フィリピーナが奥さんって、あり?

 

 

3.3%の少数派

二十歳くらいの頃、街中で手をつないで仲良く歩いているカップルを見かけたりすると、

 

「彼女がいてイイなぁ~」とか、

「彼女がほしいなぁ…」

 

と無性に思ったものである。

 

 

その後、ある女性(日本人)と付き合うことになり、

念願だった彼女ができた嬉しさで、毎日が楽しくて仕方なかった。

 

 

彼女は結婚したら、どんな奥さんになるだろう?

 

そんなことを意識し始めた矢先、ちょっとしたことが原因で、その彼女とは別れることになってしまった…。

 

 

 

 

結婚するのは、難しい…

 

自分は将来、どんな奥さんと生活しているのだろう…

 

 

当事者の男女のほかに、お互いの家族をも巻き込む結婚とは、やはり難しい現実だ…と思ったものである。

 

 

 

同じ日本人でさえ難しい結婚。

相手が外国人となれば、尚更困難になるのは容易に想像できる。

 

 

2015年の厚労省婚姻に関する統計によると、

日本人男性の国際結婚する割合は、日本人女性の二倍にもなり、

結婚相手の女性の国籍は、中国に次いでフィリピンが二番目になっている。

 

 

そうなるとフィリピーナが奥さんというのも、ありかな…とも思えるが?!

 

 

 

 

しかし、国際結婚の割合は結婚全体の3.3%と、やはり少数派だ。

 

フィリピーナを妻に迎えた自分も、この少数派の1人。

 

 

良く言えば、希少価値な存在、

悪く言えば、常識外の存在、というところか。

 

 

フィリピーナじゃ恥ずかしい?

フィリピーナの彼女と結婚したくて、半ば勢いに任せて突っ走り、無事に?!

奥さんに迎え、少数派の仲間入りを果たして18年…。

 

 

結婚当初は喜びに浸っていたが、反面、彼女がフィリピーナという外国人であることに恥ずかしさもあった。

 

 

 

パッと見は日本人ぽくても、そこはやはりフィリピーナ。

日本人より目はパッチリしていて大きいし、肌の色も浅黒い。

 

そして、日本人と明らかにアクセントの違うヘンな日本語を喋り、話し声も大きい…。

 

 

 

いかにも東南アジア、フィリピーナとわかってしまう!

 

 

 

病院の受付で彼女の名前を呼ばれる時などは、

この人は日本人じゃないなぁ…という周囲の人の反応に、

夫として堂々と振舞えなかったことも。

 

一緒に買い物とかに出かけても、結婚当初は周囲の目を気にしてばかりだった…。

 

 

 

好きで一緒になったのに、今思えば随分彼女に失礼な感情を心の中に抱いていたことになる。

 

 

それでも、結婚して2、3年過ぎた頃にはそんな感情も無くなり、フィリピーナの彼女を妻として素直に受け入れている自分になっていた…。

 

 

 

 

今なら、フィリピーナの奥さんはあり!!と堂々と言える。

フィリピーナと結婚?!アイツも終わったな…

 

奥さん、フィリピンですか…?!

国際結婚していると言うと、

「すごいですね!」と言われることが多い。

 

 

奥さんどこの国ですか?と聞かれ、

「フィリピンです…」

と答えると、相手も何と言ったらよいのか、困っているのが手に取るようにわかり、こちらも複雑な心境になる…。

 

それほど、フィリピーナとの国際結婚は、はっきり言って印象が悪い…。悪すぎる!!

 

 

 

なぜ、こんなにもフィリピーナとの結婚の

印象が悪いのか?!

 

フィリピーナはお金のことしか考えてないから、関わるとロクなことがない…

結婚したら、全財産を失う!とまで言われる。

 

 

 

彼女らは出稼ぎに来てる!!

 

これは、フィリピンパブの影響がかなり大きいと思える。

 

1970年代(昭和50年代)からフィリピンパブの存在が世に知られるようになり、バブル期の1980年代後半からフィリピンパブの隆盛が始まり、90年代後半にピークを迎える。

 

 

欧米人女性と違い、日本人男性と釣り合いのとれる身長で、プロポーションも良く、陽気ですぐに仲良くなれるフィリピーナは、日本人男性を夢中にさせた!

 

 

 

お気に入りの女の子に会いたくて、毎日フィリピンパブに通う者や、彼女を自分に振り向かせようと何でも買ってあげたり、お金まで渡す者が続出する有り様。

 

彼女らが出稼ぎに来てることなど、すっかり忘れて…。

 

 

 

フィリピーナのほうは、家族のためにお金が欲しくて出稼ぎに来てるのだから、そんなお客からお金をもっと引き出そうとする…。

 

お兄さんが病気になっちゃってタイヘン、助けて?!

 

今月中にお金払わないと、フィリピンの家を売らないといけなくなっちゃうカラ、お願い助けて?!

 

 

 

こんなのはまだ甘い方で、こちらが思いもしない様々な理由でお金を出させようと考える…。

お客に結婚をチラつかせて、お金を貰おうとしたフィリピーナもいたことだろう。

 

 

終わってる…?!

最初の頃は、それらが通用していたのだろうが、全国津々浦々に雨後の竹の子の如く出来たフィリピンパブのお陰で、お客の間でも彼女らの手法が知れ渡ることになる…。

 

そして、

 

彼女に騙された、お金を騙し取られた、結婚の約束をしたがフィリピンに旦那がいた…

 

等々が至るところで起こり、その結果…

 

 

 

フィリピーナ=金の亡者、ウソつき、

というイメージが出来あがった…。

 

 

そんなイメージでコテコテに固められたフィリピーナと結婚していると言えば、一般的には少し引かれてしまうのが普通だ。

 

 

 

それこそ、アイツも終わったな…である。

 

 

このように、フィリピーナとの国際結婚には、周囲の日本人による差別意識が常について回るのが現実である…。

 

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ