがイヤになってしまったら、黄信号から赤信号だ。

 

もう、そうなると仮面夫婦であり、

いつ離婚しても不思議でない状態である。

 

 

 

そして、

離婚届けを出せば、二人は自由の身となる。

 

日本では、簡単に離婚が成立してしまうが、果たして良いのか悪いのか…。

 

 

えっ、離婚できない?!

日本人同士のカップルなら、

離婚届けという、紙切れ一枚を市役所に提出してしまえば離婚成立だ。

 

フィリピーナとの離婚も同様なのか?

 

 

 

日本国内でなら、離婚は認められる。

離婚届けを出すだけだから。

 

 

ところが、フィリピン国内では離婚が認められていない!

 

つまり、一度結婚してしまうと、

 

例え仲が悪くなって別居し、

他の彼氏彼女と結婚したいので別れたい…

 

ということが出来ないのである。

 

 

日本国内では、離婚は出来る。

しかし、フィリピンには籍が残ったままになってしまう。

 

これは、たぶんキリスト教が関係していると思われる。

それが、あの結婚の誓い、

 

「汝は、富めるときも病めるときも…」にも表れている気がする。

 

 

それから、フィリピンでも日本と同じく、重婚は禁止である。

 

 

どうしても離婚を成立させたい!

となると、裁判所の承認が必要になる。

アナルメントと言われるものだが…。

 

これには時間とお金が必要になり、

日本人がするとなると、

費用を上乗せされて、そのくせ時間がかかる…らしい。

 

認められれば、

結婚は初めから無かったことになり、無効が証明される。

 

だが、こういったことは、

数は少ないようである。

 

 

勢いに任せただけのフィリピーナとの結婚は、

後々を考えると止めるべきだろう…。

 

 

結婚は人生を左右する一大事だから、

よく考えねばならない。

現地での結婚手続きは大変だ!

日本で婚姻届を出すだけでいいのか?

日本人同士が結婚する場合、

極端な話、婚姻届を市役所等に提出するだけでもいい。

 

婚姻は、両性の合意によって成立する…

 

 

例えば、

日本にいるフィリピン人女性と結婚するなら、

女性側の出生証明書があれば、申請はできるかもしれない。

(詳しくはわからないが)

 

 

しかし、ビザや在留資格のことを考えれば、

フィリピンで結婚してから、日本の役所に婚姻届を出すのが一般的だし、

後々のことを考えれば間違いない…。

 

 

フィリピン人女性がオーバーステイ状態で結婚生活(正式な結婚とは言えないから、同棲、事実婚のようなもの)

を続けてもメリットは何もないからだ。

 

 

 

自分の場合は、

彼女はフィリピンにいるし、結婚前にご両親に挨拶するのは当たり前だ、

と思っていたので、

 

フィリピンへ行き、現地で結婚してから日本の役所に婚姻届を出す…

 

という道順を踏んだ。

 

 

 

国際結婚はなんて面倒なんだ!

日本人同士なら、婚姻届という紙切れ一枚でも結婚は成立するのに…

 

 

そう考えてしまいそうな状況だが、

 

好きな彼女と、いよいよ結婚できる!

そんな嬉しさのほうが大きくて、

各種の書類を集めるのも、不思議とあまり面倒には感じなかった。

 

 

フィリピンで結婚

現地での手順は次の通り。

 

①在マニラ日本大使館で『婚姻要件具備証明書』を夫となる日本人が申請

 

以下、それぞれの必要書類

 

日本人

  1. 戸籍謄本(3ヶ月以内のもの)
  2. パスポート
  3. 婚姻同意書

フィリピン人

  1. 出生証明書謄本

(ない場合は、出生記録不在証明書と洗礼証明書)

 

 

②婚姻要件具備証明書が、申請日の翌日午後に交付される

(後にコピーが必要になるので、3通以上作成しておく)

 

 

③3ヶ月以内に、

フィリピン人婚約者が『6ヶ月以上継続して居住している住所地の市町村役場』に2人で出頭し、

婚姻許可書の申請をする

 

 

④『申請日から10日後』に婚姻許可書が発行されるので、

120日以内に判事/牧師の下で結婚式を挙げ、結婚契約書に2人が署名

 

 

⑤婚姻契約書をフィリピン側市町村役所に登録、

その謄本を日本での婚姻届の際に提出(結婚から3ヶ月以内)

 

 

おおまかに記しても、

やはり手間がかかるし、実際に現地での行動は大変だ。

 

 

 

 

しかし、大変な思いをした分、

無事に結婚でき2人で暮らし始めた時の喜びは、例えようがないほどの嬉しさだが、

それはもう少し先のこととなる…。

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ