BeautyQueen~♪

 

OPMでフィリピンにハマる!

タガログ語に興味を持つようになると、

タガログミュージック(OPM)にも興味が向いたのは自然な流れでもあり、

いろいろな曲を聴くようになった。

 

 

とは言え、自分がフィリピンパブで仕事を始めた90年代は、

今のようにインターネットもまだ普及しておらず、

OPMのCDやカセットテープで聴くしかなかった。

 

そのため、OPMのCD、カセットテープを持っている人から借りては聴いたりした。

 

 

 

 

松田聖子『抱いて…』、郷ひろみ『逢いたくて仕方ない』、中西保志『最後の雨』、

徳永英明『壊れかけのRadio』、『最後の言い訳』、

尾崎豊『ILove you』…

 

 

日本での多くのヒット曲が、タガログミュージックとして逆輸入され、フィリピンパブで歌われていた。

 

 

 

「え、これもタガログミュージックになってるの?!」

そんな驚きと、新鮮さを感じたのを覚えている…。

 

 

タレントの女の子もよく知っていて、カラオケで歌ったりしていた。

 

お客さんの中には、歌詞を完全に暗記していて、

目をつぶってもフルコーラスで何曲もOPMを歌える、強者の ″ピン中″ も何人かいた。

 

 

 

その時は、このお客さん凄いなぁ~くらいにしか思わなかったが…。

 

 

 

後にフィリピーナと国際結婚して、フィリピンにも何度か行き、

日常会話とまでいかなくてもタガログ語を覚え、

OPMを頻繁に聴くようになった現在の自分も、

フィリピンに興味がない人から見れば、立派なフィリピン中毒、"ピン中"だろう…。

 

それでも、当時のお客さんの足元にも及ばないと、自分では勝手に思っているが…。

 

目をつぶれば、そこはフィリピン?!

さて、この『HAYOP SA GANDA』は、

1:43(ワンフォーティースリー)という男性四人組が歌っていて、

ミュージックビデオもいくつかバージョンがあるのだが、今回のが個人的には一番好きなもの。

 

 

 

容姿の冴えない女性が、プレゼントされた下着を穿くと、美女に変身し、男性からチヤホヤされる…

 

 

そんな内容が、何とも面白く、見ていて楽しめ、そして微笑ましい。

 

 

 

 

内容が似ている別バージョンでは、

 

バクラ(オカマ)の男性が美女に変わったり、

スレンダーな女性が、本当はぽっちゃり女性が好きな彼氏のために、ぽっちゃり女性に変わったり…

と、結構楽しめるかと…。

 

 

 

 

それにしても、フィリピン人シンガーの歌声は、男性女性問わず、透き通っていて綺麗な声が多い。

 

 

目をつぶれば、南国の綺麗な海とヤシの木、常夏の国の陽気なフィリピンの人たち、

喧騒さがまたいいマニラの街並み…それらが頭に浮かんでくる。

 

 

日本で日々に追われる生活をしている身の、疲れを癒してくれるのがOPM…

 

そう言ったら、言い過ぎだろうか…。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ