お母さん、ありがとう。。。

従姉妹

お兄さんから電話があったことなど忘れかけていた、

その日の夜8時過ぎ…

 

 

電話が突然、けたたましく鳴った。

 

妻の従姉妹で、

同じ県内に住むイメルダさん(仮名)からだ。

 

 

彼女は、私の妻と同じく日本人男性と結婚していて、

日本在住も20年を超えている。

 

イメルダさんのお母さんと、妻のお母さんは姉妹。

その為、彼女が昨年の春にフィリピンに帰った時は、

妻のお母さんにも会いに行き、

その様子を知らせてくれた。

 

 

私も、彼女には何度か会ったことがあるが、

心優しい女性だ。

 

 

「モシモシ、マツダさん?

 

コンバンハワ。。。」

 

 

いつものように明るい声だったが、

彼女の次の言葉に、思わず息が止まりそうになった。

 

 

 

「フィリピンからさっき電話があったんだけど、

ネネ(私の妻)のお母さん、

今日、亡くなったらしいよ。。。」

 

 

 

えっ?!

 

 

お母さんが、亡くなった。。。?!

彼女の話によると、

 

妻のお母さんは病院に運ばれ、

集中治療室で治療を受けていたが、

 

意識が戻ることは無く、

静かに息を引き取ったという。

 

 

イメルダさんも、何時に亡くなったとか、

詳しいことは、まだよくわからないらしい。

 

 

 

 

本当なのか?!

 

 

4月~5月のフィリピンは、

一年で最も暑い時期である。

 

今年も連日、40℃くらいまで気温が上がり、

 

時には、

42~43℃になる日もあったらしい。

 

 

80歳になるお母さんには、

連日の猛暑が体に堪えたのだろう。。。

 

 

 

 

そして、やっと気付いた。

お兄さんの朝の電話は、このことだったのか!

 

 

あれから電話は無いが、

Facebookを見ると、

 

妻の姪っ子たちが、横たわるお母さんの姿を写真に載せ、

お別れの言葉を書いている。

 

 

お母さん、ありがとう。。

その後、フィリピンから電話があり、

 

昨年の渡比でお世話になった、

日本語が話せるクリスティーナさん(仮名)が、

お兄さんに代わって、様子を詳しく教えてくれた。

 

 

 

亡くなったのが、まだ信じられない。。。

 

 

しかもコロナの影響による自治体の指示により、

遺体は亡くなったその日のうちに、

荼毘に付されてしまったというではないか!

 

。。。。

 

 

昨年、数年ぶりにお母さんに会った時、

涙が止まらなかった。

 

 

とにかく、お母さんには申し訳ない気持ちでいっぱいで、

言葉にならなかった。

 

『あなたは、私の日本の息子』

 

 

とまで言ってくれた、心優しいお母さん。

 

私にとっては、

『フィリピンのお母さん』でした。

 

 

 

昨年会ったのが、まさか最後の別れになるとは…

 

だが、もし昨年フィリピンに行ってなかったら、

今年はコロナ禍の影響で、

渡比できたかどうかもわからず、

 

後悔してもしきれないところだったかもしれない。

だから、

昨年お母さんに会えて良かったんだよ!

 

 

 

 

お母さん、

優しくしてくれて、本当にありがとう。

 

これからは、フィリピンのファミリーを見守ってあげて下さい。。。

 

別れは突然やって来る…

ピンぼけ?!

10月のフィリピン訪問から帰国し、

日本で普段の生活に戻っていた私だが、

 

 

実はフィリピンに行く度に、毎回あることに悩まされていた。

 

 

それは…

 

日本に帰って来ると、一週間ほど何事もやる気が起きないのである。

 

 

 

いわゆる、”ピンぼけ” (フィリピンぼけ)状態である。

 

 

眩しい太陽が降り注ぎ、人々の優しい笑顔、美味しい料理、フルーツ。

そして、

決してあくせくすることのない、″フィピンタイム″。

 

 

仲間とたむろし、

昼間から道端でビールを飲んで騒いでいても、

それが普通の光景のような国。

 

貧富の格差が大きく、

国民の半数以上が貧しいと言われるフィリピンだが、

皆、今を懸命に生きている。

 

そして、心から好きなことをしているから、

とびきりの笑顔ばかりだ。

 

 

その為か、

フィリピンに行くと素の人間に戻れるような、そんな気がするのである。

 

普段は、周りの視線を気にしている日本での暮らし。

 

それが、

フィリピンという、非日常的空間に数日間滞在するだけで、

人間として「生き返る」。

 

その喜びが大きいだけに、

帰国後の現実に引き戻されることに、

 

身体と心が、激しく抵抗するのである。

 

 

だが、

今回は数年ぶりのフィリピンだったのにも関わらず、

帰国後の ”ピンぼけ” が、無かったのである。

 

フィリピンが非日常に感じなくなってきた、ということだろうか・・・

 

出なかった電話

既に帰国から半年近くたった、5月初め。

 

コロナウィルスの蔓延は日本はもとより、世界でも猛威を振るい、

 

フィリピン国内では、

庶民の外出などの行動が厳しく制限されていた。

 

一家族のうち、

許可証を持つ者しか外出が許されず、

市場などへの買い物も、自由に出来ない状態だと聞いていた。

 

 

そんなある日、

Messenger の電話着信音が激しく鳴った。

 

時間は、朝の7時過ぎ。

妻のお兄さんからの、呼び出しだった。

 

 

「こんな朝早くから、一体何だ?!」

 

 

そう言えば先日も、

お母さんの通院代、薬代のお金を送ってほしい…

と言ってきたので、

 

「もう少し待ってて…」

 

と言っておいたのに、またお金のことか?!

それも、こんな朝から?!

 

 

 

そう判断した私は、呼び出しに出なかった。

 

 

ほどなく切れたが、

直ぐにまた呼び出し音が鳴った。

 

しばらく鳴り続けていたが、

結局、電話には出なかった。

 

 

しかし、

 

お兄さんからの電話が、お金の催促ではなかったと知るのは、

その夜のことだった。

 

カオスなフィリピン?!

ここは一体…?!

フィリピンパブのスタッフをしていた、

20代後半の時、

 

タレントとして働きに来ていた、

フィリピーナの彼女を好きになり、

 

結婚する為に、

1999年に初めてフィリピンを訪問。

 

危うく、

フィリピンに入国できない?!

 

そんなトラブルもあった、

 

記念すべき初訪問のフィリピンだったが、

 

マニラ空港の外に出た時の、

 

もわっ!とした熱風、

じっとしていても、

汗が吹き出てくる熱気、

そして、

喉の渇きを覚えるくらいの、

 

強い陽射し…。

 

 

しかし…

 

それは序章に過ぎず、

 

 

空港の外に鈴なりになっていた、

 

出迎えに来ている、

フィリピンの人たちを目の前にした時─

 

 

ここは一体?!

 

 

まるで、

 

異次元に来てしまったのか?!

 

 

一瞬、

 

そう錯覚するほどの衝撃だった。

 

 

こちらを見て、

思い思いに何か叫んでいるが、

タガログ語の為、

何を言っているのかわからない。

 

そして、

近くを通る車の、

けたたましいクラクション。

 

それらを誘導する警備員の笛の音と、

車のエンジン音。

 

排気ガスの、むせるような匂い。

 

 

それらが入り交じり、

何事かと思うような喧騒に、

辺りは包まれていた。

 

無事に彼女と再会を果たし、

彼女の実家に向かったが、

 

マニラ市街地の渋滞は、

聞いていた以上だった。

 

 

日本では、

秩序ある道路交通が成立しているが、

 

前の車とぶつかるくらいの車間距離、

渋滞でも少しの隙間があれば、

クラクションを鳴らしながら、

我先にと割り込むのは当たり前、

 

それをジグザグに繰り返しながら、

前に進んでいく。

 

 この記事の続きを読む   

俺が社長だ!!

パラダイス?!

20歳の時に、

先輩に連れていってもらった、

フィリピンパブ。

 

しかし、

当時の自分の肌には合わず、

 

嫌な思い出だけが残り、

さらにフィリピーナが嫌いになった。

 

 

それから約6年後…

 

既に、

水商売の世界に足を踏み入れていたが、

 

そこで出会った、

二人のフィリピーナのお陰で、

 

自分勝手な

「フィリピーナに対する偏見」

が消えていった。

 

 

いや、

それだけに収まらず、

 

「もっとフィリピーナと仲良くなりたい!」

 

そんな想いから、

 

市内でも、

『トップクラス』の人気店でもあり、

 

また、

スタッフには厳しい…

 

と評判だったお店に、

決意を固め、移ったのである。

 

 

当時はまだ、

 

調理師として活躍したい!

 

という強い想いから、

調理師学校の夜間部に通っていた。

 

 

その為、

正社員ではなく、

 

夜10時過ぎから、

朝4時の閉店までの、

 

アルバイトとして働き始めた。

 

誰だ、誰だ、誰だ?!

 

働き始めてしばらくした、

ある日のこと─

 

 

閉店時間も近づいてきた、

午前3時ころ、

 

お店の入り口の横のカウンターで、

店長と時々笑いながら話している、

男性の姿が目に入った…。

 

 

「ワッハハハ…」

豪快な大きい笑い声は、

 

存在感が際立っていた。

 

 

また、あの人だ…

 

店長と笑いながら話している様子から、

かなり親しい間柄なのだろう。

 

 

しかし、

どうもお客さんではない。

 

 

毎日のように見かけるけど、

一体誰なんだ?!

 

 

背丈は自分と大して変わらない。

 

しかし、

がっしりとした体格、

緩めのパーマをかけたヘアスタイル、

 

 

顔つきは、

 

眉毛が太く、

髭も剃り跡が濃い…

 

 

そう、

まるで…

 

 

何かのTV番組で見たことがある、

 

長嶋茂雄の選手時代にソックリ!!

 

の顔つきだ。

 

 

しかも、

 

物腰や、

醸し出す雰囲気から、

 

 

ただ者ではないな…

 

 

それだけは、

はっきり伝わってきた。

 

 

と、その時─

 

「松田~、コッチに来てくれ!」

と、店長から呼ばれた。

 

 

一体、何だ?!

 

そう思いながら、

 

店長と、

 

『独特の雰囲気』を漂わせている、

その男性の立っているところへ、

 

少し緊張しなから、

足早に向かう─

 

ノラ!!

我が家の庭先に…

結婚して1年が過ぎた頃、

我が家の庭先に野良猫が住み着いた。

 

白黒模様の、メス猫だった。

 

 

そんなある秋の日、

 

食べ物を食べていないとみえ、

すっかり弱って動けなくなってしまった。

 

 

「アサワ、

プサ(タガログ語で猫)、カワイソウ…。

アコ、食べ物アゲルイイデショ?!」

と妻。

 

猫は嫌いじゃないが、

一度に何匹も産むので、アッという間に増えてしまう。

 

 

猫屋敷にでもなったら大変だ…

 

そう思い、

 

心を鬼にして、

「ダメ!!」と妻には一言。

 

 

 

が、しかし。

 

私には内緒で、

妻は猫に食べ物を少しずつ、与えていた…。

 

 

 

その結果…

 

 

翌年の春、

 

可愛らしい赤ちゃん猫を、

5匹も産んだのだった。

 

賑やかな猫屋敷?!

初めは母猫の後ろに隠れ、

おっかなびっくりで、

こちらを伺っていた赤ちゃんネコだったが、

 

動き回れるまでになり、

徐々に慣れてくると、

 

食べ物をあげれば、

私たちの目の前で、

喜んで食べるようになった。

 

 

 

子猫たちは、

ミャーミャーと可愛らしい声で鳴き、

 

我が家の庭先は、

俄然にぎやかになった。

 

 

 

とは言え、

子ネコが全て大人になる訳でなく、

 

 

生命力が弱く、

途中で亡くなってしまったり、

 

いつの間にかいなくなったりで、

 

 

1~2匹残ればいいほうだ。

 

 

しかし、

 

残ったうちのメス猫が、

必ず翌年には妊娠、

5匹くらいは赤ちゃん猫を出産した。

 

 

 

そんな感じで、

 

最初に我が家の庭先に住み着いた、

白黒の猫から始まり、

 

 

数年間は、

我が家の庭先から、

 

猫の鳴き声が絶えることがなかった。

 

 

 

 

そんな、

ネコハウスともいえる我が家に、

 

 

仔犬がやって来ることになった…

 


1 2 3 16
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ