3035856344

200万円で家が建つ!!

 

 

両親へのプレゼント

彼女が結婚して私の妻になっても、

フィリピンのファミリーにとっては、

 

 

彼女が「一家の稼ぎ頭」

であることに変わりはない。

 

 

日本のピンパブに出稼ぎに行くことも、ファミリーのために頑張れる。

 

フィリピン人の家族に対する思い入れは、

日本人の理解の範囲を超えるくらいに、強いものがある。

 

 

"日本の失ったものが、

フィリピンにはある…"

 

 

そんな言葉を聞くことがあるが、

家族への思い入れも、その1つかもしれない。

 

 

 

 

妻もそんな例にもれず、一家の稼ぎ頭であるため、

フィリピンへの仕送りは欠かさない。

 

 

こればかりは、

フィリピーナと結婚した者が直面する「宿命」かもしれない。

 

 

 

そして、もう1つ…

 

 

 

フィリピーナたちの大多数は、

 

「両親に新しい家をプレゼントしたい!!」

という夢を持っている。

 

苦労して育ててくれた両親への、感謝の気持ちを忘れない。

 

こういう点は、

見習うべきところだ。

 

 

 

それは良いとして…

 

フィリピンで土地を購入し、

家を建てるとなると、果たして何ペソかかるのか…

 

ハイスクールを卒業しても、

仕事に就けるかどうかもわからず、

 

例え仕事があってもフィリピンの安いサラリーでは、生活をするだけでイッパイだ。

 

 

200万円~で家が建つ…?!

100万円は日本でも大きい金額だが、

フィリピンでは更に途方もない金額になる。

 

 

ある日、

「フィリピンの両親に家をプレゼントしたい!」と妻が相談してきた。

 

結婚する時から、

彼女にその思いがあるのは知っていたが、

果たしてお金がいくら必要になるのかわからず、

一旦は保留となっていた。

 

 

 

「200万円くらい出せば、

新しい家を建てられるヨ…」

 

「二人で将来フィリピンに住む時、そこに住めばイイヨ」

 

 

そんな何とも「甘い夢」を見させてくれる話を、

妻は私に熱く語ってくる。

 

 

 

 

最低でも1000万円以上~、

どんなに安くても800~900万円は日本では必要になるのに、

 

フィリピンでは、

200万円で家が建つ?!

 

 

マジか…

 

 

 

 

200万円はあまりにも「マユツバもの」だが、

 

 

将来に向けて、フィリピンでの拠点が欲しい…

 

そんな思いもあり、

思い切って家を建てる決心をした。

 

 

 

 

早速、妻はフィリピンのお兄さんと打ち合わせを始め出した。

 

 

どうやら、300万円は出さなくてもいいようだ。

 

 

 

「このお金を日本で、自分たちの生活に使ったほうが、どれだけ有意義か…」

 

 

 

喜ぶ妻を横目に、

「フィリピンの新しい家」は私にとって、実感を感じることがイマイチできない。

 

名義は妻…

しばらくしてから、二人でフィリピンに渡航。

 

どんな間取りがいいか?

壁の色、屋根の色、

家具はどれがいいか?

照明は?

キッチンは?

 

などなどを、お兄さんたちと相談。

 

 

私と妻の希望を最大限取り入れた家の姿が、

少しずつ形になってきた。

 

 

 

だが、気になることがあった。

 

 

フィリピンでは、

外国人は土地を所有できない。

 

 

日本人の夫である自分が費用を全て負担しても、

家、土地の名義は、

フィリピン人である妻になる。

 

 

 

そんな事情を申し訳なく思ったのか、

 

 

Γお金はミキオが出してくれたのだから…」

 

ということに感謝してなのか、

 

門扉に自分と妻のイニシャルを、L&M とデザインすることが、

お兄さんの提案で決まった。

 

 

 

 

フィリピンの家には必ず門扉があるが、

 

妻と私のイニシャルを門扉にデザインすることは、

Γこの家の持ち主は、この二人ですよ~」

と近所に示すことになる。

 

 

 

お兄さんの、心優しい配慮だ。

 

 

 

 

こうして、

「フィリピンの新しい家」が、

実現に向かって歩き出した。

 

 

 

その後、

帰国した私たち二人には、

工事の様子が写真で逐一送られ、

 

遠く日本から、

「新しい家」の完成を待ちわびることになる…

 

 

 

 

 

それにしても、

 

 

日本の他にΓ拠点」がある…

というのは、

もう一つの安心感、喜びを得ることかも知れない。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
執筆者プロフィール
松田ミキオ (まつだ みきお)
フィリピンに全く興味が無かった男が、まるで運命に導かれるようにフィリピーナに恋をして、31歳で国際結婚。周囲の好奇の目をよそに、結婚歴18年が経過したが…詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー

ページの先頭へ