白いウエディングドレス

結婚式

動画は、

フィリピンで Singing Police woman として一躍有名になった、

Jackyさんの結婚式の様子 。

 

 

 

世の女性ならば、結婚式の白いウエディングドレスに憧れると思う。

 

「ワタシ、大きくなったらお嫁さんになるの!」

 

TVなどで、幼稚園の小さい女の子が将来の夢を聞かれ、

こんな言葉を口にしているのを、皆さんも見たことがあるだろうが、

 

 

”お嫁さん”

というのは、女の子にとっては永遠の夢なのだろう。

 

”白馬に乗った王子様が迎えに来てくれる…”

というのも、これに近いだろう。

 

シンデレラなども、そうかもしれない。

 

 

そして、

男にとっては、それほど結婚式に固執しない向きもあるが、

女性にしてみれば、

裾の長い純白のウエディングドレスを着て、

バージンロードを歩くことは、小さい頃からの憧れなのかもしれない…。

 

 

誰が言ったか忘れたが、

 

人間が主役になるのは、

 

生まれた時、

結婚式、

そして葬式の時。

 

らしい…。

 

生まれた時のことは覚えてないし、

死んだ時のことは、全く想像もつかない。

 

 

人生のうちで一番美しい時に、皆から結婚を祝福されたい!

 

その気持ちは、十分にわかる。

 

 

全ての女性は、ロマンチストなのである。

 

夢見るフィリピーナ

私は国際結婚をしているが、

フィリピンで盛大な結婚式を挙げたわけではない。

 

一応はフィリピンの正装である、バロンタガログを着用し、

妻は、白いドレス(ウエディングドレスではない)を着て、

簡単な式をしただけである。

 

 

「国際結婚だから、派手な式を挙げたんでしょう?」

 

などと聞かれたりするが、

どうも国際結婚というのは、派手なイメージが先行しがちなようである。

 

 

 

さて…。

 

 

結婚当時は何も言わなかった妻だが、

最近になり時々、

 

「アサワコ、

アコ、フィリピンでウエディングドレスを着て、

結婚式をしたい!」

 

とか、

 

「親戚、トモダチ呼んで、結婚パーティーもしたい…」

などと言うようになった。

 

 

”やっぱり、

ウエディングドレスを着て結婚式を挙げたいんだな…”

 

口には出さなくとも、

いろいろ我慢してきたのはわかっていたつもりだった。

 

 

彼女も、

心の中は、夢見る乙女なのである。

 

18年も離れずに付いてきてくれた彼女の願い、

叶えてあげたいが、果たしていつになるやら…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フィリピンのご両親に会う!!

 

彼女が信用できない?!

結婚の申し出をOKしてくれた彼女が、

フィリピンへ帰国してから約3ヶ月後…。

 

ご両親に会わずして結婚する訳にはいかないだろう…

 

 

そんな自然な思いから、

結婚の挨拶を兼ねて、彼女のご両親、兄弟姉妹に会うために初めてフィリピンを訪問した。

 

 

 

実はこの時、

 

フィリピンで彼女の家族に会わないことには、結婚していいものかどうか、

まだ判断が、つきかねていた…。

 

 

日本人がフィリピーナに騙される話しは、それこそイヤになるくらい聞いていたし、

結婚の約束をしたフィリピーナを追って渡比したら、現地には夫、子供がいた…

 

そんな話しは日本では有名だ。

 

 

 

だからこそ、

現地に行って自分の目で確かめたい!

という、気持ちが強かった。

 

 

家族に会ってみて、

騙されてるようなら結婚破棄すればいい…

 

 

 

彼女と早く結婚したい!

そう強く思う毎日だったが、

冷静な気持ちは失ってはいなかったようだ。

 

言葉は通じなくても…

そして、いざフィリピンへ!!

 

初めてのフィリピン、

そして、

久し振りに彼女と会える!

 

 

冷静なようでいて、

やはり、どこか舞い上がっていたようだ。

 

マニラ空港では大変な目に遇ったりもしたが、

http://kawaiitsuma.com/philippine/philippine40.html

 

 

無事に彼女と再会することができ、

いよいよ、彼女のご両親と会うことに…。

 

 

 

優しい笑顔のお母さんと、

褐色の肌で、一見すると強面なお父さん…。

 

ご両親は日本語は全くわからず、

こっちもタガログ語は簡単な挨拶、少しの単語しかわからないため、

 

彼女と、

 

タレントとして来日経験がある、

一番上のお姉さんの二人が通訳となっての、

顔合わせとなった。

 

 

 

お父さんは寡黙な雰囲気があり、

こちらのタガログ語の不自由さもあり、

フィリピン滞在中は、

あまり話しかけることはできなかった…。

 

 

それでも、

家族みんなが何かにつけ、

 

タタイ(タガログ語で、お父さんの意味)、

タタイ、

と言って話しかけ、

 

お父さんも楽しそうに話しているのを見て、

皆から慕われている優しい人柄が伝わってきた。

 

 

ご両親には、彼女がうまく話しをしていてくれた為か、

結婚を反対されるとか、そんなこともなく、

 

また、

 

家族ぐるみで、

こちらを騙そうとしている雰囲気、

(どうやってお金を貢がせようか…?!)

というのも感じられなかったので、

 

 

彼女と結婚しても大丈夫だな…

 

そう確信でき、

結婚する最終的な決断ができた。

 

ダメなら結婚しなくてもイイ…

やはり、

現地に行き、結婚相手のご両親、兄弟姉妹、

その子供たちにも会い、

生活ぶりを見ることは大事だ。

 

 

実際に会い、話しをすることで、

言葉は全てわからずとも、

家族の印象や雰囲気から、直感的に危険な匂いのようなものは感じられるはず。

 

 

騙されてるな…

 

 

そう感じたら、

いくら彼女のことが好きで好きで一緒になりたくても、その結婚は諦めたほうがいいかもしれない。

 

 

これからフィリピーナと結婚する方は、

結婚前に必ず現地を訪れ、

彼女のご両親、兄弟姉妹に会うことを忘れないで下さい。

 

 

 

結婚する、しないは、

その後で最終決断すればいいのですから…。

 

 

彼女と結婚の約束

 

 

好きになったら一直線

日本人の男性と女性が結婚する場合は、何年か交際してみて、お互いが

 

”この人となら一生暮らしていける!”

 

と確信が持ててから、結婚に踏み切るのが普通だろう。

それは、フィリピン人同士でも同じだと思う。

 

 

だが自分の場合は、知り合って2年近くになるとはいえ、

ミキがタレントとして働いてるお店に、

毎週日曜日には必ず同伴で顔を出し、2時間いて帰る…

 

そんな繰り返し。

 

 

とても付き合っているとは言えない状況だった。

 

 

 

それでも、

好きになってしまうとは恐ろしいことだ…。

 

 

彼女のフィリピンの家族のこと、

これまでの生い立ちなど、

大事なことを、ほとんど詳しく知らない。

 

 

また、

夫になろうかという、こちらの生い立ちなど、

 

彼女は全くと言っていいほど知らない!

 

 

 

ただ、

『結婚したい!!』

 

 

 

そんな思いが日に日に強くなり、

彼女の6ヶ月の契約期間が終わる1ヶ月くらい前に、

ついに意を決して、結婚を申し込んでしまった!

 

 

 

フィリピーナと結婚する日本人男性は、

こんな感じで、交際期間の短い人が多いらしい…。

 

結婚してもイイヨ!

実は、

ミキは半年後に再来日して働く次のお店が、ほぼ決まっていた。

 

隣県の某市にあり、距離的には少し遠いが、

無理をすれば行けないこともない…。

 

 

次のお店にも来てくれる?

 

彼女にそう言われ、最初は、

 

うん、行くよ…

 

と答えていたが、彼女に会うためとはいえ、

毎週片道100㎞近くを通うなんて、いつまで続けられるかわからない…。

 

 

 

そのうちにお店に行かなくなり、

彼女には永遠に会えなくなってしまうかもしれない!

 

 

そんな不安に襲われ、ミキに結婚を申し込んだのだった…。

 

 

 

彼女はフィリピンの家族の稼ぎ頭だったから、真剣に考えただろう。

両親、お兄さん、お姉さんは、最初は結婚に反対だったらしい…。

 

 

 

彼女も悩んだに違いない。

 

 

それでも後日、

結婚してもイイヨ…と言ってくれた。

 

 

 

今振り返ると、

当時はとにかく彼女と早く結婚したかった。

フィリピンの家族のことは、あまり深く考えていなかった…。

 

 

 

そんな独りよがりな、

身勝手な結婚の申し込みを受け入れてくれた彼女に、

今は感謝してもしきれない。

アナタは私の日本の息子!!

 

 

だまされてる?

フィリピーナの彼女との結婚の承諾をもらう為、20年近く前に初めてフィリピンへ訪れた。

 

そして、彼女のご両親に初めて会った。

 

 

フィリピーナの彼女と結婚したい、と言った時、母は特に反対しなかった…(父は病気で既に他界していた)。

しかし、親戚からは、

「だまされてるんじゃないの?考え直したほうがいいよ…」

予想通り、こんな答えが返ってきた…。

 

 

 

フィリピーナとの結婚に関する悪い噂は、それ以前からイヤになるほど耳にしていた。

 

 

 

だからこそ、一度フィリピンへ行って彼女の家族と会い、様子を見極めてから考え直しても遅くないだろう…

そんな思いもあった。

 

 

 

お母さんは、彼女と同じく背が高く、若い頃はモテただろうと思わせる可愛らしい顔立ちで、笑顔が素敵な女性。

 

お父さんは、一見すると無口で寡黙な印象だが、逆にそれが信頼でき、優しい男性。

 

初めて会った時のそんな印象は、今も鮮明に覚えている…。

 

 

 

そして数日間、彼女の家族と一緒に過ごし、このご両親の娘なら大丈夫!と確信し、結婚に至った訳だが…。

 

 

 

ラッキーだった結婚?!

結婚の手続きで再度フィリピンへ行った時や、結婚してからも何度か訪れた時も、いろいろと気にかけてくれて、

やはり間違ってなかった!!と思わせるご両親だ。

 

 

 

一度、滞在中に激しい頭痛に襲われた時があったが、そんな時も薬局で頭痛薬を買ってきてくれたり、親身になって心配してくれたりして、感謝してもしきれなかった。

 

食べ物も、日本人の自分の口に合うかしきりに気にかけてくれ、ジュースやマンゴーなどのフルーツなどを出してくれたり、こちらが恐縮してしまうほどだ…。

 

 

 

家族ぐるみで日本人の夫をだまし、お金をむしり取る…

 

そんなケースもあると聞いたこともあったが、この家族、ご両親はそんな人たちじゃない!

 

 

 

フィリピンへ行く度にそう感じさせるほど、悪い噂が付きまとうフィリピーナとの結婚の中では自分は恵まれたケースだった、と思う。

 

妻の両親と言うより、自分にとってはフィリピンのお父さんお母さんという存在だ。

 

 

 

そんな自分の言葉を、妻がお母さんに言ったところ、

 

 

アナタは私の日本の息子だよ…

 

という返事が返ってきた。

 

 

 

リップサービスかもしれないが、その心遣いがとても嬉しかったのを今も覚えている…。

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ