タガログソングの覚え方

 

どこかで聴いたメロディー?!

フィリピンパブで仕事をするようになり、

タガログ語に興味を持った。

 

まずは、

食べ物、体の名称、身の回りのものなどの簡単な単語を覚えていった。

 

 

 

お店では、毎日カラオケをお客さんがよく歌う。

その中に、

タガログソングを歌うお客さんがいた。

 

 

よく歌えるなぁ~と感心していたら、

 

 

 

これって、どこかで聴いたことのあるメロディーだよなあ?!

 

もしかして…

五輪真弓の「恋人よ」じゃないの?!

 

この歌もタガログ語でカバーされてるの?

 

 

そんなことがあってから、

タガログソングに興味が沸いてきてた。

 

調べてみると、

日本のヒット曲が数多くタガログ語でカバーされてることがわかった。

http://kawaiitsuma.com/tagarogugo/ikawparin.html

 

 

 

そして、それは日本のヒット曲のタガログ語訳だとばかり思っていた。

 

しかし、

「全く関係のないタガログ語で歌われている」と後に判明。

 

 

 

少しガッカリした覚えがあるが、

メロディーを微妙にアレンジしたりして、

フィリピンの曲に聞こえてくるから不思議。

 

意味は少ししかわからないが…

以前からカラオケは好きだったので、

タガログソングを歌うことに抵抗はなかった。

 

愛してる、

あなたは私の人生、

君への想いを止められないんだ、

 

 

などなど…

 

とにかく、

想いをストレートに表現するタガログソングの魅力の虜になり、

 

同じ曲を何度も何度も聴き、

目で文字を覚えるのでなく、

耳で歌詞を覚えることを繰り返した。

 

 

 

そして、実際にカラオケで挑戦。

 

ソラでワンコーラス歌えるくらいになっていれば、かなりそれらしく歌えた。

 

 

何曲か歌えるようになれば、

あとは歌詞を見なくても歌えるように、

ひたすら繰り返し歌う。

 

 

 

この間、歌詞の意味は、ほとんど無視。

というか、考えていない!

 

考えるのは、

タガログ語をしっかり発音できているか?

 

これだけ。

 

 

似たようなフレーズが頻繁に出てくるので、

違う曲でも、かなりそれらしく聞こえるようになってくる。

 

 

 

ただ、

 

あまりにタガログソングに夢中になり、

なかなか会話が修得できないのが、最近の悩みでもある…。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ