3035856344

俺が社長だ!!

パラダイス?!

20歳の時に、

先輩に連れていってもらった、

フィリピンパブ。

 

しかし、

当時の自分の肌には合わず、

 

嫌な思い出だけが残り、

さらにフィリピーナが嫌いになった。

 

 

それから約6年後…

 

既に、

水商売の世界に足を踏み入れていたが、

 

そこで出会った、

二人のフィリピーナのお陰で、

 

自分勝手な

「フィリピーナに対する偏見」

が消えていった。

 

 

いや、

それだけに収まらず、

 

「もっとフィリピーナと仲良くなりたい!」

 

そんな想いから、

 

市内でも、

『トップクラス』の人気店でもあり、

 

また、

スタッフには厳しい…

 

と評判だったお店に、

決意を固め、移ったのである。

 

 

当時はまだ、

 

調理師として活躍したい!

 

という強い想いから、

調理師学校の夜間部に通っていた。

 

 

その為、

正社員ではなく、

 

夜10時過ぎから、

朝4時の閉店までの、

 

アルバイトとして働き始めた。

 

誰だ、誰だ、誰だ?!

 

働き始めてしばらくした、

ある日のこと─

 

 

閉店時間も近づいてきた、

午前3時ころ、

 

お店の入り口の横のカウンターで、

店長と時々笑いながら話している、

男性の姿が目に入った…。

 

 

「ワッハハハ…」

豪快な大きい笑い声は、

 

存在感が際立っていた。

 

 

また、あの人だ…

 

店長と笑いながら話している様子から、

かなり親しい間柄なのだろう。

 

 

しかし、

どうもお客さんではない。

 

 

毎日のように見かけるけど、

一体誰なんだ?!

 

 

背丈は自分と大して変わらない。

 

しかし、

がっしりとした体格、

緩めのパーマをかけたヘアスタイル、

 

 

顔つきは、

 

眉毛が太く、

髭も剃り跡が濃い…

 

 

そう、

まるで…

 

 

何かのTV番組で見たことがある、

 

長嶋茂雄の選手時代にソックリ!!

 

の顔つきだ。

 

 

しかも、

 

物腰や、

醸し出す雰囲気から、

 

 

ただ者ではないな…

 

 

それだけは、

はっきり伝わってきた。

 

 

と、その時─

 

「松田~、コッチに来てくれ!」

と、店長から呼ばれた。

 

 

一体、何だ?!

 

そう思いながら、

 

店長と、

 

『独特の雰囲気』を漂わせている、

その男性の立っているところへ、

 

少し緊張しなから、

足早に向かう─

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ