オレンジ色のTシャツは…?!

ウーカイウーカイ

フィリピンに初めて行った21年前、

見るもの聞くもの、

それこそ何もかもが珍しく感じ、

 

マニラ空港から彼女(今の妻)の家に行くまでの、

車中から見える景色でさえも、

 

一つたりとも見逃すまい…

そんな感じだった。

 

 

彼女の家に着いてからも、

お洒落な感じの窓や、

天井に取り付けてある大きな羽根が、

まるで空気を攪拌するように、ゆっくり回っている様子に南国を感じ、

 

 

「本当にフィリピンに来たんだ!」

 

そんな感動が溢れてきた。

 

 

彼女のお母さんが作ってくれたフィリピン料理も、

私の口には合い、美味しく頂いた。

 

 

 

そんなフィリピン訪問だったが、

 

よく晴れた日の昼過ぎ、

「アサワコ、今からウーカイウーカイにいくよ」

と、彼女の一言。

 

 

ウーカイウーカイ?!

 

その何とも楽しそうな響きに誘われるように、

何のことかよくわからないまま、

彼女と、彼女のお姉さんと私の三人で、

 

ウーカイウーカイとやらに、出かけることになった。

 

何てことはない…

彼女の家のある通りを5分も歩かないうちに、

その、"ウーカイウーカイ" とやらに着いた。

 

 

「アサワ、着いたよ!」

 

そこは、

店先にジーンズがいくつも並べられていたり、

赤、青、黄色といった派手な色のTシャツがハンガーにかけられ、

天井から吊るされている。

 

6畳あるかないかという広さで、

私たち3人が入ると、

もう店内は身動きが取れない。

 

 

洋服屋さんかぁ~

 

 

だが、

ジーンズやTシャツは、どことなく『くたびれた』ようにも見える。

 

 

 

そう…

 

ウーカイウーカイとは、

いわゆる『古着屋さん』のことだった。

 

 

フィリピンでは住宅街に、

"サリサリストア"

と呼ばれる、日用品を売っている個人経営の小さなお店がアチコチにあるが、

 

ここのウーカイウーカイも、そんな感じだ。

 

 

そのためか、Tシャツのデザインも、

何となくイケてないものが多い。

 

 

「パゲ~ット…」(ダサ~い)

 

思わず、そんな声がお姉さんからも聞こえる。

 

 

それでも、何枚か気に入ったデザインのTシャツがあったので、

私はそれを買った。

 

 

好きな色だけど?!

ちなみに…

パレンケ(市場)には、ウーカイウーカイがいくつもあり、

お店によって商品のグレードが違い、

 

値段の高いお店には、やはりデザインも質も良い古着が多い。

 

 

見ているだけでも楽しい…

そんなウーカイウーカイ。

 

いや、見ていれば買いたくなるウーカイウーカイ…。

 

 

 

ただ、

オレンジ色のTシャツなどは、

フィリピン人は滅多に着ないらしい。

 

それは、

 

囚人服がオレンジ色だから…

 

 

なるほど~

と納得した私だった。

 

 

それが、

昨年のフィリピン訪問では、色とデザインが気に入り、

オレンジ色のTシャツを買ってしまったのである。

 

 

日本でしか着れないが、仕方ないですね。

 

フィリピンのご両親に会う!!

 

彼女が信用できない?!

結婚の申し出をOKしてくれた彼女が、

フィリピンへ帰国してから約3ヶ月後…。

 

ご両親に会わずして結婚する訳にはいかないだろう…

 

 

そんな自然な思いから、

結婚の挨拶を兼ねて、彼女のご両親、兄弟姉妹に会うために初めてフィリピンを訪問した。

 

 

 

実はこの時、

 

フィリピンで彼女の家族に会わないことには、結婚していいものかどうか、

まだ判断が、つきかねていた…。

 

 

日本人がフィリピーナに騙される話しは、それこそイヤになるくらい聞いていたし、

結婚の約束をしたフィリピーナを追って渡比したら、現地には夫、子供がいた…

 

そんな話しは日本では有名だ。

 

 

 

だからこそ、

現地に行って自分の目で確かめたい!

という、気持ちが強かった。

 

 

家族に会ってみて、

騙されてるようなら結婚破棄すればいい…

 

 

 

彼女と早く結婚したい!

そう強く思う毎日だったが、

冷静な気持ちは失ってはいなかったようだ。

 

言葉は通じなくても…

そして、いざフィリピンへ!!

 

初めてのフィリピン、

そして、

久し振りに彼女と会える!

 

 

冷静なようでいて、

やはり、どこか舞い上がっていたようだ。

 

マニラ空港では大変な目に遇ったりもしたが、

http://kawaiitsuma.com/philippine/philippine40.html

 

 

無事に彼女と再会することができ、

いよいよ、彼女のご両親と会うことに…。

 

 

 

優しい笑顔のお母さんと、

褐色の肌で、一見すると強面なお父さん…。

 

ご両親は日本語は全くわからず、

こっちもタガログ語は簡単な挨拶、少しの単語しかわからないため、

 

彼女と、

 

タレントとして来日経験がある、

一番上のお姉さんの二人が通訳となっての、

顔合わせとなった。

 

 

 

お父さんは寡黙な雰囲気があり、

こちらのタガログ語の不自由さもあり、

フィリピン滞在中は、

あまり話しかけることはできなかった…。

 

 

それでも、

家族みんなが何かにつけ、

 

タタイ(タガログ語で、お父さんの意味)、

タタイ、

と言って話しかけ、

 

お父さんも楽しそうに話しているのを見て、

皆から慕われている優しい人柄が伝わってきた。

 

 

ご両親には、彼女がうまく話しをしていてくれた為か、

結婚を反対されるとか、そんなこともなく、

 

また、

 

家族ぐるみで、

こちらを騙そうとしている雰囲気、

(どうやってお金を貢がせようか…?!)

というのも感じられなかったので、

 

 

彼女と結婚しても大丈夫だな…

 

そう確信でき、

結婚する最終的な決断ができた。

 

ダメなら結婚しなくてもイイ…

やはり、

現地に行き、結婚相手のご両親、兄弟姉妹、

その子供たちにも会い、

生活ぶりを見ることは大事だ。

 

 

実際に会い、話しをすることで、

言葉は全てわからずとも、

家族の印象や雰囲気から、直感的に危険な匂いのようなものは感じられるはず。

 

 

騙されてるな…

 

 

そう感じたら、

いくら彼女のことが好きで好きで一緒になりたくても、その結婚は諦めたほうがいいかもしれない。

 

 

これからフィリピーナと結婚する方は、

結婚前に必ず現地を訪れ、

彼女のご両親、兄弟姉妹に会うことを忘れないで下さい。

 

 

 

結婚する、しないは、

その後で最終決断すればいいのですから…。

 

 

アナタは私のフィリピンのお母さん!

 

言葉は通じなくても…

結婚の承諾をもらうために初めてフィリピンを訪問して、そこで彼女の両親と初対面した時のことは、今も鮮明に覚えている…。

 

 

見た目は怖いが、優しさがにじみ出ているお父さん、

笑顔が素敵なお母さん…。

 

なぜか、安心できるご両親…初対面なのに、昔から知っているような不思議な感覚だった。

 

 

大事な末娘の夫になる自分に対し、とても気を遣ってくれた。

食べ物は口に合うかとか、暑くて喉が乾いて飲み物が欲しくないかとか、言葉が通じなくてつまらないんじゃないか…。

 

彼女のご両親は日本語はわからないし、自分はタガログ語は簡単な言葉しかわからない。

 

それでも、優しい気持ちは十分伝わる。

 

 

 

日本で平均的な収入でも、フィリピン人から見ればお金持ち。

フィリピン人はお金目当てだから、娘の夫になる日本人に優しくするのは当たり前…

 

 

そんなうがった見方をする人も、確かにいるだろう。

 

 

 

だが、そう考えられないだけだとしたら、とても悲しいことだ…。

 

 

そんな考えの人は、まずフィリピーナと結婚しようとは思わないだろうが。

 

 

遠く離れていても…

そんな優しいご両親も、数年前にお父さんが病気で亡くなられ、今はお母さんだけになってしまった…。

 

お母さんも、もうすぐ80歳を迎える高齢。

最近は足が不自由になり、歩くのも大変な状態だという。

 

昨年、妻がフィリピンに里帰りした時の写真を見ると、以前より痩せて、おばあちゃんという感じになっていて、少しショックを受けた。

 

自分は仕事の都合もあり何年もフィリピンへ行っていないので、昔のお母さんのイメージが強く残っているだけに、年を取ったお母さんの姿は悲しくも見えた…。

 

 

 

 

アナタは私の日本の息子だよ…

 

 

そう言ってくれた心優しいフィリピンのお母さんには、まだまだ長生きしてほしい…

 

 

そんなに遠くないうちに、妻と二人でフィリピンに必ず行くので、待っていて下さい!

それまで元気でいてほしい…

 

 

毎日そう願わずにはいられない…。

アナタは私の日本の息子!!

 

 

だまされてる?

フィリピーナの彼女との結婚の承諾をもらう為、20年近く前に初めてフィリピンへ訪れた。

 

そして、彼女のご両親に初めて会った。

 

 

フィリピーナの彼女と結婚したい、と言った時、母は特に反対しなかった…(父は病気で既に他界していた)。

しかし、親戚からは、

「だまされてるんじゃないの?考え直したほうがいいよ…」

予想通り、こんな答えが返ってきた…。

 

 

 

フィリピーナとの結婚に関する悪い噂は、それ以前からイヤになるほど耳にしていた。

 

 

 

だからこそ、一度フィリピンへ行って彼女の家族と会い、様子を見極めてから考え直しても遅くないだろう…

そんな思いもあった。

 

 

 

お母さんは、彼女と同じく背が高く、若い頃はモテただろうと思わせる可愛らしい顔立ちで、笑顔が素敵な女性。

 

お父さんは、一見すると無口で寡黙な印象だが、逆にそれが信頼でき、優しい男性。

 

初めて会った時のそんな印象は、今も鮮明に覚えている…。

 

 

 

そして数日間、彼女の家族と一緒に過ごし、このご両親の娘なら大丈夫!と確信し、結婚に至った訳だが…。

 

 

 

ラッキーだった結婚?!

結婚の手続きで再度フィリピンへ行った時や、結婚してからも何度か訪れた時も、いろいろと気にかけてくれて、

やはり間違ってなかった!!と思わせるご両親だ。

 

 

 

一度、滞在中に激しい頭痛に襲われた時があったが、そんな時も薬局で頭痛薬を買ってきてくれたり、親身になって心配してくれたりして、感謝してもしきれなかった。

 

食べ物も、日本人の自分の口に合うかしきりに気にかけてくれ、ジュースやマンゴーなどのフルーツなどを出してくれたり、こちらが恐縮してしまうほどだ…。

 

 

 

家族ぐるみで日本人の夫をだまし、お金をむしり取る…

 

そんなケースもあると聞いたこともあったが、この家族、ご両親はそんな人たちじゃない!

 

 

 

フィリピンへ行く度にそう感じさせるほど、悪い噂が付きまとうフィリピーナとの結婚の中では自分は恵まれたケースだった、と思う。

 

妻の両親と言うより、自分にとってはフィリピンのお父さんお母さんという存在だ。

 

 

 

そんな自分の言葉を、妻がお母さんに言ったところ、

 

 

アナタは私の日本の息子だよ…

 

という返事が返ってきた。

 

 

 

リップサービスかもしれないが、その心遣いがとても嬉しかったのを今も覚えている…。

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ