18年が過ぎた今…

 

二人は巡り会う運命だった?!

いわゆる″じゃぱゆき″(今はあまり使われなくなった言葉だが)として、日本にフィリピンパブ嬢の出稼ぎに来ていた一人のフィリピーナとの出会いが、二人の始まりだった。

 

出会ってからしばらくして、

なぜか彼女は私のことを、

「アサワコ~」と呼ぶようになった。

 

 

フィリピーナ特有の大きな瞳がカワイイ、

ロングヘアーの似合う彼女のことは、初めは特別な感情もなかった。

 

しかし、

毎日のように「アサワコ~♪」と彼女から呼ばれているうちに、少しずつ、彼女のことが気になりだし、気がつけば好きになっていた…。

 

 

タレントはお店との6ヶ月の契約で来日する。契約が終了しフィリピンに帰国後も、

同じく6ヶ月が過ぎないと再来日ができない。

 

 

彼女もお店との契約期間の6ヶ月が終わり、フィリピンに帰国。

もう、これで彼女に再会する可能性は、

お店からのリクエスト以外あり得ない。

 

売り上げNo.1、No.2とかのタレントでなかったから、その可能性は少ない。

 

 

もう、会うこともないのか…

 

 

そう諦めかけていた時に、同じ県内のお店に来たという、彼女からの電話。

 

 

 

運命の神は、

再び二人を引き合わせてくれた!!

 

そして半年後…

 

彼女の帰国直前にプロポーズした。

 

 

彼女の涙…

彼女は、私との結婚を決意してくれた。

 

帰国した彼女の後を追うようにフィリピンへ。

 

ご両親への挨拶を済まし、

数ヶ月後、現地で結婚手続き。

日本の役所にも書類を提出し、あとは日本人の配偶者としてのビザが許可されるのを待つだけ。

 

数ヶ月後、ビザが許可され、彼女を迎えに再びフィリピンへ。

 

 

いよいよ日本へ二人で入国する日の朝、

住み慣れたフィリピンの我が家、

ご両親、

兄弟姉妹

との別れに、彼女は大粒の涙を流し、大泣きしたのだった…。

 

その涙を見て、

彼女を大事に守っていかなければ…

そう心に誓った。

 

 

いつも一人でフィリピンを往復していたのが、

彼女と二人での日本入国。

結婚できた喜びとともに、これからの生活への期待感と少しの不安を思ったあの日…。

 

 

 

 

あれから18年が過ぎた。

 

 

決して順風満帆な結婚生活ではなかった。

 

あまりにも色々な出来事がありすぎ、

波乱万丈だったと言える。

 

 

いつしか、彼女がいるのは当たり前のようにさえ感じていた。

決して、ぞんざいな態度を彼女に対し取っていたつもりはない。

 

18年の年月は、いつしか二人の間の空気さえも変えてしまったのだろうか?!

 

 

 

今、

私の隣に彼女はいない…。

 

だが、それは巷でよく聞く離婚の為の別居とか、そんな類いではない。

 

 

ここで言うには、まだ時間がほしい。

いずれ、全てをお話し出来ると思います。

 

 

今、ハッキリと言えることは、

彼女を愛している心は、変わっていない!!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ