授かり物

 

自分も父親になる?!

結婚して日本で生活を始めて3年目のある日。

 

 

「アサワ…アコ、まだ生理が来ないヨ…

もしかして、ブンテス(妊娠)カナ?!」

 

突然、妻がそんなことを言ってきた。

 

 

それまでも生理が遅かったことが何度かあったので、

「たぶん、そのうち来るんじゃない?!」

 

と軽く受け流して返事したのだが、

妻は何となく納得できないようで、また様子が少し変だ。

 

 

 

「最近、気持ち悪いときもあるし、レモンとか酸っぱいのが食べたくて仕方ナイダケド…」

 

確かに、

彼女は最近、食欲が以前より増えた気がする。

 

結婚前は体重が48㎏くらいしかなく、

お腹と背中がくっつくんじゃないか?!

そう思えるほどに痩せていたのが、

 

ここ最近は、ほっぺたもふっくらしてきて、

お腹も少し膨らみ、何となくポッチャリしてきたことは感じてはいたが、

 

 

まさか、妊娠?!

 

「まあ、もう少し待てば来るよ…」

「ソウカナ…」

 

 

その時は、彼女も渋々ながら納得したのだったが…。

 

アコ、ブンテス!!

それから何日か過ぎた日、

 

 

「アサワ、コレ見て?!」

 

そう言いながら彼女が見せたのは、薬局で売っている妊娠チェックシートだった。

 

「見て?!色が変わってるデバ…?!」

 

 

確かに、色がついている…。

「うん…確かに…」

「デバ~?!アコ、ブンテス!!」

 

もう、妻はすっかりはしゃいでいる。

 

 

次の日にチェックしても、確かに色が変わっていて、これは病院で診てもらおう…ということで、自宅から程近いレディースクリニックに行ってみることに。

 

 

 

 

初めて訪れたレディースクリニックは、

外観は清潔感があり、

待ち合い室も何となく可愛らしい感じで、

子供が遊べるスペースが設けてあった。

 

お腹の大きな妊婦さんや、

 

迎えに来た旦那さんや家族と一緒に、赤ちゃんを抱きながら退院していく若いママさんがいたり、新しい命の輝きに包まれていた。

 

 

 

名前を呼ばれ、妻と二人で先生のところへ。

 

妻は診察台がある間仕切りされた部屋へ、不安そうに入っていく。

初めてのことだけに、緊張も隠せない様子…。

 

 

しばらくして妻は出てきて、

先生から話があった。

 

 

「おめでとうございます。妊娠してます!」

 

TVドラマでよく見たりするシーンの、そんな言葉とは少し違ったが、確かに妊娠しているという。

まだ2~3ヶ月ということだが、渡されたエコー検査の写真には、それと思える影が写っていた。

 

 

「来年の3月には生まれるでしょう」

 

ついに、自分も父親になるのか?!

 

先生の言葉が信じられない気持ちだったが、妻は隣で嬉しそうにしている。

 

 

生まれてくる子供の為にも、

そして、妻の為にもしっかりしないと…

 

そう思わずにはいられなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大家族がイイ?!

 

子供は5人

「日本人の配偶者等としての在留資格」

を得た妻を、

フィリピンに迎えに行ったその帰り、

つまり二人で日本に入国する日の朝に妻が大泣きしたのと同じ日、

 

マニラ空港に向かう途中か、

飛行機の中だったかの覚えがあやふやなのだが、彼女が突然、

 

 

 

「アサワコ、2人の子供、5人ね!!

アコ、子供大好きダカラ…」

 

といきなり言い出したのである!

 

 

彼女自身、7人兄弟姉の末っ子ということで、

やはり、家族は多いほうが良いということを、

幼い頃から感じていたのだろう…。

 

 

しかし、

 

 

 

 

今の日本で、子供が5人もいる家庭は珍しい。

それこそ、大家族としてTVに出られそうである。

 

「アサワ~、ワカッタ?!ハ!」

 

そう畳み掛けてくる彼女。

 

 

『子供5人もいたら、学校に通うようになったら一体どれくらいお金がかかるんだ?!』

 

 

 

そんな稼ぎが、この俺に出来るのか…。

 

 

今思えば、

この時の弱気が、その後の波乱万丈の結婚生活を招いてしまったのかもしれない。

 

 

「オォ、ワカッタよ!!」

 

そう答えたものの、仕方なしの返事だった…。

 

 

 

3年目に…

当初は、アパートで2人だけの甘い結婚生活が始まった。

いきなり自分の母親、彼女にとっては姑にあたる人との同居生活は無理だろう…と思ったからだ。

 

日本人同士でさえ、嫁姑の間は良いものではないのに、外国人となると全くどうなるのか予測不能状態。

 

 

それでも、そう遠くない場所に住む姑のところに頻繁に行ってるうちに、かなり打ち解けたらしく、

 

「お母サン、1人で住むカワイソウ。

アコ、一緒に住むヨ…」

 

自分からそう言い出し、2人だけのアパート生活は数ヵ月で終わり、

私、私の母親(姑)、彼女、の3人での生活が始まった。

 

 

 

この時、

自分は何となくまだ、アパートで2人で生活していたほうが良いのでは…?!

 

そう感じていた。

 

 

自分の独立心が、親と一緒に住むことで実家に甘えてしまうのではないか?!

そんな不安が絶対に無い!

と言い切れなかったからなのだが…。

 

 

この時の決断が、その後の結婚生活を決める、

最初のターニングポイントだったかもしれない。

 

 

 

人生に、もし…というのはないが、

この時まだアパートに留まっていれば、全く別の結婚生活になっていたに違いない。

 

 

 

そして、それから3年後のある日…

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ