IKAW PA RIN

 

テッド伊藤

日本のヒット曲がOPMとして逆輸入されたことに対して、この人の存在は外せないだろう…。

 

フィリピンパブの常連さん以外には日本では無名だが、フィリピンでは有名なシンガーだ。

 

 

 

1990年に、徳永英明の『最後の言い訳』をタガログ語でカバーした、

『Ikaw pa  Rin』を歌い、フィリピンの年間最優秀賞を獲得したほど大ヒット。

 

他にも、尾崎豊の『ILove you』、サザンオールスターズの『真夏の果実』

をタガログ語でカバー、アルバムを出している。

 

 

OPMに興味を持ち始めた当時の自分にとっては、伝説のシンガーとも言えた。

 

 

 

なぜ、こんなにタガログ語が上手なんだろう…

 

 

と、流暢なタガログ語で歌う彼に、憧れすら感じたのを覚えている。

 

フィリピンと日本のハーフだと噂に聞き、それならタガログ語が上手なのも当然だ…

と納得したものだ。

 

 

その後、2000年代になりネットが普及すると、

日比のハーフという触れ込みは噓だという話も出たが、真偽のほどは果たして…。

 

 

フィリピンパブの功労者?!

YouTubeを見ると、若い日本人男性シンガーが新たに Ikaw Pa Rinをカバー

しているが、″テッド伊藤世代″の自分からすると、

 

こんな歌い方もあるのか、と新鮮さもある反面、

やはり元祖の方が心には響く。

 

勿論、あくまでも個人的な主観で…。

 

 

 

この Ikaw Pa Rin はフィリピン人シンガーも何人もカバーしているが、

Willie Revillame のバージョンが個人的にはいい。

 

 

 

テッド伊藤の存在がなかったら、果たしてこれほど日本のヒット曲がOPMとして逆輸入されたか?

そして、過去に日本にタレントとして来ていたフィリピーナに、日本の歌が広まっていたか?!

 

 

そう考えると、日本のフィリピンパブの隆盛の功労者の1人なのではないか。

 

 

 

 

『Ikaw Pa Rin』を聴くと、20代の若かった水商売時代の事を思い出す、思い出の曲でもある…。

 

この記事に関連する記事一覧

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ