3035856344

普通ではない?これまでの歩み

平凡な仕事はしたくなかった…

普通のサラリーマンとして歩んでいる自分の将来がどうしても想像できず、

 

"他人とは違う人生を進みたい!"と思い、

高校卒業後、泳げないのに海上自衛隊に入隊。

 

厳しい訓練の成果により、

5か月後には6kmほど泳げるまでになる。

 

憧れの護衛艦勤務になるが、船酔いの辛さに負け、

7ヶ月で除隊という「ヘタレぶり」を、周囲に披露してしまう…。

 

 

 

翌年、

今度は1任期を全うしたい!と陸上自衛隊に入隊。

普通科(歩兵)連隊に配属され、富士山麓での演習など様々な訓練の日々を送る一方、

毎週末になるとネオン街に繰り出し、酒飲みに明け暮れる生活だった。

 

 

居心地が良かったのか、性に合っていたのか、

2任期4年間続いたが、

自身の未熟さゆえに、当時は真剣に将来を考えられず、

結局、除隊。

 

料理人になるはずが…

陸上自衛隊を除隊して働き始めるが、体の調子を崩したりして、

早々に転職を2度も経験してしまう。

 

 

この先どうなってしまうのだろう…

 

そんな不安に駆られ、手に職をつけようと調理師学校に入学。

 

しかし、ある出来事を境に、職人気質の残る料理人の世界は肌に合わないと悟り、

以前から興味があった水商売の世界へ…

 

 

 

その後、

まるで導かれるように、フィリピンパブで仕事をすることになる。

 

結婚したら、毎日がフィリピンパブ?!

陽気なフィリピーナたちの虜になってしまうほど、

フィリピンパブでの仕事は、楽しいことが多かった。

 

 

そして…

 

後に妻となるフィリピーナと出会うことになる。

 

 

 

勤めていたフィリピンパブの公休日は、月2日。

 

しかも毎日12時間以上の拘束時間、深夜労働…。

十二指腸潰瘍が慢性化していたこともあり、

精神的にもきつくなり、結局そのお店を辞めることに…。

 

 

数年後、出会っていたフィリピーナの彼女と結婚。

 

現在は、

水商売とは全く無関係の職業で働いている。

 

 

 

フィリピーナと結婚したら、毎日がフィリピンパブ状態?!

 

 

当たっているようで、

当たっていないかもしれない…。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過したが…詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ