日本にいながら、タガログ語をマスターする究極の方法とは?!

 

世界で3番目に…

 

フィリピンの主要言語は、タガログ語。

 

しかし、英語も公用語として広く使われていて、アメリカ、イギリスに次いで『世界で3番目に英語を話す人口が多い国』がフィリピン。

 

 

その為、フィリピン人の会話を聞いているとタガログ語と英語が混ざっているのに気づく。日本在住のフィリピン人は、これに日本語が混ざってくる訳だが…。
またスペイン統治の名残りか、時刻を表す時などはスペイン語が使われる。

フィリピンに行く度に、妻やその家族の会話を聞きながら、フィリピン人はすごいな~と感心するばかり…。

 

 

またフィリピンは無名の小島や珊瑚礁を含めれば、約7100の島々から成る島嶼(とうしょ)国家。

 

首都マニラがあるルソン島では主にタガログ語、リゾート地で有名なセブ島周辺地域ではセブアノ語、ミンダナオ島サンボアンガ州ではスペイン語との混成言語(チャバカノ語)等々、少数言語も含めれば100以上の言語が使用されているという、主要言語が日本語だけの日本人からすれば、信じられない状況がこの国の特徴だ。
同じフィリピン人でも、島ごとに話す言葉が違うとなれば、そんな時は公用語の英語が役立つのだろう‥とも思える。

 

 

 

フィリピンは確かに英語が通じ、アジア諸国の中でも珍しく英語が公用語な国。

その為、近年は日本人のフィリピンへの英語留学がブームになっているのはご存知の通り。大統領が英語で演説しているのがTVに映ったり、ラジオ放送も英語で話す事や洋楽ポップスがよく流れている。

 

 

 

究極の方法は?!

 

しかし、フィリピンといえば、やはりタガログ語!

 

 

簡単なあいさつなどをタガログ語で言えば、フィリピン人も笑顔であいさつを返してくれる。
カタコトの日本語を話す外国人に、日本人が何となく親しみを感じるのと同じだ。

 

 

 

さて日本にいながらタガログ語を覚えるとなると、今ならスマホのタガログ語アプリとか、スカイプを使ったタガログ語講座など、結構便利なものがある。

私がタガログ語に興味を持った20年位前は、タガログ語入門書とかそれに付属のCDくらいしか学習教材が無く、今とは雲泥の差…。

 

本で外国語を学ぶとなると、堅苦しい表現だったり、現地の人が日常生活ではあまり使わない表現も多い。また、小難しい内容が多く挫折しがちで、結局簡単なあいさつや単語しか覚えられなかったりする…。

実際、私もそんな経験をしている。スピードラーニングのタガログ語版があれば…と何度思ったことか!

 

 

 

そんな日本にいながら、何としてもタガログ語を覚えたいんだ!という方には、フィリピンパブでフィリピーナのお姉さんに教えてもらうというのも、ひとつの方法かと…。

アプリなども便利だが、マンツーマン授業?!のフィリピンパブに興味のある方は試してみては…?

(本当に使えるタガログ語をマスターできるかは、あなた次第?!)

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ