ケンカを止めて…二人を止めて…

怒ると怖い妻…

フィリピンでの結婚手続きから7ヶ月余り。

晴れて日本人の配偶者ビザで彼女の在留資格が認められ、

喜んでフィリピンに彼女を迎えに行ったのは以前にも話した。

http://kawaiitsuma.com/tsumahakonnajosei/tsumahakonnajosei-2.html

 

 

両親やお兄さん、お姉さんとの別れに涙する彼女を見て、

 

『この子を、一生大事にしていく!!』

 

そう心に固く誓った…。

 

一緒に住み始めて2~3ヶ月のうちは、”お試し期間”ではないが、

まだどことなくギコチない感じだ。

お互いのリズムを、まだ掴み切れていない状態だと言える。

 

 

しかし、4ヶ月も過ぎた頃だったろうか…

 

夫としての信頼を失いかけてしまいかねない、ある事件を起こしてしまった!

まさか自分が…

 

この一件を境に、

普段は隠れている妻の性格の一端が、徐々に露わになってきたのであった。

 

 

彼女は7人兄弟姉妹の末っ子ということもあり、

甘えん坊でワガママなところがある。

 

そして、変なところで気が強い。

 

 

結婚手続きでフィリピンに行った時にも、それは薄々感じてはいたのだが…

 

Putang ina mo!

そんなある日、

あまりにもワガママ過ぎるので、我慢がならず、つい、

 

「いい加減にしろ!」

と彼女に言ってしまい…。

 

 

 

あ、言わなければよかった…

 

と思ったが、後の祭り。

 

 

『Putang ina mo!』(プッタイナモ⇒馬鹿野郎!)

と怒った口調で、彼女から言葉が返ってきてしまった!!

 

 

フィリピンパブのスタッフをしていたから、それがどんな意味なのか、

自分にはわかる。

 

 

売り言葉に買い言葉、ではないが、

自分もまだ若かったから、イライラした感情を彼女にぶつけてしまった…。

 

 

 

彼女もストレスからか、タガが外れたように、

『Mamatay ka na』死ね

『Sira ulo』馬鹿

『Bobo』アホ

『Papatayin kita』殺すぞ

 

 

 

もう、言ってはいけない危険な言葉が次々に出てくる。

 

 

今なら、

彼女も義理の母との同居生活で、かなりストレスを溜め込んでいて、

そのはけ口を夫である自分に向けていたのだろう…

と理解も出来る。

 

 

しかし、当時はそんなことはわからず、

売られたケンカは買ってやる、とばかりに彼女に応戦している自分がいた。

 

 

かくして、3年目を迎えた頃には

『彼女を一生大事にしていく…』という誓いなど、すっかり忘れてしまったのだった。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ