オレンジ色のTシャツは…?!

ウーカイウーカイ

フィリピンに初めて行った21年前、

見るもの聞くもの、

それこそ何もかもが珍しく感じ、

 

マニラ空港から彼女(今の妻)の家に行くまでの、

車中から見える景色でさえも、

 

一つたりとも見逃すまい…

そんな感じだった。

 

 

彼女の家に着いてからも、

お洒落な感じの窓や、

天井に取り付けてある大きな羽根が、

まるで空気を攪拌するように、ゆっくり回っている様子に南国を感じ、

 

 

「本当にフィリピンに来たんだ!」

 

そんな感動が溢れてきた。

 

 

彼女のお母さんが作ってくれたフィリピン料理も、

私の口には合い、美味しく頂いた。

 

 

 

そんなフィリピン訪問だったが、

 

よく晴れた日の昼過ぎ、

「アサワコ、今からウーカイウーカイにいくよ」

と、彼女の一言。

 

 

ウーカイウーカイ?!

 

その何とも楽しそうな響きに誘われるように、

何のことかよくわからないまま、

彼女と、彼女のお姉さんと私の三人で、

 

ウーカイウーカイとやらに、出かけることになった。

 

何てことはない…

彼女の家のある通りを5分も歩かないうちに、

その、"ウーカイウーカイ" とやらに着いた。

 

 

「アサワ、着いたよ!」

 

そこは、

店先にジーンズがいくつも並べられていたり、

赤、青、黄色といった派手な色のTシャツがハンガーにかけられ、

天井から吊るされている。

 

6畳あるかないかという広さで、

私たち3人が入ると、

もう店内は身動きが取れない。

 

 

洋服屋さんかぁ~

 

 

だが、

ジーンズやTシャツは、どことなく『くたびれた』ようにも見える。

 

 

 

そう…

 

ウーカイウーカイとは、

いわゆる『古着屋さん』のことだった。

 

 

フィリピンでは住宅街に、

"サリサリストア"

と呼ばれる、日用品を売っている個人経営の小さなお店がアチコチにあるが、

 

ここのウーカイウーカイも、そんな感じだ。

 

 

そのためか、Tシャツのデザインも、

何となくイケてないものが多い。

 

 

「パゲ~ット…」(ダサ~い)

 

思わず、そんな声がお姉さんからも聞こえる。

 

 

それでも、何枚か気に入ったデザインのTシャツがあったので、

私はそれを買った。

 

 

好きな色だけど?!

ちなみに…

パレンケ(市場)には、ウーカイウーカイがいくつもあり、

お店によって商品のグレードが違い、

 

値段の高いお店には、やはりデザインも質も良い古着が多い。

 

 

見ているだけでも楽しい…

そんなウーカイウーカイ。

 

いや、見ていれば買いたくなるウーカイウーカイ…。

 

 

 

ただ、

オレンジ色のTシャツなどは、

フィリピン人は滅多に着ないらしい。

 

それは、

 

囚人服がオレンジ色だから…

 

 

なるほど~

と納得した私だった。

 

 

それが、

昨年のフィリピン訪問では、色とデザインが気に入り、

オレンジ色のTシャツを買ってしまったのである。

 

 

日本でしか着れないが、仕方ないですね。

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ