お兄さん kuya

四男三女の一番上

フィリピンも最近は、日本ほどではないが、

核家族化が進んでいるらしい。

 

 

結婚して6~7年目位だったろうか…。

 

妻の実家から少し行くと山間部なのだが、

2DKか3DKくらいの、

小綺麗でカラフルな屋根の可愛いらしい家が、

 

まるで山の斜面を覆いつくすようにビッシリ!!

 

 

と建築されてたのを覚えている。

 

若い夫婦と、子供が2人くらい住むのに丁度いい感じの家だ。

 

 

今は、もっと核家族用の家が増えていることだろう…。

 

 

 

 

フィリピンというと、

ひとつ屋根のしたで、10人くらいの大家族…

 

そんなイメージが強いが、

子供が5~6人というのは、まだまだ多いらしい。

 

 

 

妻は7人兄弟の末っ子だ。

 

四男三女という兄弟姉妹の一番上の

お兄さんは、一目置かれる存在だ。

 

 

フィリピン初訪問でお兄さんのお世話になって以来、自分にとっても頼れる存在だ。

http://kawaiitsuma.com/philippine/philippine.html

 

 

頼れる兄貴!

結婚手続きで、

マニラの日本大使館に行った時も、

 

その後フィリピンに何度か訪れた時も、

 

お兄さんは、必ず空港まで迎えに来てくれる。

日本に帰る時は、空港まで送ってくれる。

 

 

こちらが恐縮してしまうくらい、

気が利いて頭がよく、世話好きだ。

 

 

自分のフィリピン滞在中は、

お兄さんなしでは、何も始まらないかもしれない。

 

 

 

 

そんなお兄さんは、

口髭を生やし、

歌手の堀内孝雄に少し似ているナイスガイ!

 

まさに、頼りになる兄貴だ!

 

 

 

年下の美人の奥さん、二人の子供(一男一女)にも恵まれ、絵にかいたような理想の家族に見える。

 

 

弟たちからすれば、少し怖くもあるが、頼れる存在だろう。

 

 

末っ子だった妻は、

小さい頃から何かにつけ、

お兄さんには可愛いがられたようだ…。

タグ:

カテゴリ:家族  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ