納豆だってダイジョーブ?!

 

 

絶対、無理?

日本人でさえも、好き嫌いがハッキリ分かれる食べ物が色々ある。

 

ニンジン、トマト、セロリとかの野菜類、

キウイ、はっさくとかのフルーツ類、

キムチ、にんにく料理などの、

刺激臭の強いもの…

 

 

それらの中でも、納豆は一、二を争うほど好みが分かれる代表格。

 

 

あのニオイと、糸を引くネバネバした粘り気…

 

納豆が嫌いな人には、見るのも嫌だろう。

 

 

 

自分は、納豆が大好きである。

 

ネギを刻んで納豆に混ぜ、醤油を入れてかき混ぜたのだけで、御飯を茶碗2杯はいける。

 

卵かけ御飯なら、なおさら美味しい!

 

 

自分にとっては、こんなに大好きなおいしい納豆だが、関西地方は確か納豆を食べないとか…。

 

味噌汁の濃い味、アッサリ味のように、

各地域で食べ物の好みが分かれるのは、

狭いと言われる日本でも、面白い。

 

 

 

フィリピーナと納豆

さて、日本人でも嫌いな人が多い納豆…

 

 

 

結婚当初、

フィリピーナである妻は、

もちろん納豆など食べられない。

 

大豆を発酵させた、あの独特のニオイだけで、もうダメ。

 

 

夫である自分が、

彼女からすれば正体不明な、臭いネバネバした豆を食べるのを

 

″信じられない!″

 

といった顔で見ていた…。

 

 

 

確かに、

フィリピン人には納豆は無理だろう。

 

日本人にいきなり、

バロットを食べろと言うのと同じかもしれない。

 

(自分はバロット大好きだ!)

 

 

妻にとっては、

それほどに毛嫌いしていた納豆だったが…。

 

 

ワタシ、ダイジョーブ!

結婚して2~3年目くらいのある日、

 

一緒に食事をしていた義理のお母さん(私の母親)が、

あまりにも美味しそうに納豆を食べているのを見ているうちに、どんな味なのか、彼女はたまらなく興味が湧いてきた…。

 

「お母さん、ナットウ、オイシイ?」

 

「うん、美味しいよ! 食べてみる?」

 

 

 

そんなやり取りのあと、

恐る恐る納豆を食べてみたら…

 

 

!!!

 

オイシイ!

 

 

彼女の予想に反し、意外にも美味しかったらしい。

 

それからは、平気で納豆を食べられるようになったが、

こうしてフィリピーナ妻は、日本に馴染んでいくんだな…と感心してしまった。

 

 

 

 

それでも、最近は自分の前ではあまり納豆を食べない妻…。

 

 

もしかして嫌いになったか?!

 

 

食事の時、

「納豆、俺の目の前で食べてみて?」

と言っても、

 

 

いいえ、結構デス…

 

と断る妻。

 

 

 

本当に、

いつでも退屈させないフィリピーナ妻である。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ