コウノトリに逃げられた?!

 

お腹イタイ…

妻の妊娠がわかり、翌年の春頃には子供が生まれる…

俺も父親になるのか!!

信じられないような不思議な感覚だった。

 

妻は、赤ちゃんの名前を、

男の子なら、ヒデキ、

女の子なら、マリア、がいい…

と考え、

まだ半年以上も先の産まれてくる日が待ち遠しいのか、毎日嬉しそうだった。

 

男の子でも女の子でも、元気で産まれてくれれば…

自分は、

ただただ、そう願うばかりだった。

 

 

そんなある日…

 

妻が突然、

「アサワ…お腹イタイ…!!」

と言い出した。

 

初めは食あたりとか、

そんな類いかと思い、

 

「へんなもの食べたんじゃないの?!」

などと軽い気持ちで答えていたのだが、

 

どうもそうではないらしい…。

 

そして、

トイレから帰ってきた妻が、

 

「アサワ…血が出た…!!」

と言うではないか!!

 

まさか…

 

イヤな予感がする…

 

翌日、

慌てて妻と二人でレディースクリニックを訪ねた。

 

相変わらず妻は、

お腹が痛いと言っていた…。

 

そして…

 

 

結局、

流産となってしまった…。

 

オペをした為、

一日だけ入院することになったが、

妻は、夜通しお腹が痛いと言い、ろくに眠れなかったようだ。

 

 

妊娠からわずか2、3ヶ月足らずで失った命を想うと、

妻も私も、涙が溢れて止まらなかった。

 

 

子供が助けてくれた?!

妊娠がわかる前、妻はかなりの過食症になっていて、

元々47㎏くらいしかなかった体重が、

半年あまりの間に、

あっという間に70㎏を超すくらいになっていて、80㎏にもなろうかというほどだった…。

 

高血圧など、

体調が良くないことが多くなっていた。

 

 

それも、

流産の原因の1つになったのかもしれないが、

 

皮肉なことに、

 

流産になって以降、妻は痩せていき、

体調も良くなっていったのは、

 

 

生まれてくるはずだった子供が、

母親を助けた…

 

そう考えるのは、

あまりにも美化しすぎかもしれない。

 

しかし、

私はそう思いたい…。

いや、

 

そう思わずにはいられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ