3035856344

百恵ちゃんの曲が‥

 

タレント

日本でフィリピンパブが全盛期だった1990年代後半~2000年代前半にかけて、

多い時には、

年間約80,000人のフィリピーナが、

日本にタレントとして入国していたという…

 

 

彼女たちの日本での契約期間は、6ヶ月。

契約が終わると、

一旦フィリピンに帰国せねばならない。

 

そして、現地で6ヶ月待機。

 

リクエストがあれば、日本の同じお店で働くことができるが、

お店からのリクエストが無い場合は、

 

例えば、

前回は関東地方だったのに、

今度は九州地方のお店で仕事‥

 

という具合になったりする。

 

 

前回と同じ県に再度来ても、違うお店で…

ということもある。

 

 

この辺りは、

お客さんをたくさん持っていたとか、

パーティーチケットを何十枚、何百枚売ったかなど、

 

女の子がどれくらいお店に貢献したか?

で左右されるだろう。

 

選ばれし者だけが…

興行ビザで日本のフィリピンパブに来ることができるのは、

フィリピンで選ばれた人たちだけ。

 

 

希望しただけでは、

もちろん日本へは来れない。

 

 

 

 

ダンス、歌のレッスンを何日間か受け、

その後に行われるオーディションが、日本への最終関門。

 

 

 

大勢の、「日本行き希望者」との激戦をくぐり抜けた、

「オーディション合格者」は、

 

ダンサーかシンガーいずれかの肩書で、

晴れて日本に来ることができる。

 

 

 

フィリピンパブでの仕事はホステスかもしれないが、

シンガーの女の子は歌が上手い。

また、

フィリピーナは総じてリズムよく踊れるが、

やはりダンサーで日本に来る子は、踊りが一味違う。

 

 

さよならの向こう側

日本に来た彼女たちは、

 

 

日々の辛いことも歯を食いしばり、

自分の夢のため、

家族のため、

毎月のサラリーのほとんどを、フィリピンに送金する。

 

 

かつての日本の、

Γ女工哀史」に通じるものがあるかもしれない…

 

 

 

だが、彼女たちに悲壮さはない。

南国特有の明るさで、

楽しそうにさえ見える。

 

 

 

そんな彼女たちも、

6ヶ月の契約満了の最後には、

 

サヨナラパーティーでこの曲を歌い、涙を流す。

 

 

 

山口百恵のヒット曲「さよならの向こう側」が、

いつからフィリピンパブのサヨナラパーティーで歌われているのか?

 

はっきりとはわからないが、

これほどピッタリな曲は、

 

他には見当たらない。

 

 

 

きっと彼女たちは、

日本語の歌詞をローマ字で書き、

何度も声に出して覚えたことだろう‥

 

 

そんな苦労が目に浮かぶ。

 

 

 

この曲を聴くと、

涙が出てくる…

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過したが…詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ