3035856344

百恵ちゃんの曲が‥

 

タレント

日本でフィリピンパブが全盛期だった1990年代後半~2000年代前半にかけて、

多い時には、

年間約80,000人のフィリピーナが、

日本にタレントとして入国していたという…

 

 

彼女たちの日本での契約期間は、6ヶ月。

契約が終わると、

一旦フィリピンに帰国せねばならない。

 

そして、現地で6ヶ月待機。

 この記事の続きを読む   

みんな大好き

OISHII

フィリピンでは、
日本でお馴染みの食品が、数多く売られている。

 

 

例えば…

 

 

かっぱえびせん。

 

日本国内で販売されている通常商品よりも大きなサイズの袋で、

その名も…

「OISHII」

という名前で売られている。

 

 この記事の続きを読む   

Sa´yo Lamang

 

最初はJPM から‥

タガログソングに興味を持ち始めた頃は、日本のヒット曲をタガログ語で歌っている、

JPM(Japan Philippino Music)

なるものを何曲も聴き、

 

ついには、歌えるようになった。

 

 

こんな曲もタガログ語でカバーされてるんだ…

 

 

 

そんな感動すら覚えたが、

 

毎日のようにJPM ばかり聴き、歌っていると、

何か物足りなくなってきた。

 

 この記事の続きを読む   

Ikaw

 

タガログ語

20代後半、

フィリピンパブで働くようになると、タレント嬢の話す「タガログ語」

に興味を持つようになった。

 

 

日本人にとって外国語というと、

やはり「英語」だ。

 

 

英語は『世界標準語』ともいうべき存在であり、

日本人にとっても、大切な外国語。

 

 

 

歴史的経緯から、英語が広く普及しているフィリピン。

だから、

フィリピン人は英語を話せる。

 

 

だが、

普段の会話はタガログ語。

 この記事の続きを読む   

200万円で家が建つ!!

 

 

両親へのプレゼント

彼女が結婚して私の妻になっても、

フィリピンのファミリーにとっては、

 

 

彼女が「一家の稼ぎ頭」

であることに変わりはない。

 

 

日本のピンパブに出稼ぎに行くことも、ファミリーのために頑張れる。

 

フィリピン人の家族に対する思い入れは、

日本人の理解の範囲を超えるくらいに、強いものがある。

 この記事の続きを読む   

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過したが…詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ