現地での結婚手続きは大変だ!

日本で婚姻届を出すだけでいいのか?

日本人同士が結婚する場合、

極端な話、婚姻届を市役所等に提出するだけでもいい。

 

婚姻は、両性の合意によって成立する…

 

 

例えば、

日本にいるフィリピン人女性と結婚するなら、

女性側の出生証明書があれば、申請はできるかもしれない。

(詳しくはわからないが)

 

 

しかし、ビザや在留資格のことを考えれば、

フィリピンで結婚してから、日本の役所に婚姻届を出すのが一般的だし、

後々のことを考えれば間違いない…。

 

 

フィリピン人女性がオーバーステイ状態で結婚生活(正式な結婚とは言えないから、同棲、事実婚のようなもの)

を続けてもメリットは何もないからだ。

 

 

 

自分の場合は、

彼女はフィリピンにいるし、結婚前にご両親に挨拶するのは当たり前だ、

と思っていたので、

 

フィリピンへ行き、現地で結婚してから日本の役所に婚姻届を出す…

 

という道順を踏んだ。

 

 

 

国際結婚はなんて面倒なんだ!

日本人同士なら、婚姻届という紙切れ一枚でも結婚は成立するのに…

 

 

そう考えてしまいそうな状況だが、

 

好きな彼女と、いよいよ結婚できる!

そんな嬉しさのほうが大きくて、

各種の書類を集めるのも、不思議とあまり面倒には感じなかった。

 

 

フィリピンで結婚

現地での手順は次の通り。

 

①在マニラ日本大使館で『婚姻要件具備証明書』を夫となる日本人が申請

 

以下、それぞれの必要書類

 

日本人

  1. 戸籍謄本(3ヶ月以内のもの)
  2. パスポート
  3. 婚姻同意書

フィリピン人

  1. 出生証明書謄本

(ない場合は、出生記録不在証明書と洗礼証明書)

 

 

②婚姻要件具備証明書が、申請日の翌日午後に交付される

(後にコピーが必要になるので、3通以上作成しておく)

 

 

③3ヶ月以内に、

フィリピン人婚約者が『6ヶ月以上継続して居住している住所地の市町村役場』に2人で出頭し、

婚姻許可書の申請をする

 

 

④『申請日から10日後』に婚姻許可書が発行されるので、

120日以内に判事/牧師の下で結婚式を挙げ、結婚契約書に2人が署名

 

 

⑤婚姻契約書をフィリピン側市町村役所に登録、

その謄本を日本での婚姻届の際に提出(結婚から3ヶ月以内)

 

 

おおまかに記しても、

やはり手間がかかるし、実際に現地での行動は大変だ。

 

 

 

 

しかし、大変な思いをした分、

無事に結婚でき2人で暮らし始めた時の喜びは、例えようがないほどの嬉しさだが、

それはもう少し先のこととなる…。

国際結婚は負け組?勝ち組?

 

日本の将来は暗い?

国際結婚云々の前に、日本の現状から…。

 

 

今の日本は、20世紀では想像も出来なかった格差社会になっている。

 

自分が学生だった30年ほど前までは、日本は「一億総中流社会」とまで言われ、

日本人のほとんどが中流意識を持っていた。

 

確かに当時も富裕層と貧困層は存在はしていたが、

その他の日本人ほとんどが似たような所得状況だった為、

 

 

Γ大金持ちではないが、生活に困るほどの貧困でもない」

と、半数以上の日本人が中流意識だった。

 

 

それが、21世紀に入りもうすぐ20年になろうとする現在、予想以上の速さで富裕層と貧困層の格差が広がっている。

 

何でも現在は、バブル期に匹敵する好景気と言われるが、大多数の日本人にそんな感覚はないのでは…?

 

 

また、日本の借金は1066兆円(2016年12月末)で、

世界一番の借金国でありながら、政府の金融資産574兆円(2015年3月末)、

対外資産366兆円(2014年度末)のおかげで、ギリシャのように財政破綻をしないで済んでいる。

 

 

結婚を諦める?

平均寿命は男女ともに80歳を超えて90歳に届く勢いにある反面、年間出生率は2016年で97万人。

 

加えて女性の社会進出の増大による晩婚化により、女性が一生のうちに産む子供の数は

平均1・5人と、多くても2人となっている。

2035年には、男性の3人に1人、女性の5人に1人が生涯未婚になるという予測もある。

 

 

世界中のどの国よりも、少子高齢化が進む日本。

 

 

そして、正社員よりも契約・派遣社員が多いという雇用状況。

これは男性に顕著だが、低賃金で重労働、年収300万円以下の割合は40%超にもなる…。

 

年収300万円以上になると結婚率は25%を超える(2013年厚労省白書)が、

それ以下の男性の既婚率は1割以下になるらしい。

 

 

 

 

ちなみに、金融資産1億円以上の富裕層は日本人全体の2.3%足らず…。

 

まさに、ピラミッド型格差。

 

 

このように、日本の将来を考えると、明るいものが見えてこない気がしてくる。

 

確かに、男性が年収200万円で結婚し、子供が1人だけだとしても、その生活はかなり厳しい。

年収300万円だと、月収25万円(ボーナスがないとして)になるが、それでも楽ではない。

 

 

 

だからと言って、生涯独身を通したとして、それであなたは幸せですか?!と聞いてみたい…。

 

 

 

結婚できれば勝ち組!

日本のグローバル化と言われて久しいが、街中で外国人を見かけることは珍しくなくなった。

中国、韓国、ブラジル、フィリピン、タイ、アメリカ、イギリス、イラン…

 

自分の住んでいる県内でも、それらの国籍の人達を見かけるのは珍しくはない。

アフリカ系と思われる黒人の人も、最近はよく見かけるようになった。

 

 

日本の若者がやりたがらない危険でキツイ仕事(建設土木などに代表される現場仕事や肉体労働)、介護などの労働者不足の職業は、積極的に外国人労働者を今後受け入れていくだろう。

 

 

今や、外国人労働者は必要な存在になっている。

 

少子高齢化社会が進んでいく今後の日本は、外国からの移民を受け入れていかねば労働者不足に陥り、国が成り立たなくなる可能性すらある。

 

 

 

無制限に外国から移民を受け入れるということではなく、労働力不足の現場にはそういった事も必要だ。

 

 

 

10年後、15年後、日本に定住している外国人は現在よりも確実に増えていると思われる…。

それとともに、日本人の外国人に対する理解も進んでいくだろう。

 

 

フィリピーナが奥さん、というのも特別珍しい存在ではなくなるかもしれない。

 

 

例え生活は苦しくても、夫婦お互いに助け合っていくところに、幸せを見い出せるのではないか?

 

年収が300万円台であっても、精神的に幸せな勝ち組になれるなら、それは素晴らしいことだ!

 

 

 

フィリピーナと国際結婚をする人は、結婚できない人が増えるだろう今後を考えれば、

十分に勝ち組(精神的な面も含めて)だと思うが、どうだろう…。

国際結婚して、やっぱり良かった?!

食わず嫌いだった…

自分が二十歳の時、職場の先輩に連れられ、初めてフィリピンパブに足を踏み入れた。

 

当時は日本人の女の子のお店には毎週のように飲みに出かけていたが、フィリピンパブには興味がわかなかった…。

 

 

それは、フィリピンからの出稼ぎのホステス、片言のよくわからない日本語、そしてフィリピーナに関わるとトコトンお金を搾り取られる…という噂やマイナスイメージから興味が持てなかった。

 

 

フィリピン人は基本的に明るく人懐っこく、ジョークが好き。そして、とても家族思いだ。

特に、両親のことは大切にする。

家族のために出稼ぎで日本に来ることも、厭わない。

 

 

当時はそんなことなど知らないから、

 

日本語が通じないし、化粧も濃いし、つまらない…

 

それだけの理由で、フィリピーナ、フィリピンパブを意識的に避けていた…。

 

 

だが、それは食わず嫌いだった…。

 

 

結婚して気付いた…

ふとしたきっかけで、フィリピンパブで仕事をするようになった。

 

出稼ぎに来ている境遇さえも、まるで楽しむかのように、いつも笑顔を忘れないフィリピーナたちを目の当たりにした時、

 

あぁ、なぜ気付かなかったのか?!

 

と思わずにはいられなかった…。

 

 

明るくジョークが好き。

南国気質と言えばそれまでだが、日本人にはない、太陽のような天性の明るさに触れた時、こちらの気分までが明るくなるのを感じ、その魅力に気付かされた。

 

悪く言えば、フィリピーナの魔力にハマってしまった…。

 

 

そして、まさかフィリピーナと結婚するとは自分でも驚きだ。

 

 

止めたほうがいいよ…

そう忠告してくれる人もいたが、彼女と結婚したい!という勢いに任せて突っ走った…。

 

 

 

世間一般からすれば、あり得ないかもしれない。

信じられない、バカな奴だ、人生終わったな…そう嘲笑し冷ややかに見る者もいる。

 

だが、フィリピーナと結婚したからこそ見えてきたこともある。

 

 

もし日本人女性と結婚していたら、フィリピンとは無関係の人生を送っていたかもしれない。

日本人、日本について今みたいに考えることはなかったかもしれない。

フィリピンの貧困について考えることもなかったかもしれない。

 

だが、やはりフィリピーナと国際結婚して良かったと思っている…。

 

自分に色々な気づきを与えてくれた妻に、感謝したい。

 

 

 

 

>> 続きを読む

フィリピーナと結婚?!アイツも終わったな…

 

奥さん、フィリピンですか…?!

国際結婚していると言うと、

「すごいですね!」と言われることが多い。

 

 

奥さんどこの国ですか?と聞かれ、

「フィリピンです…」

と答えると、相手も何と言ったらよいのか、困っているのが手に取るようにわかり、こちらも複雑な心境になる…。

 

それほど、フィリピーナとの国際結婚は、はっきり言って印象が悪い…。悪すぎる!!

 

 

 

なぜ、こんなにもフィリピーナとの結婚の

印象が悪いのか?!

 

フィリピーナはお金のことしか考えてないから、関わるとロクなことがない…

結婚したら、全財産を失う!とまで言われる。

 

 

 

彼女らは出稼ぎに来てる!!

 

これは、フィリピンパブの影響がかなり大きいと思える。

 

1970年代(昭和50年代)からフィリピンパブの存在が世に知られるようになり、バブル期の1980年代後半からフィリピンパブの隆盛が始まり、90年代後半にピークを迎える。

 

 

欧米人女性と違い、日本人男性と釣り合いのとれる身長で、プロポーションも良く、陽気ですぐに仲良くなれるフィリピーナは、日本人男性を夢中にさせた!

 

 

 

お気に入りの女の子に会いたくて、毎日フィリピンパブに通う者や、彼女を自分に振り向かせようと何でも買ってあげたり、お金まで渡す者が続出する有り様。

 

彼女らが出稼ぎに来てることなど、すっかり忘れて…。

 

 

 

フィリピーナのほうは、家族のためにお金が欲しくて出稼ぎに来てるのだから、そんなお客からお金をもっと引き出そうとする…。

 

お兄さんが病気になっちゃってタイヘン、助けて?!

 

今月中にお金払わないと、フィリピンの家を売らないといけなくなっちゃうカラ、お願い助けて?!

 

 

 

こんなのはまだ甘い方で、こちらが思いもしない様々な理由でお金を出させようと考える…。

お客に結婚をチラつかせて、お金を貰おうとしたフィリピーナもいたことだろう。

 

 

終わってる…?!

最初の頃は、それらが通用していたのだろうが、全国津々浦々に雨後の竹の子の如く出来たフィリピンパブのお陰で、お客の間でも彼女らの手法が知れ渡ることになる…。

 

そして、

 

彼女に騙された、お金を騙し取られた、結婚の約束をしたがフィリピンに旦那がいた…

 

等々が至るところで起こり、その結果…

 

 

 

フィリピーナ=金の亡者、ウソつき、

というイメージが出来あがった…。

 

 

そんなイメージでコテコテに固められたフィリピーナと結婚していると言えば、一般的には少し引かれてしまうのが普通だ。

 

 

 

それこそ、アイツも終わったな…である。

 

 

このように、フィリピーナとの国際結婚には、周囲の日本人による差別意識が常について回るのが現実である…。

 

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ