アサワ、これナニ?!

フィリピーナは…

フィリピーナはいつも陽気で明るい、

フィリピーナはユーモアがあって、

ジョークが好き、

フィリピーナは働き者、

 

 

そして…

 

 

 

 

 

そしてフィリピーナは、嫉妬深い…

 

 

 

結婚前から、そんなフィリピーナの特徴は心得ていたはずだった。

 

フィリピンパブで仕事をしていたおかげで、

フィリピーナの彼女たちの表と裏を毎日見て、全てわかったつもりでいた。

 

 

 

 

が、

 

 

本当にフィリピーナの嫉妬深さを思い知ったのは、

彼女と結婚し、一緒に住み始めてからだった。

 

一枚の写真が…

結婚して一緒に生活を始めたとはいえ、

旦那である私のことを、まだ彼女は詳しくは知らない。

 

どんな幼少期を送ったのか?

どんな学生時代だったのか?

初恋は、どんな女の子だったのか?

どんな仕事をしてきたのか?

 

 

もう、ことある毎に質問の連続。

 

 

目の前にいる、日本人の夫がどんな人生を送ってきたのか?!

興味津々のようであった。

 

 

これが逆だとしても、

 

彼女に対して、私からも質問の雨アラレで、

彼女の「これまでの生きざま」

を知ろうとするだろう…。

 

 

 

実際、

 

結婚の為にフィリピンへ行った時は、

彼女の幼少期の写真などをたくさん見せてもらったり、

彼女からも、当時のいろいろな話を聞いたりもした。

 

 

だから、

彼女から昔のことを聞かれたら、

きちんと答えていた。

 

 

が…

 

 

さすがに面倒くさく感じ、

昔の写真が収められているアルバムを見せることにした。

 

まだ3歳くらいの幼少の頃の写真から、

小学校、中学、高校…

 

そして、

社会人になってからの写真の数々が、

そこには何枚もあり、

彼女は、目を輝かせてアルバムに見入っていた。

 

 

と、一枚の写真に

彼女の視線が留まり、一言。

 

 

 

「アサワ、これナニ?!」

 

そして、破り捨てられた!!

 

それは、

 

まだ22歳頃の自分が、

当時付き合っていた彼女の肩を抱き寄せ、

二人で笑顔で収まっていた写真だった。

 

 

とっくの昔に別れた、当時の彼女。

 

それでも、

何となく写真を捨てられず、そのままにしておいてしまい、

以後、

捨てるタイミングを完全に逸してしまった、いわくつきの写真。

 

 

″ウワッ!!…

これ、完全にアウトだよなぁ?!″

 

内心、ビクついた…。

 

「昔のカノジョの写真があるのは、

まだ忘れられないだからデショ?!」

 

彼女の言葉が、まるで尋問のように感じる。

 

 

「もう、昔に別れた女の子だよ?!」

 

と言っても、全く聞く耳を持たない妻。

 

さらに、

「ホントは、まだカノジョ好きナンジャナイ?!」

 

の一言。

 

 

この場面では、

余計な言い訳は、彼女の怒りという火に油を注ぐだけだ。

ここは、潔く、自分の過ちを認めるのみ。

それ以上、一切反論しないでいたのだが…。

 

 

 

 

「もう、イカウはワタシという奥サンがいるんダカラ…」

 

と言いながら、

その写真をビリビリと音を立てて細かく破り、ゴミ箱に捨てたのだった…。

 

 

「…!!」

 

 

憐れ…

 

 

捨てられずにいた過去の思い出は、

妻によって、いとも簡単に捨て去られたのである。

 

 

フィリピーナは、ここまで嫉妬深きものなのか?!

 

そう再認識するのには、

十分すぎる出来事であった。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ