3035856344

フィリピンでも喜ばれる‥

 

 

 

 

 

 

パンシットカントンも美味しいが‥

パンシットカントンという、美味しいヌードルがフィリピンにはある。

 

私も大好きだ。

 

辛さが何種類かに分かれているが、

暑いフィリピンで、

辛さで汗をかきながら食べるパンシットカントンは、また格別の味だ。

 

 

日本にいても、

フィリピンレストランの中にあるサリサリストアで買うことができる。

しかし、

やはりフィリピンで食べるほうが何倍も美味しい。

 

 

 

フィリピン人も日本人同様に、

インスタント食品が大好き。

 

そんなフィリピンに持って行って喜ばれるお土産は、

"カップヌードル"だ。

 

それも、

日清カップヌードル シーフード

 

が一番人気。

 

 

これは、私が妻と結婚する前から変わらない。

20年以上続く、日本からフィリピンへのお土産の定番だ。

 

フィリピンパブのタレントや、在日のフィリピーナたちがフィリピンに帰国する際、

日清カップヌードルのシーフードを2箱~3箱もカートに載せている姿が、

今でも成田空港などで見られたりする。

(1箱20個入りだが、家族や親戚の人たちに配るから、あっという間に無くなってしまう…)

 

 

だから、

カップヌードルの箱が載せてあるカートを、

日本人男性が1人で押している姿を成田空港で見かけると、

 

ははぁ~、あの人はフィリピンに行くんだな…

 

などと、渡航先の予想ができたりした。

そして、

その予想は100%に近い的中率。

 

 

私もフィリピン初訪問の時、

彼女(妻)のお願いで、お土産に日清シーフードヌードルを2箱持って行ったが、

恥ずかしい気分だったことを覚えている。

だが、フィリピン航空のカウンターに並ぶと、

3~4箱もカップヌードルをお土産にしているフィリピン人、日本人が何人もいるではないか!

 

 

フィリピンの人たちは、本当にカップヌードルが好きなんだな~

 

 

シーフードがいい!

ちなみに…

 

 

なぜ日清シーフードヌードルがいいのか?!

 

 

妻に聞いたら、

 

Γオイシイから‥」

 

 

 

と一言。

 

カレーや醤油味でなく、

シーフードじゃないとダメ、だという。

 

 

フィリピンでも日清シーフードヌードルは売られている。

しかも、日本よりサイズが少し大きい。

 

それでも、日本のカップヌードルの方が美味しいという。

 

 

だから、

今でも日清シーフードヌードルをお土産に持っていくと、

現地では喜ばれる。

 

 

日本人もカップヌードルが好きだが、

フィリピンの人たちも、同じくらいカップヌードルが好き。

 

 

 

美味しいものは、国境を越えてもオイシイのである。

 

 

私は"ピン中"…?!

 

隠されていた心?!

閉店準備をしていた私は、突然店長に呼ばれた。

 

急いでカウンターに向かうと、

店長の隣には、最近いつも見かけていた、

"あの人"が笑いながらこちらを見ていた。

 

 

すると、"あの人"が、

 

「おぉ、松田…お前、ピン中か?!」

 

と、突然話を始めた。

 

 

 

「…はい?!」

 

 

ピン中…って何だ?!

 

 

 

意味がわからず、答えに困ってしまった。

 

 

 

ちなみに

ピン中とは…

フィリピンパブにハマった人、フィリピーナが好き、フィリピンが好き。

タガログ語にも興味を持ち、カタコトでタレントの女の子に話しかけたり、タガログソングを歌ったりする。

 

というような人のことをいう。フィリピン中毒の略。

 

 

 

 

何か仕事で失敗したのだろうか?

 

 

 

そんなことを考えながら、

いろいろなことを思い出していると、あることに思い当たった。

 

 

 

待てよ、

そういえば…

 

 

 

実は数日前、

「男性スタッフが足りないから、

系列店である日本人の女の子のお店に、何日かヘルプに行ってくれないか?」

 

という話が店長からあったのだが、

 

 

「このお店で働かせてください!!」

 

と、逆にお願いしていたのである。

 

 

 

そんなことを思い出した私の顔を見ながら、

 

「松田、フィリピンが好きか?!」

 

"あの人"は、笑いながら尋ねた。

 

 

「はい、フィリピンが好きです!」

 

 

思わず、私はそう答えてしまった!!

 

 

豪快な男

「そうか、ワッハハハハ!!

 

お前はこの店で仕事しろ。

 

松田さんはピン中か…ワッハハハハ!」

 

 

 

なんと…

目の前にいるこの男性が、

 

私の勤めるお店を含めた、

グループ会社の「社長」だというではないか。

 

 

 

アルバイトで採用された時の面接は店長がしたので、

まだ社長には会ったことがなかったのだ!!

 

 

 

 

この人が社長…

 

 

 

笑ってはいるが、

鋭い眼差し、がっしりした体つきは近寄り難さすら感じる。

 

そして…

 

全身からは何とも尋常でないオーラが出ている。

 

 

水商売のプロ…

まさしく、『夜の世界に生きる男』だ。

 

 

 

仕事には厳しい人…

 

そんな噂は聞いていたが、

社長の厳しさを私が本当に知るのは、

まだまだ先のことになる。

 

 

ともあれ私はこの日、

初めて会った社長の眩しさ、男らしさに、

憧れを抱いた。

 

カッコいい?!

 

 

フィリピーナが好きな男性のタイプ?!

 

今から話すことは、現在はそうではないかもしれない。

 

だが、

 

これは私がフィリピーナの妻と出会った当時、

フィリピンパブ界隈でまことしやかに広がっていて、

多くの日本人に信じられていた。

 

また、

実際に事実であった話だ。

 

 

 

それは…

 

 

 

 

 

 

フィリピンの女の子が好きなタイプは…

 

 

 

 

太っている男性!!

 

だというのである。

 

 

 

 

マジですか?!

 

 

日本人の感覚からすれば、

 

太っている=だらしない、健康管理ができていない、

と捉えられ、

 

柔道のチャンピオンやプロレスラー、ボディービルダー、

相撲の横綱、大関などでもない限り、

 

『ただの太った人』だ。

 

尊敬の眼差しを向けられることも、ないだろう。

 

 

 

だが、

 

フィリピーナは、太った男性がタイプだという。

 

 

なぜ?!

 

 

太った男性は○○?!

フィリピーナが太った男性が好きな理由、

それは‥

 

 

お金をいっぱい持っているから!!

 

らしい…

 

 

 

フィリピンパブに来るお客さんは、

会社の社長さんとか、重役さんとか、

 

確かにお金を持っている人が多い。

そして、

それらの人たちは貫禄があるし、

太っている割合が高い。

 

 

 

なるほど…

 

 

 

シャチョーさん+太っている男性=お金持ち!!

 

 

タレントの女の子たちには、

そんな図式が成り立っているようだ。

 

 

 

そして、

フィリピンパブのタレントの女の子だけでなく、

 

 

どうやらフィリピンの人たちの多くが、

 

 

太った男性=お金持ち

と思っているらしい。

 

 

 

 

私が妻と結婚した当時、

フィリピン大統領は元俳優でもあった、

恰幅のいいエストラーダ氏だった。

 

皆から「エラップ」と親しみを持って呼ばれていたが、

 

太っているということは、

フィリピンでは悪い印象はあまり持たれないようだ。

 

 

 

健康志向‥

フィリピンは貧しい国‥

 

 

折に触れてそう言われるが、

 

その割には男女問わず、

太っているフィリピン人は意外に多い。

 

 

 

確かに、

やせ細っていると貧弱に見えるが、

 

太っていると頼もしいし、

妙な安心感もあるかもしれない。

 

 

 

先のことも大切だが、

今日をどうやって楽しむか?!

 

 

 

そんな楽天的な南国気質。

 

 

経済が発展し、成長中の現在のフィリピン。

健康志向も高まっているようで、

 

太っている男性がいい‥

 

という風潮は、

以前より弱まっているようだ。

 

 

 

パッキャオ~!!

 

フィリピンの英雄

日本人にあまり知られていないが、

フィリピンは、バスケットボールの人気が高い。

 

プロチームがあり、

試合がTV放送され、多くの人が熱狂している。

 

街のあちこちにバスケットボールのコ-トがあり、

大人から子供まで、ボールを追いかけている姿が見られる。

 

 

 

しかし、

そんな国民的スポーツともいうべきバスケ同様、

 

いや…

それ以上と言っていいくらいに、フィリピンの人々が熱狂するものがある。

 

 

それが、

マニー・パッキャオ…

 

 

 

フィリピンが生んだ、世界に誇る英雄だ。

 

ストリートファイター

ボクシング6階級制覇を成し遂げた男として、

今や「伝説」でもあり、

ボクシングファンの間でも人気があるパッキャオ。

 

 

 

日本でもかつては、

"ハングリースポーツ"ともいわれたボクシング。

 

「あしたのジョ―」のように、

不良でどうしようもなかった若者がボクシングに出会い、

 

富と名誉を手にするため、

成り上がるために、

ストイックにボクシングに打ち込む。

 

 

そして、ついに栄光を手にする‥

 

 

現代の日本人ボクサーは、

アマチュアからボクシングをしてきている選手が多いから、技術的には上手い。

半面、

生活は満たされているから、ハングリー精神が無くなった。

試合が面白くない…という声も耳にする。

 

「拳闘」でなく、スポーツになったのかもしれない。

 

 

 

 

 

だが、

 

フィリピンでは今でも、

貧しさから脱け出す手段として、ボクシングが存在している。

 

ストリートボクシングという名の賭け試合が行われ、

貧困層の少年たちがリングに上がる。

そして、勝った者はお金を手にすることができる。

 

 

 

すべては、貧しさから脱け出すため。

 

 

パッキャオも、かつてはそんな少年だったのだ…

 

 

栄光は色あせない…

そんなパッキャオが、

42歳にしてWBA世界ウエルター級タイトルマッチに臨んだ。

 

一度は引退しながらも、リングに復帰。

 

今回2021年8月22日、2年ぶりに試合を戦った。

 

 

結果は、残念ながら判定負け。

 

 

だが、

この敗戦で彼のこれまでの偉業が否定される…というわけではない。

 

42歳でリングに上がった気力、体力、精神力に、

賞賛の拍手を私は贈りたい。

 

 

 

 

『私はファイター。

だから、諦めない』

 

かつて、そんなことを言っていたパッキャオ。

 

貧しさから脱け出し、

世界チャンピオンにまでなった彼の言葉だからこそ、

説得力がある。

 

 

 

フィリピンと縁を持てたことで、

彼のことを身近に感じ、

そして応援できたことが、

素直に嬉しい。

 

 

私も、まだまだ人生諦めないよ…

ファイターになる。

 

 

ありがとう…My hero!!

 

 

 

オレンジ色のTシャツは…?!

ウーカイウーカイ

フィリピンに初めて行った21年前、

見るもの聞くもの、

それこそ何もかもが珍しく感じ、

 

マニラ空港から彼女(今の妻)の家に行くまでの、

車中から見える景色でさえも、

 

一つたりとも見逃すまい…

そんな感じだった。

 

 

彼女の家に着いてからも、

お洒落な感じの窓や、

天井に取り付けてある大きな羽根が、

まるで空気を攪拌するように、ゆっくり回っている様子に南国を感じ、

 

 

「本当にフィリピンに来たんだ!」

 

そんな感動が溢れてきた。

 

 

彼女のお母さんが作ってくれたフィリピン料理も、

私の口には合い、美味しく頂いた。

 

 

 

そんなフィリピン訪問だったが、

 

よく晴れた日の昼過ぎ、

「アサワコ、今からウーカイウーカイにいくよ」

と、彼女の一言。

 

 

ウーカイウーカイ?!

 

その何とも楽しそうな響きに誘われるように、

何のことかよくわからないまま、

彼女と、彼女のお姉さんと私の三人で、

 

ウーカイウーカイとやらに、出かけることになった。

 

何てことはない…

彼女の家のある通りを5分も歩かないうちに、

その、"ウーカイウーカイ" とやらに着いた。

 

 

「アサワ、着いたよ!」

 

そこは、

店先にジーンズがいくつも並べられていたり、

赤、青、黄色といった派手な色のTシャツがハンガーにかけられ、

天井から吊るされている。

 

6畳あるかないかという広さで、

私たち3人が入ると、

もう店内は身動きが取れない。

 

 

洋服屋さんかぁ~

 

 

だが、

ジーンズやTシャツは、どことなく『くたびれた』ようにも見える。

 

 

 

そう…

 

ウーカイウーカイとは、

いわゆる『古着屋さん』のことだった。

 

 

フィリピンでは住宅街に、

"サリサリストア"

と呼ばれる、日用品を売っている個人経営の小さなお店がアチコチにあるが、

 

ここのウーカイウーカイも、そんな感じだ。

 

 

そのためか、Tシャツのデザインも、

何となくイケてないものが多い。

 

 

「パゲ~ット…」(ダサ~い)

 

思わず、そんな声がお姉さんからも聞こえる。

 

 

それでも、何枚か気に入ったデザインのTシャツがあったので、

私はそれを買った。

 

 

好きな色だけど?!

ちなみに…

パレンケ(市場)には、ウーカイウーカイがいくつもあり、

お店によって商品のグレードが違い、

 

値段の高いお店には、やはりデザインも質も良い古着が多い。

 

 

見ているだけでも楽しい…

そんなウーカイウーカイ。

 

いや、見ていれば買いたくなるウーカイウーカイ…。

 

 

 

ただ、

オレンジ色のTシャツなどは、

フィリピン人は滅多に着ないらしい。

 

それは、

 

囚人服がオレンジ色だから…

 

 

なるほど~

と納得した私だった。

 

 

それが、

昨年のフィリピン訪問では、色とデザインが気に入り、

オレンジ色のTシャツを買ってしまったのである。

 

 

日本でしか着れないが、仕方ないですね。

 

執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過中。詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ