ある外国人青年から学んだこと

 

コンビニにて…

普段、まとまった食材は車で程近いスーパーマーケットまで買いに出かけるが、

 

小腹がすいた時や、

ちょっとした飲み物とか、日用品とかが必要な時は、

近所にあるコンビニを利用することが多い。

 

 

 

コンビニの店員さんというと、

学生アルバイトのイメージが強い。

 

朝方や日中は、家庭を持つパート女性が働いていることが多く、

夕方以降は若い男性アルバイト、女子学生アルバイトたちがいるのが、大体のパターンだろう。

 

 

 

そんな中、

最近は外国人店員を見かけることが多くなった。

 

中国人などのアジア系の他、

ベトナム、タイなどの東南アジア系の外国人アルバイトなどなど…。

 

 

彼ら彼女らは日本語も上手に話し、器用にレジを操作し、そつなく仕事をこなしているように見える。

 

 

以前は、日本語もままならないような外国人店員を見かけたが、

最近はどのコンビニに行っても、

日本語の上手な外国人アルバイトが多くなっている気がする。

 

2年で流暢な日本語に?!

今日も弁当を買いに、よく利用するコンビニに出かけたのだが、

そこにはパキスタン、インド系と思われる男性アルバイト店員がいる。

 

 

180㎝近い身長、褐色の肌、口髭を生やした20代と思われる、なかなのイケメンだ。

 

「お弁当はアタタメますか?」

「オハシワは何膳お入れしますか?」

 

何とも流暢な日本語でこちらに尋ねてくるではないか!

 

 

外国人の話す日本語というと、変なアクセントが定番なのが多いが、

彼の日本語は本当に綺麗!

 

 

 

普段、コンビニの店員に話しかけることは滅多にないのだが、

あまりに日本語が綺麗なので、

 

「日本語、上手ですね!もう日本は長いのですか?」

と話しかけずにはいられなかった…。

 

 

 

すると、

「日本に来て2年デス」

という答え。

 

来日した当初は、殆ど日本語を話せなかったらしい。

 

 

 

それが、

わずか2年で、日本人と同じような流暢で綺麗な日本語を話す!

 

 

 

彼の努力もあるだろうが、感心するやら驚くやらで、

 

凄いですね…

 

としか、答えの言葉が見つからなかった。

 

 

 

 

そんな彼と話していたら、

 

”自分も本気で頑張れば、

英語をネイティブスピーカーみたいに話せるようになれるかもしれない!”

 

 

と、勇気を貰えた気がする…。

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ