3035856344

ゴハンまだデショ?!

 

シェアハウスのタレント…

若者の間でシェアハウスが人気だという。

 

寝る部屋は別々でも、
リビングで一緒に食事をしたり、
TVを見たりと、

孤独に陥りがちな独り暮らしに比べ、

誰かと話をすることで精神的にも健康になり、

悩み相談もできる。

 

また、

車などもシェアすることで余計な出費も抑えられる。

 

 

そんなシェアハウス生活。

私的には…
ちょっとした「部活の合宿」みたいな雰囲気で、

 

イヤじゃない…かな。

 

 

 

とても今風な感じだが、
似たような生活をしている人たちがいる…

それは、

フィリピンパブで仕事をしているフィリピーナ嬢たち。

 

 

 

まず、
日本のフィリピンパブで仕事をするフィリピーナには、大きく分けて2種類ある。

 

①日本人男性と結婚し、日本で暮らしているピナさん

②フィリピン在住でオーディションに合格し、来日するタレントさん

 

結婚して在日で仕事をしている①のピナさんは、

「アルバイト」などと呼ばれたりするのに対し、

 

②の女の子は、なぜタレントと呼ばれるの?!
かというと…

 

フィリピンでオーディションを受け、合格した者だけに興行ビザ(ダンサーかシンガー)を発給されて来日するため、そう呼ばれる。

 

 

しかし、実際にはホステスさんの仕事をする。

 

 

暗黙の了解…ということか。

 

 

日本のフィリピンパブ最盛期の2004年には、
年間8万人!
のタレントさんが来日していたのが、

 

アメリカから「人身売買ではないか?!」と指摘されたこともあり、

 

その後一気に年間8000人ほどまでに激減…

 

 

 

現在も、同じような状況が続いていると思われる。

 

 

 

そんなタレントのピナ嬢たちの、
日本での生活環境も、

スゴいものがあった。

 

 

以下は、あくまでも私の経験での話。

 

現在来日している、『タレント』の女の子たちの詳しい生活環境はわからないが、

似たような感じかと思う。

 

24時間一緒です~

ほとんどの場合、
お店から歩いてすぐの場所に、彼女たちの住むアパートがある。

 

 

マンションの1フロアー借り上げだったり、部屋だけを借りたりして、
タレントアパートにしていることが多い。

 

 

例えば…
6畳間に二段ベットが2つ、
10畳間くらいなら二段ベットが5つとか、そんな感じに寝室がある。

 

ダイニングキッチン、トイレ、シャワーなどは、共同。

 

 

個人のプライバシーは皆無。

 

タレントたちは、お店でも一緒、アパートでも一緒。

 

つまり、
24時間必ず誰かと一緒。

 

 

「ランナウェイ」
防止の意味もあるかもしれない。

いや、

逃げる時も一緒だ…

 

 

いつも一緒にいるだけに、
仲の良い子達は本当に仲がいい。
(犬猿の仲の子が同じアパートだと、それはもう悲惨…)

 

 

 

フィリピンパブで仕事を始め、
初めて彼女たちの住むアパートを見た時、

「プライバシー皆無の環境で、よく耐えられるな~…」
そう私は思ったものだ。

 

 

24時間、誰かと一緒。これはキツイだろう…と。

だが、

彼女たちは実に楽しそうに生活していた。

 

愉快な住人たち…

お店での仕事が終わり、私たちがアパートチェックに行くと、

 

シャワーが終わってリラックスしている子、

料理を作り食事をしている子、

フィリピンの家族に手紙を書いている子…

それぞれが、
思い思いに過ごしていた。

 

 

 

時には、

「ねぇ…マツダsan、ゴハンまだデショ?

一緒に食べるスル?!」

 

などと食事に誘われることもあった。

 

 

また、タガログ語で何かジョークを言っては笑い合っていたりと、
「出稼ぎ」の辛さを感じさせないのである。

 

 

フィリピンでも核家族化が進んでいるが、

子供が5人、6人で父母、祖父母と同居とかの大家族は今でも多い。
(ちなみに、私の妻は7人兄姉の末っ子)

 

部屋がなく皆で雑魚寝したり、
少ない食べ物を分けあって食べることが、珍しくない。

そんな環境で育てば、
一部屋に3,4人で暮らすことなど、それほど苦ではないだろう。

 

 

「助け合いの精神」が、日本よりも強いと言われるフィリピン。

 

同じような境遇で日本に出稼ぎに来ているから、辛さも寂しさもわかる。

だからこそ、
「仲間として助け合うのは当たり前」

そんな心境だろう。

 

 

それだけに、
彼女たちのアパートでの生活振りが、輝いて見えたのかもしれない。

 

もちろん、
性格的に明るい「南国気質」も関係してるだろう。

 

 

 

ちなみに…

フィリピンパブには、フィリピン人男性スタッフもお店に必ず一人はいる。

 

なかには、日本語の堪能なフィリピン男性もいて、
「タレントの女の子と、お店側のパイプ役」
をこなしている強者も。

 

 

そんなフィリピン男性スタッフたちも、
やはりお店近くのアパートで、
共同生活をしている。

 

そして…
やはり楽しげに生活をしている。

 

 

人はどんな環境にも適応できる。

 

そして、

住めば都。

 

 

本当にそうかもしれない。

私は"ピン中"…?!

 

隠されていた心?!

閉店準備をしていた私は、突然店長に呼ばれた。

 

急いでカウンターに向かうと、

店長の隣には、最近いつも見かけていた、

"あの人"が笑いながらこちらを見ていた。

 

 

すると、"あの人"が、

 

「おぉ、松田…お前、ピン中か?!」

 

と、突然話を始めた。

 

 

 

「…はい?!」

 

 

ピン中…って何だ?!

 

 

 

意味がわからず、答えに困ってしまった。

 

 

 

ちなみに

ピン中とは…

フィリピンパブにハマった人、フィリピーナが好き、フィリピンが好き。

タガログ語にも興味を持ち、カタコトでタレントの女の子に話しかけたり、タガログソングを歌ったりする。

 

というような人のことをいう。フィリピン中毒の略。

 

 

 

 

何か仕事で失敗したのだろうか?

 

 

 

そんなことを考えながら、

いろいろなことを思い出していると、あることに思い当たった。

 

 

 

待てよ、

そういえば…

 

 

 

実は数日前、

「男性スタッフが足りないから、

系列店である日本人の女の子のお店に、何日かヘルプに行ってくれないか?」

 

という話が店長からあったのだが、

 

 

「このお店で働かせてください!!」

 

と、逆にお願いしていたのである。

 

 

 

そんなことを思い出した私の顔を見ながら、

 

「松田、フィリピンが好きか?!」

 

"あの人"は、笑いながら尋ねた。

 

 

「はい、フィリピンが好きです!」

 

 

思わず、私はそう答えてしまった!!

 

 

豪快な男

「そうか、ワッハハハハ!!

 

お前はこの店で仕事しろ。

 

松田さんはピン中か…ワッハハハハ!」

 

 

 

なんと…

目の前にいるこの男性が、

 

私の勤めるお店を含めた、

グループ会社の「社長」だというではないか。

 

 

 

アルバイトで採用された時の面接は店長がしたので、

まだ社長には会ったことがなかったのだ!!

 

 

 

 

この人が社長…

 

 

 

笑ってはいるが、

鋭い眼差し、がっしりした体つきは近寄り難さすら感じる。

 

そして…

 

全身からは何とも尋常でないオーラが出ている。

 

 

水商売のプロ…

まさしく、『夜の世界に生きる男』だ。

 

 

 

仕事には厳しい人…

 

そんな噂は聞いていたが、

社長の厳しさを私が本当に知るのは、

まだまだ先のことになる。

 

 

ともあれ私はこの日、

初めて会った社長の眩しさ、男らしさに、

憧れを抱いた。

 

俺が社長だ!!

パラダイス?!

20歳の時に、

先輩に連れていってもらった、

フィリピンパブ。

 

しかし、

当時の自分の肌には合わず、

 

嫌な思い出だけが残り、

さらにフィリピーナが嫌いになった。

 

 

それから約6年後…

 

既に、

水商売の世界に足を踏み入れていたが、

 

そこで出会った、

二人のフィリピーナのお陰で、

 

自分勝手な

「フィリピーナに対する偏見」

が消えていった。

 

 

いや、

それだけに収まらず、

 

「もっとフィリピーナと仲良くなりたい!」

 

そんな想いから、

 

市内でも、

『トップクラス』の人気店でもあり、

 

また、

スタッフには厳しい…

 

と評判だったお店に、

決意を固め、移ったのである。

 

 

当時はまだ、

 

調理師として活躍したい!

 

という強い想いから、

調理師学校の夜間部に通っていた。

 

 

その為、

正社員ではなく、

 

夜10時過ぎから、

朝4時の閉店までの、

 

アルバイトとして働き始めた。

 

誰だ、誰だ、誰だ?!

 

働き始めてしばらくした、

ある日のこと─

 

 

閉店時間も近づいてきた、

午前3時ころ、

 

お店の入り口の横のカウンターで、

店長と時々笑いながら話している、

男性の姿が目に入った…。

 

 

「ワッハハハ…」

豪快な大きい笑い声は、

 

存在感が際立っていた。

 

 

また、あの人だ…

 

店長と笑いながら話している様子から、

かなり親しい間柄なのだろう。

 

 

しかし、

どうもお客さんではない。

 

 

毎日のように見かけるけど、

一体誰なんだ?!

 

 

背丈は自分と大して変わらない。

 

しかし、

がっしりとした体格、

緩めのパーマをかけたヘアスタイル、

 

 

顔つきは、

 

眉毛が太く、

髭も剃り跡が濃い…

 

 

そう、

まるで…

 

 

何かのTV番組で見たことがある、

 

長嶋茂雄の選手時代にソックリ!!

 

の顔つきだ。

 

 

しかも、

 

物腰や、

醸し出す雰囲気から、

 

 

ただ者ではないな…

 

 

それだけは、

はっきり伝わってきた。

 

 

と、その時─

 

「松田~、コッチに来てくれ!」

と、店長から呼ばれた。

 

 

一体、何だ?!

 

そう思いながら、

 

店長と、

 

『独特の雰囲気』を漂わせている、

その男性の立っているところへ、

 

少し緊張しなから、

足早に向かう─

 

南国🌴の楽園?!

 

ここはフィリピン!!

フィリピンパブ、聞いて多くの方は、

どんな想像をするだろうか?

 

男性なら、

ホステスがフィリピン女性なだけ、

とほとんどの人は理解しているだろう。

 

 

なにか、いかがわしいお店なんじゃないの?!

 

 

女性にはそう思われる人がいるかもしれない…。

中国エステ、タイ式マッサージなどで、

一部の店舗がいかがわしいサービスをしていて摘発された…

 

そんなニュースを聞くことがあるからなのだろうが、

フィリピンパブもいかがわしいお店だろう…

そう勘違いしている人が、時にはいるようである。

 

 

 

しかし、いたって普通の時間制パブです。

 

 

女の子がフィリピン女性である、

 

ただそれだけのことで、

 

お客さんにお酒を作ってあげたり、話しをしたり、一緒にカラオケを歌ったりするのは、

日本人の女の子のお店と同じだ。

 

 

が、雰囲気が全く違う。

 

店内は陽気なフィリピーナたちの若いエネルギーが充満した、独特な雰囲気に満ちている。

 

 

そう、まさしくここは、

異国のフィリピンなのである!

 

ハマってしまったら最後?!

俺は外国人なんか嫌だよ、

1回みんなで行ったけど、フィリピン女性は言葉も片言でつまらなかったよ…

 

こんな話をよく聞く。

 

 

しかし、

こんな人こそ、フィリピンパブにハマってしまう可能性が高い。

 

 

かくいう自分も、

 

最初にフィリピンパブに連れていってもらい、

全く面白くなく、2度と行くものか…

そう思っていたのに、ふとしたことでハマってしまったのだから。

 

 

 

フィリピンパブの女の子は陽気で人懐っこく、

ジョークを言ったりして、お客さんを楽しませようと健気なまでだ。

 

日本人にはないエキゾチックな顔立ち、

そしてスタイルがいい。

 

 

いつしか彼女たちの魅力にハマってしまった…

そんな人が多いのも頷ける。

 

 

ハマり過ぎて全財産を失ってしまった…

 

過去には、そんな話も聞いたことがある。

 

 

彼女たちの魅力にハマるのはいいが、

身を持ち崩しては、何にもならない。

 

 

くれぐれも注意すべきだろう。

 

 

 

導かれるように…

フィリピンが好きだから…

フィリピンパブで仕事を始めるようになると、

いつも笑顔の絶えないフィリピーナ達に囲まれ、その魅力にハマっていった…。

 

 

普段は、

 

夕方4時に出勤すると、お店の掃除などの開店準備に始まり、

ミーティング、系列店の日本人の女の子の送迎などに従事。

 

お店の営業時間は夜7時~翌日の午前4時まで。

その間は厨房兼ホール係(ウェイター)として忙しい業務をこなす。

 

 

営業終了後は社長から全スタッフ、女の子全員へのその日の営業に関する一言がある。

売り上げが悪い日は、1時間近くも社長からの喝入れ。

 

そんな日は営業終了後、スタッフもフィリピーナの女の子達も、これから始まるミーティングに皆一同に沈んだ暗い顔で、社長に戦々恐々としたものだった…。

 

 

ちなみに、社長は普段は笑いが絶えない豪快な印象。

 

仕事には厳しいが、それだけに筋が入っている人で、

接客に対しても理論立ててフィリピーナの女の子にもキチンと指導し、

その通りにするとリクエストも確実に増えるので、

女の子からの信頼は抜群だった。

 

 

 

ミーティング終了後は再び女の子の送迎、お店の清掃などがあり、午前6時位に退勤…。

 

基本的にはそんな毎日を送っていた。

 

 

 

1日12時間以上も拘束され、休日は月に2日。

 

まだ20代だったから身体も何とかなったが、

フィリピン、フィリピーナの女の子が好きでなかったら、

とても耐えられない激務なのは確かだ…。

 

愛を贈りたいから…

そんな激務の毎日だが、

フィリピーナの女の子の魅力にハマっていた自分からすれば、

給料を貰いながらフィリピンパブを楽しんでいるような感覚だった。

 

 

覚えたてのタガログ語で女の子と話をしたり、

お客さんの歌うタガログソングに興味を持ったり。

 

時々、スタッフなのかお客さんなのか、

自分でもわからなくなるくらいに感じたのを覚えている…。

 

 

 

 

そんなフィリピンパブで、お客さんがよく歌っていたのが、

山根康広のこの歌だった…。

 

 

まるで、タレントのフィリピーナの女の子とお客さんの恋を歌っているようでもある。

日本中のフィリピンパブで、どれだけ歌われたのだろう…。

 

 

当時はそれ程歌詞が心に刺さらなかったが、

フィリピーナの女の子と結婚した現在は、痛いほどに歌詞が理解できる。

 

イントロのメロディーだけで涙が浮かんできてしまうくらいになってしまった。

 

 

フィリピンパブ時代の心に残る名曲である…。

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ